桜風涼 のすべての投稿

はるかぜ すずし 1965年生、慶應義塾大学法学部卒。 作家・脚本家 日本児童文芸家協会会員 シナリオセンター修了 大学時代の専攻は、犯罪学・被害者学・刑事政策・法医学など。 特に法医学は、筆者が学んだ年のみ、慶應の医学部で授業が行われ、よりリアルな研究を行った。 特に法医学では、期末試験のために、教えた教授が筆者にノートを借りたほどの熱心さ。 その1年間の授業をまとめたノートは五冊にも及ぶ。 当時の写真資料は、すべて手書きの図版に書き起こされているほど、法医学への熱はすごい。 1996年、ソネット・クリエーターズ・ガレージ最優秀賞 2003年、劇場映画【ベースボールキッズ】で文部科学省選定作品 2005年、同上、小説「ベースボールキッズ】出版 その他、著書多数。 2000年より映像作品が多く、テレビ番組、CM、映画などで活躍。 1995-2000年:コンピューター雑誌のライターとして、多い時期で月に14連載をもつ人気。 技術書の執筆は15冊。 2000~は映像が主流に。 映画監督、テレビディレクター、CMプランナーとしても有名。 2009年前後は、年間200本ちかいCMを制作していた。 また、旅番組では電波少年で有名になった「なすび」と共に、数多くの名所を探訪。 温泉にも造詣が深い。 雑誌やテレビ制作を数多く手がける一方で、小説は地道に書き続けている。 著者インタビューを受けました。 「きんどるどうでしょう」 http://kindou.info/7229.html

ラジャスな人と会話したら体調が悪い

久々に、完全なラジャスな人と会話した。
いやぁ、別に会話自体は昔話だったり、仕事の近況だったり、大した話じゃなかったし、雰囲気も普通。
でも、疲れ切った。コロナにかかったんじゃないかと思うほど。
会ってはいけない人が世の中にはいるんだね。

ライフワーク:インド哲学の研究

ライフワークとして古代インド哲学の研究をしているんだ。
もちろん、本を書いている。
インド哲学で現代社会を見てみると、自分が何をしたら良いのか、なぜ、これまで成功したり失敗したりしたのかが理解でできる。

古代の思想ということで、有効性に疑問を持つ人もいるかも知れないが、数学の基礎が紀元前に成立しているのと同じで、物事の考え方の基礎が紀元前に確立していることは認めても良いのではないかと思う。
というよりも、人間の身体、精神世界は何千年経っても全く変わっていないので、古い時代に発見されたことが今でも通用するのは当然だろう。

魂と物質という考え方

古代インド哲学では、人間は物質としての身体と、生物と非生物(単なるもの)のの違いを、魂というような概念の存在で考えている。つまり、生きているものは単なるものでは無く、そこには魂があると考えた。

人間は、魂の周りに物質が集まって出来ている。魂は不変で生まれることも死ぬこともない。生まれて死ぬのは物質である身体だということだ。そして、この世の中は物質が主役になっており、人間の運命や人生というのは、物質である身体で行われている。

魂は物質である身体を乗り物として、物質社会の中を旅している。
しかし、その乗り物は窓も扉もない。魂は五感を通してそれを見聞きしているだけだ。
しかし、五感は物事を正しく伝えない。例えばニンジンを好きな人はニンジンを美味しいと感じるが、嫌いな人は不味いと感じる。だが、ニンジンの味は同じだ。この差は、五感が味を歪めて魂へ伝えているのだと考えるしか無い。

インド哲学では、肉体のこうした勝手な振る舞いは、物質である肉体の暴走だと考える。その暴走がなぜ起こるかというと、生まれ持っている物質の性質と、生活を通して蓄積される記憶が作用しているという。

インド哲学の研究は、日本では仏教の影響を強く受けている

インド哲学の研究は大学等で盛んに行われている。特に、近年はヨガや瞑想の流行もあって、様々な人の様々なアプローチや解釈が試みられてる。

特に日本では仏教用語で古代インド哲学を解釈する傾向がある。実は、仏教は古代インド哲学をベースに、それをお釈迦様が分かりやすく解釈したものだと考えられている。つまり、釈迦の教えのほとんどがインド哲学そのままである。

ただし、後発である仏教は古代インド哲学を発展させているので、古代インド哲学を分析するに当たって、仏教用語が都合が良い一方で、西暦700年以降にヒンズー教と仏教が融合した密教の考え方も加わっている。密教は、ヒンズー教の神様を仏像として崇める宗派で、純粋なお釈迦様の教えから広がっている。つまり、哲学の教えであったブッダの仏教(古代仏教)に対して、密教は呪術的色彩が強い。それゆえ、密教で古代インド哲学を説明しようとすると、哲学ではない概念が含まれてくる。

科学的アプローチを試みたい

そこで小生は、プリミティブな古代インド哲学を見出したいと思っている。つまり、後の世に色々な会社をされている概念ではなく、原典を読み解くことで、純粋(プリミティブ=基本的な姿)な古代インド哲学を見出す、これをライフワークにしたいと、ここ10年ほど研究や修業(体験)を繰り返している。

現在、それを本にまとめているが、純粋な研究本と、もう少し実用的な本を同時に書き進めている。書いた文章量はすでに40万字を超えてしまったが、まだまだ終わりそうにない。

でも、楽しいね。

Windows版Scrivener3ベータ版が快適

Windows版のScrivener3ベータ版が快適だ。まぁ、Mac版のScrivener3と同等なんだけど、Windowsで動くと、けっこう便利なツールが使えるからね。
例えばNovelSuporterなどの無料の高性能多機能な校正ツールが使える。
それから、Windowsの読み上げ機能もかなり自然で便利。Scrivener上で「読み上げ」(文書上で右クリックで選択)を選ぶだけ。

ただ、マシンパワーはそれなりに必要かな。俺のUMPCだと起動と終了に時間がかかる。ただし、執筆時は何の問題もないよ。

執筆には一太郎が圧倒的に良い

昨日はUMPCと一太郎で4万字も書いてしまった。
執筆ルールは一太郎。とにかくかゆいところに必ずツールがあるって感じだなぁ。
今年で35周年の一太郎だけど、僕はVer1から使っているなぁ。
35年間で非常に進化している。というか、DOS時代の名残もちゃんと生きていて、キーボードだけで何でも出来るし、非常に動作が軽い。

作図から付箋からグラフからなんでも

執筆に必要なツールが満載されているのが一太郎の最上位バージョン「プラチナ」。とにかく良く出来ている。
作図は花子行うことも出来るし、一太郎上にも作図ツールが搭載されている。グラフを作ることも出来るし、写真を張り込むのはもちろん、まぁ、Wordで出来ることは全部できるんだけど、とにかく軽い。

などなど、良いところを書き切れないんだけど、とにかく、一太郎だけあれば執筆が快適にできるってことですな。

自動記述テンプレートで書籍の設計中

バガヴァッド・ギーターの解説本を書き始めたんだけど、全18章+解説3章のうち、まだ5章しか書けていないのにすでに6万字。終わりが見えないし、どうもまとまらないっす。
ああ、自動記述テンプレートを使って構成をしっかり作れば良かった。設計図なしに書いちゃ駄目ですね。

もっと軽い新作を書いておこう

ギーターはライフワークになりそうな気もする(大げさか)ので、もうちょっと軽い本を書いて生活の足しにしないと死んじゃう。
そこで自動記述テンプレートで設計開始。やっぱり設計図がないとダメダメよね。

UMpC+一太郎が最強だ

持続化給付金が出たので、執筆環境を新しくしてきたんだけど、今回導入したのがUMPCのGDP Pocket 2。Celeronプロセッサなので、ちょっと遅いんだけど、執筆するなら全く問題ない。
色々なアプリを入れて執筆しているんだけど、そうね、すでに10万字くらいは書いた。

一太郎が最強だ

執筆アプリは何が良いのか、いろいろ検討したんだけど、結果的には一太郎が最強ですな。さすがDOS時代からあるアプリだけあって、ポインティングデバイスを使わなくても快適に執筆できる。
ほとんどの操作がショートカットキーでできる。DOSにはポインティングデバイスなんてなかったからね。
しかも、一太郎は速い。非常に快適だ。ATOKの変換はちょっとアホだけど、Ctrlキーの2連打で大辞林が起動してくるとか、非常に便利な機能がたくさん搭載されている。

一太郎+UMPCはポメラを超えた

ポメラも非常に素晴らしい執筆ツールなんだけど、やはり、今の時代はネットに繋がらないとだめだね。少なくともWikiなどの情報サイトを閲覧できないと仕事にならない。執筆も資料を参照したり、リンクした入りというのが当たり前になってきているので、スタンドアローンのポメラでは限界が近付いていると思う。

ポメラの操作性に関してはUMPCがその代役を果たせることが分かった。前述したけど、本当はiCore版のUMPCを買えば良かったと後悔している。10万円前後もするので躊躇してしまったのだが、結果的にはこれほど快適に使えるのだから、CPUもパワフルなものにすればより快適だったと思う。

キーボードは完全に慣れた。全く問題ない。高速執筆にも付いてくるぞ。小さなキーボードが苦手の人も多いかも知れないが、慣れだから大丈夫だと断言しておく。
結構なハードヒットで打ち込んでいるんだけど、それでも大丈夫だぞ。

演出と執筆に忙しい

コロナ自粛があけて、プロデュースや演出の仕事が続々と入って来ている。粛々とこなそう。
その一方で、インド哲学の執筆は絶好調だ。
UMPC(GPD Pocket 2)で書いているが、非常にいい。MacやiPadと異なり、細かい部分で調整しないと使いやすくならないのがWindowsだが、設定がこなれてくると非常に使いやすい。
小さなノートPCで、サイズ的にはポメラDM30と変わらない。キーボードはちょっと小ぶりで特殊配列なので慣れるのに苦労したぞ。

一日1万字執筆も問題なし

執筆では、一日1万字以上を書いているが、全く問題がない。キーボードもしっかりしているので、ノリノリで書いているときのハードな打鍵でもちゃんとついてくる。バッテリーの持ちも十分。執筆だけなら8時間近く動作してくれる。これはiPad Pro 12.9″と変わらない。しかも、充電はこちらの方が速いのでいい。

インド哲学の本を書いているわけだが、サンスクリット語英語のふりーの辞書を入れている。Windowsはこういう無料アプリがあるのでありがたい。本当は、ここの英英辞書を入れたいのだが、辞書ファイルが見つからないなぁ。サンスクリット語英語はすぐに見つかったのになぁ。まぁ、ゆっくりと探せば良いか。

ギーターの解説本を書いているぞ

UMPCが非常に調子が良いので、ちょっと長くなりそうな本を書き始めたぞ。バガヴァッド・ギーターの解説本ね。
もう、10年以上も研究を続けているんだ。ギーターの後に編纂されたウパニシャッドも読み込んでいるので、かなり良い本になると思う。
誰にでも分かるように、非常に平易なエッセイ風に書くことにしている。ギーターを理解するのに必要な最低限の知識を先に読んでもらい、その後でギーターを解説する形式でいこう。

ギーターは、インド哲学の全てを網羅していると言われていて、内容は叙事詩。つまり、日本書紀みたいな感じで、百戦百勝の武将アルジュナ王子と創造神の化身であるクリシュナの問答集になっている。
ギーターは紀元前500年くらいの編纂された書物マハーバーラタの一部分なんだけど、この本は世界最大の叙事詩。内容は哲学的・宗教的な話が満載で、当時の知識層は必ず読んでいるものだ。紀元前500年というと釈迦が活躍した時代で、仏教思想はこのインド哲学をベースにしている。つまり、ギーターなどが示す思想を実生活で使えるようにしたの釈迦で、それが仏教、お経になったということだね。
例えば輪廻転生とか極楽浄土の考え方の基礎がインド哲学というわけさ。

ということですでに1万5千文字を執筆し終わっている。おそらく100万文字を超える本になると思う。

GPD Pocket2ssdで長時間執筆

本日は馴染みの喫茶店で執筆。みっちり3時間半の執筆でバッテリー残量は55%。途中、ネット接続で調べ物もしている。つまり執筆であれば8時間程度は連続で使える。
Windowsのバッテリー設定はパフォーマンス最低モード。冷却ファンは抑止モード。ちなみにこのマシンは、ファンのオンオフスイッチがあるんだけど、オフの状態でも完全にファンが止まるわけではなく、最低限度の冷却が行われる。この状態でCPU温度は50度を超えることはない。