「書籍執筆」カテゴリーアーカイブ

STAX SRM-D10 SR-L500MK2を映画録音部がレビューしてみる(使用2日目)

新たな映像音響を考えるのに、STAXのドライバー(静電薄膜で音を出す専用のアンプ)を内蔵したSRM-D10と、STAXの中では中級になるヘッドホン(イヤースピーカー)のSR-L500MK2を買ったんだ。何が普通のヘッドホンと違うかというと、圧倒的な解像力と音源に忠実な音の再現性にある。その辺りを映画録音部の耳と経験でレビューしてみるぞ。

STAX SR-L500MK2:プロの現場で使える高い解像度とフラットな再現性。
STAX:SRM-D10 STAXのヘッドホンを駆動するドライバーとデジタル入力とアナログ入力がある。バッテリー内蔵で、出先でもSTAXの音が聴ける。ボリュームと入力切替しかないシンプrな構造だ。アルミの重厚なボディーで部品も美しい。ただし、携帯用としては巨大で重たい。

まずは視聴環境から

普段は仕事で、ソニーのMDR-CD900STというスタジオヘッドホンを改良したヘッドホンを使っている。このヘッドホンは、音楽や映画の現場で定番のもので、高い解像力と再現性を持っている。つまり、プロの音作りでは、多くの技術者やクリエーターがこのヘッドホンで音質のチェックをしている。だから、このヘッドホンで聞いた音が、プロが作った音だと言っても過言ではない。ただ、チューニングしていな状態では、スタジオスピーカーの解像力に及ばないので、僕は改良してスタジオスピーカーに近づけて使うのだ。

要するに、僕らプロの評価基準は、スタジオのモニタースピーカー(標準スピーカー)と同じように聞こえるかどうかなんだ。
心地よいとか色気があるとか、そんなことは、正直、あまり関係がない。味付けされずに、収録されている全ての音が正直に出ているかが重要だ。こういったフラットな音に慣れてくると、味付けされた音が汚く聞こえてくるんだから不思議なんだけどね。

STAXをレビューしよう

さて、今回導入したSTAXのヘッドホンだが、オーディオマニアの中でも評価が高い。ネットでも多くのレビューが上がっている。プロでは音楽系のクリエーターが使うこともある。
さて、今回は、音のプロとしてSTAXをレビューしてみたい。一般的なオーディマニアの評価とは違うかもしれない。

音のプロとして、まず感じるのは、本当に音の解像力が高いこと。そして、苦手な音域(周波数)がないということだ。つまり、音楽で言えばドラムやベースの低音域からシンバルの高音域まではっきりと聞こえてくる。僕らのような音の仕事をしている場合、こういった特性が必要になる。実は、プロの音響スタジオでは、スピーカーから出ている音が、全音域でフラットに出るように機材や部屋を調整する。そのために専用の機器で観測しているんだ。写真でモニターをキャリブレーションするのと同じだ。

そこでSTAXを前述したMDR-CD900STと比較するとどうか。実は、ほとんど変わらないというのが結論。もちろん、STAXの方が若干だが上だろう。その差は、どんなボリュームでも同じ再現性を維持していることにある。
ちなみに、一般的なヘッドホンは、低音や高音が強めに出るように作られていて、そういった味付けされたヘッドホンでは、僕らは仕事にならないのだ。

普通のヘッドホンは、音質がボリュームで変わってしまう

オーディオマニアの評価では、あまりボリュームについて語られていない気がする。実は、音響機器というのは音量によって聞こえる周波数特性が変化する。お手持ちのヘッドホンで、音量を下げていってもらうとわかると思う。低音が先に聞こえなくなっていくだろう。高音も同じように痩せていくと思う。
これは、磁力で振動板を動かすダイナミック式のヘッドホンの宿命だろう。コイルを振動させるため、小さな出力だと十分に動かないためだと思う。

ボリュームの違いで音質が変わって聞こえるのは、人間の耳にも問題がある。加齢とともに高音も低音も聞こえなくなってくる。これは宿命だ。ハイレゾと言っても、高音はそもそも加齢で聞こえないので、意味があるのか、ちょっと疑問に思う。それでも、聞こえにくい周波数帯は、ボリュームを上げて確認するという手段があって、我々は低音や高音については、音質を確認するためにボリュームを変えて自分にも聞こえるようにしている。最終的なバランスは数値で決めるようなこともある。もうちょっと言うと、自分の耳に合わせて音響機器の出力特性を変えないと、本当は正しい(原音と同じ)音に聞こえないのだ。オーディオマニアは、この辺りをどう考えているのだろう?
一方、我々は、測定器でフラットな音を作って、その音に耳を合わせる努力をしているんだ。

小さな音で聴くと性能がわかる

さて、人間の耳のことは別にして、前述のように音響機器の多くは、音質がボリュームで変化してしまうので、ヘッドホンの能力を簡単に調べるにはボリュームを下げればいい。ボリュームを下げても同じように聞こえるヘッドホンは性能がいいと判断できる。別の言い方をすると、ダイナミックレンジが広いかどうかというのと同じだ。クラシック音楽のように非常に小さな音が収録されている音源では、ボリュームを下げたのと同じで、ダメなヘッドホンは小さな音が先に消えていってしまう。

こういったダイナミックレンジは、前述のようにボリュームを下げたり上げたりした時に音質が変わるかどうかで判別できる。ここはアンプの性能にも依存してくるので難しいのだけれど、小さくしても全ての音が同じように聞こえて、ボリューム上げてうるさいくらいにしても、同じように音質が変わらないヘッドホンが優秀だと言うことだ。

STAX:はっきりとした低音と広がりのある音場

さて、STAXのSR-L500MK2だが、本当にフラットでいい解像力だ。STAXの一般的な評価では、低音があまり強くなく色気がないというようなレビューが多いように思う。
いやいや、低音もちゃんと出ている。というか、きちんと調整されたスタジオスピーカーと同じだと思っていい。ただ、スピーカーの場合では低音はウーハーから出る体全体で感じる波動があるから、それを加味すれば低音が足りないというのはもっともな話だ。しかし、それはヘッドホンで聴くなら仕方ない。それを低音を持ち上げて耳で聴かせると原音からかけ離れてしまう。

そういう意味では、STAXは非常に小さい音で聴いていても、全ての音がきちんと聞こえてくる。これは仕事をする上でも非常にありがたい。大きな音で聞き続けると耳が疲れるのだが、それがかなり回避できそうだ。

SR-L500MK2の使用感について

さて、やっとSR-L500MK2とSRM-D10の評価に移ろう。どのボリュームでも、非常にフラットで音質が変わらない。スタジオモニターと同じ音質だと言ってもいい。我々は1日に8時間はヘッドホンで聴いているのだが、そのあたりどうなのか。
SR-L500MK2は非常に重たいので、正直いうと首が疲れるかもしれない。イヤーパッドは非常に大きく、耳だけでなく周辺も全部覆う。ヘッドバンドの張力が強く、締め付けられている感じ。取り付け位置をうまく調整しないと頭が痛くなる。

SR-L500MK2のヘッドバンドの調整部分。最適な位置が見つかると長時間の使用でも痛くならない。

取り付け範囲(上下位置)は、かなり広くて、振動板自体が上下に9cm近くもあるので、他のヘッドホンのように振動板の中心を耳の穴に合わせるのではなく、かなり上下に変えられる。変えても音質の変化はない。そこで、ヘッドバンドを調整して上下に動かして痛くない位置を探ることができる。最適な位置に縫製できると、何時間も付けっ放しでも痛くならない。まぁ、イヤーパッドが潰れてくるくらいが最適になるはずだから、使うほどに快適さが増すと思う。

強い締め付けだが、メリットも大きい。首をいくら振ってもヘッドホンが全くずれない。これが意外に快適だ。安心感がある。また、耳にイヤーパットが当たらないので、これも快適だ。

一方、SR-L500MK2のイヤーパッドは合成皮革なので、かなり蒸れる。この蒸れはスタジオヘッドホンのMDR-CD900STも同じなんだけど、耳の周辺まで覆ってしまうSR-L500MK2の方が厳しい。夏場が怖い。素材を天然の革にした方がいいと思う。上位機種のSR-L700MK2は天然皮革なので、そちらの交換部品を使えばいいかもしれない。

SR-L500MK2は、他のダイナミックヘッドホンと違い、イヤーパッドを耳から1cm弱ほど離しても低音以外はほとんど変化しない。むしろ、ちょっと耳から離して隙間を開けた方がスピーカーに近い感じになる。イヤーパッドを改造して隙間を開けた方がいいかもしれない。

SRM-D10について

一方、静電式ヘッドホンの駆動部分であるSRM-D10をレビューしよう。STAXのヘッドホンは、真空管と同じ技術で、580Vの高電圧を振動板である薄膜に荷電して、静電気が物を引き付けたり離したりする原理で音を出している。その高電圧の発生などを行うのがドライバーと呼ばれる機器だ。STAXではトランジスター式、真空管式など様々なドライバーを作っていて、ヘッドホンと組み合わせて使う。他社からもドライバーが出ていて、その選択だけでも楽しい。
SRM-D10は携帯式のバッテリー内蔵ドライバーで、デジタル入力(USB)もできる。いわゆるDACが内蔵されていて、ハイレゾにも対応している。

SRM-D10の背面:LINE入力(ヘッドホン出力からも入力可能)、電源端子、USB入力(電源供給はできない)、入力切替しかない。

バッテリー充電時間は3時間で、デジタル入力では3.5時間稼働、アナログでは4.5時間。電源は14Vと独自。本当は12Vで動いてくれると業務用音響機器と電源を共有できてありがたいと思う。

他のSTAXドライバーと聴き比べをしたことがないので、音質の差についてはなんとも言えない。しかし、業務用の音響機器として評価するなら、スタジオ仕様のフラットな音質と同じなので、僕としては満足できる。

メーカーによれば、SRM-D10はイヤホンタイプのSR-003MK2に最適化しているようなので、近いうちに入手して使ってみたいと思っている。このSR-003MK2の前身であるSR-001を持っていたのだが、掛け心地以外は非常に素晴らしかった記憶があり、ヘッドホンタイプよりもいいかもしれない。

SR-003MK2:カナル式のイヤホン。音質にかなり期待している。ただし、仕事ではイヤホンタイプは使いにくい。仕事では付け外しの多いので、装着に一手間かかるは困るのだ。

総論としては、十分の1の価格であるソニーのプロ仕様のスタジオヘッドホンMDR-CD900ST(改良版)とかけ離れた性能とは言えないが、スタジオヘッドホンとしては仕事で使えると言える。小さな音でもフラットで高い解像力はあるので、長時間での使用にも適している。

今、映画2本の音の仕上げ作業(MA)をやっているのだが、このSTAXでいい作品に仕上がる気がしている。力強い相棒が手に入ったと言える。

電子書籍が売れている!

外出自粛期間の電子書籍売り上げの変化について1ヶ月の外出制限が過ぎて、電子書籍の売り上げにいろいろな変化が出ているような気がします。Kindleの書籍売り上げとUnlimited(読み放題)を比較すると、公社のUnlimitedがGWでグイグイ上がっている。Unlimitedは読者数が分からず、読まれたページ数だけわかります。どの本が何ページ読まれたかもわかります。自粛が始まった頃は、全体に売り上げが落ちていたけど、政府の支援策がいろいろ出てきて、皆さんの余裕ができたのか、本を読む量が全体的に増えてきているみたいです。GWには、Unlimitedが急激に上がっています。電子書籍を初めて読んでみたという人も増えているんじゃないかと思います。どんどん、書きます。

実況:呪詛の本を書き始めて(1)

長年、研究している呪詛に関する本を描き始めているぞ。
そこで、その実況中継をしていくことにしよう。

マインドマップで頭を整理

書くことが広範に及ぶので、なかなか何を書いていいか判断できないっす。そこで、マインドマップを活用。

大きな本を書く時、いくつかの手法があるんだけど、例えばアウトラインプロセッサを使うとか、作家御用達のScrivenerを使うとか。
でも、頭の中が整理できていない時には、アウトライン系のツールだと、余計に混乱してしまう。
ということで、とにかくキーワードを羅列するだけで思考が整理できるマインドマップを使うことにしている。

僕は、iThoughtという有料マインドマップを活用。iPadでもiPhoneでもMacでもWindowsでも使えるから。
しかも、マインドマップでキーワードを並べてから、それをテキスト出力することができる。
マップがどういう風に出力されるかというと、枝(ノード)がアウトラインになる、。つまり、階層化された文章として出力されるんだ。
これをそのままワープロで仕上げてゆけば、本ができちゃう。

本の書き方』にも対応

『本の書き方』で紹介している『5章5節5項』の書き方も、マインドマップでできる。自動記述テンプレート(エクセル版)も優れているが、頭がまとまらない場合にはマインドマップも活用するといいぞ。

Kindle本22冊目発売

Kindle本の22冊目を発売しました。
今回はキャンピングカーの本。12万字くらいかな。
新書版で230ページくらいですな。

『スケベ心で軽キャンピングカーを手にれた』

結構な年月がかかってしまった本です。
途中で中断していて、このコロナ騒ぎで一気に書き上げました。

呪いの科学

呪い(呪詛)の仕組みは、非常にシンプルだ。
催眠術は即効性がある呪詛だともいえる。
相手の心の中に呪詛を浸透させ、何らかの行動を行わせたり行動規制をする。
手法は呪詛と催眠術で違うところもあるが、結果的に起こることの類似性は大きい。

つまり、言葉や動きを見せて、それで相手をコントロールするということだ。

呪詛が使える人、使えない人

呪詛には素養が必要か?
結論を言えば、かなり素養が必要だ。
いや、誰にでも出来ては困るし、歴史的に見ても呪詛が使える人間が限られていることは事実だし、修行も必要とされている。

修行は大きく分けると、精神修行(最重要)と呪詛の形式(やり方)を学ぶことである。
呪詛の形式は、流派によって異なるが、基本的には、「誰に」「どんな結果をもたらすか」ということは共通している。

さて、そんな呪いだが、使える人と使えない人がいる。
結果的に言えば、呪いに信念を持てるかどうかの違いだ。疑問を持った人には呪詛は使えないのだ。

#ポメラで投稿
『超入門・実用本の書き方』
あなたの知識や経験が一冊の本になる!
テンプレートに記述するだけ!
2020年版発売! Kindleからオンデマンド出版も!
ベストセラー作家も絶賛の内容で、あなたも作家デビュー!
Kindle版 http://amzn.to/2nExUw0
製本版 https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=361688526 #出版 #作家になろう




映画台本にO’s Editor

映画台本を書き始めたんだ。
結局、プロ御用達のO’s Editorが一番いいなぁ。
ポメラでもいいんだけど、結局、台本形式(原稿用紙詰)じゃないと尺がわからない。

O’s Editorはリアルタイムに台本形式になるので尺計算が直感的。
セリフとト書きも自動整形なので、これも楽。
柱番号(シーン番号)も自動連番で、これまた楽。

パソコンで書かないとだめなので、それは困るんだけどね。
iPad用に台本形式対応のエディタが出ないかな。
もしくはポメラが対応してくれるのがいちばんいいんだけどなぁ。

さて、今日も執筆

台本がなかなか進まないなぁ。
ボケお袋が不安定であさの5時から大騒ぎ。
寝ちゃいられん。

心を落ち着けて

執筆には心が静かでないと難しいですな。
寝る時に横になると良いアイデアがいっぱい出てくるのに、机に向かうと頭が止まっちゃう。
全ては心の問題だな。

キリスト教に座禅を取り入れた宣教師さんの話をネットで見ているんだけど、面白いなぁ。イエズス会のサラール宣教師で、日本に帰化している(故人)。 ドイツ人で、ドイツやスイスなどには、ラサール宣教師の弟子の修道士さんがたくさんいて、日本の座禅とキリスト教を融合させた施設を運営している。 これはバチカンも認めていて、公式な教会になっているんだ。

キリスト教では、他宗教との調和を見出す活動が起こっているんだって。
仏教との融合は座禅を通して行われているし、ヒンドゥー教との融合も進んでいる。

ヨーロッパの暗黒時代がカトリックを強い排他に導いた?

ご存じの通り、キリスト教の中でカトリックは他宗教を極端に排斥してきた。
弾圧だけでなく虐殺まで行ってきた歴史がある。魔女狩りという酷い歴史を持っているのだ。
そこから長い年月が過ぎて、今では上記のように他の宗教との調和を図ろうとしている。

考えるに、全ての宗教の神様は、本当は同じもので、それを文化の違う人々の目で見た時に違った見え方をしていると考えるべきだと思っているんだ。

などなど、台本のベースはそんな感じなのだ。

#ポメラで投稿
『超入門・実用本の書き方』
あなたの知識や経験が一冊の本になる!
テンプレートに記述するだけ!
2020年版発売! Kindleからオンデマンド出版も!
ベストセラー作家も絶賛の内容で、あなたも作家デビュー!
Kindle版 http://amzn.to/2nExUw0
製本版 https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=361688526 #出版 #作家になろう




台本はポメラで書こう

台本を何で書こうかと考えているんだ。
1:パソコンでO’s Editor
2:iPad上で縦式
3:ポメラで書いて、O’s Editorで出力

O’s Editorが定番だ

映画・ドラマ業界ではO’s Editorで出力して台本印刷屋さんにもってゆくのが定番。
一番安くて綺麗に仕上がる。
なので、O’s Editorで書くのが一番良い。
シナリオ形式に自動変換してくれるし、シーンナンバーも自動振り分けしてくれる。

でも、パソコンで書かないといけないので自由度が下がる。

iPadで縦式もいい。字下げもできる(ちょっと不満あり)
でも、シーン番号は入らないし、後でO’s Editorで出力する場合には、結局、べた書き(シナリオ形式にしない)になる。

ということで、べた書きするならポメラでも同じだ。
ポメラの方が書きやすいので、僕はポメラに執筆することにしようかと思うんだ。
縦式がO’s Editorと同じ機能を持ってくれると、そちらが使いやすくなるんだけどねぇ。

いやいや、ポメラがやっぱりいいね。

#ポメラで投稿
『超入門・実用本の書き方』
あなたの知識や経験が一冊の本になる!
テンプレートに記述するだけ!
2020年版発売! Kindleからオンデマンド出版も!
ベストセラー作家も絶賛の内容で、あなたも作家デビュー!
Kindle版 http://amzn.to/2nExUw0
製本版 https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=361688526 #出版 #作家になろう




今日もポメラで執筆しよう

ポメラで執筆するのは楽しい。
このWordPressも、もちろんポメラDM200で書いている。
アップロードもポメラでやっている。
(詳しくはこのブログの過去記事を探してね)

pomeraQRでツイッター

ポメラで短文を書いてツイッターに投稿しているんだけど、これも便利。
非常にシンプルだ。
ただ、バージョンが古いpomeraQRはダイレクトにツイッターに投稿できたけど、現バージョン(2020年4月現在)は、QRコードでスマホに送った文章をOSの外部出力でツイッターへ送ることになる。つまり、「出力」を選んで「ツイッター」を選ぶという二段階操作になるんだよね。 ちょっと面倒だなぁ。
デフォルトの出力先を選べるようにしてくれるだけで、かなり便利になると思うんだよね。

コロナで自宅作業

自宅作業で執筆するのは慣れているんだけど、まぁ、煮詰まることも多いですな。
iPadで書くかポメラで書くかという選択もあるんだけど、執筆に集中するにはポメラがいいですな。
DM30を使おうと思うんだけど、文字コードがShift-JISしか使えないから、DM200とSDカードを共有する時にDM30で文字化けしちゃうのが困るなぁ。
ブログを書く場合にはShift-JISでは駄目なことがあるので、困るんだ。DM30、なんとかならんのですかねぇ? サイズ的には丁度いいんだけど、その辺りが古くさくて駄目だなぁ。

#ポメラで投稿

売れています!
『超入門・実用本の書き方』
あなたの知識や経験が一冊の本になる!
テンプレートに記述するだけ!
2020年版発売! Kindleからオンデマンド出版も!
ベストセラー作家も絶賛の内容で、あなたも作家デビュー!
Kindle版 http://amzn.to/2nExUw0
製本版 https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=361688526 #出版 #作家になろう