桜風涼 のすべての投稿

はるかぜ すずし 1965年生、慶應義塾大学法学部卒。 作家・脚本家 日本児童文芸家協会会員 シナリオセンター修了 大学時代の専攻は、犯罪学・被害者学・刑事政策・法医学など。 特に法医学は、筆者が学んだ年のみ、慶應の医学部で授業が行われ、よりリアルな研究を行った。 特に法医学では、期末試験のために、教えた教授が筆者にノートを借りたほどの熱心さ。 その1年間の授業をまとめたノートは五冊にも及ぶ。 当時の写真資料は、すべて手書きの図版に書き起こされているほど、法医学への熱はすごい。 1996年、ソネット・クリエーターズ・ガレージ最優秀賞 2003年、劇場映画【ベースボールキッズ】で文部科学省選定作品 2005年、同上、小説「ベースボールキッズ】出版 その他、著書多数。 2000年より映像作品が多く、テレビ番組、CM、映画などで活躍。 1995-2000年:コンピューター雑誌のライターとして、多い時期で月に14連載をもつ人気。 技術書の執筆は15冊。 2000~は映像が主流に。 映画監督、テレビディレクター、CMプランナーとしても有名。 2009年前後は、年間200本ちかいCMを制作していた。 また、旅番組では電波少年で有名になった「なすび」と共に、数多くの名所を探訪。 温泉にも造詣が深い。 雑誌やテレビ制作を数多く手がける一方で、小説は地道に書き続けている。 著者インタビューを受けました。 「きんどるどうでしょう」 http://kindou.info/7229.html

超高級ヘッドホンSTAXで聴く『サイモン & ガーファンクル

アコースティックギターと美しい歌声で心に残るのがサイモン & ガーファンクルだと思っているんだ。
1975年頃が全盛期かな。このころの録音は、ステレオ録音の黎明期にもなるので、左右に楽器を大胆に振り分けているものが多い。
例えば、ギターも、リードギターとバッキングギターが完全に分かれていて、それぞれを聞き分けるのが楽しい。

左右を完全に分けてしまうと、ちょっと違和感が出てしまうんだけど、それをどのようにバランスするかがミキサーの腕かな。

超高級ヘッドホンSTAXで聴く『ノラ・ジョーンズ』

ジャズの生演奏はいいヘッドホンで聴くに限る。
今回はノラ・ジョーンズの『サンライズ』を聞いている。

ウッドベースがノラ・ジョーンズのなんとも言えない歌声に絡み合っている。パーカッションはカホンかなぁ? あとストイックなピアノとギター。ジャズっぽくないんだけど、間奏の楽器演奏はジャズね。

まぁ、STAXでの聞き所はウッドベースですな。

超高級ヘッドホンで聴く『マクロス』

アニメソングって、かなり力が入っているなぁ。
なんとなく聴いた『マクロス』だけど、いいレコーディングだ。
生のオーケストラということもあるんだろうけど、時代的にも音楽にお金をかけていたんだろうなぁ。
やっぱり、生楽器の録音はいいなぁ。

超高級ヘッドホンSTAXで聴く『原田真二』

小学校6年生の時、初恋の女の子がオマセで原田真二にぞっこんだった。俺は桜田淳子かな、なんて答えて呆れた顔をされたな。

その原田真二だけど、音の仕事していて聞き直すと、本当に天才だと思う。当時の田中美穂ちゃん、すごいなぁ。

タイム・トラベル2007がすごい

名曲はいくつもある中で、『タイム・トラベル』の昔バージョンと2007年に作り直したバージョンというのが面白い。昔のバージョンのインパクトが強くて、イメージはそちらなんだけど、2007年版は、前半で歌声よりも楽器が表という感じのミキシングなんだけど、後半にドスンとやられる。
すげぇ、ノリノリ。
エレキベースのロングノートが心地よくて、ピアノが小気味いい。ドラムが途中で入ってくるんだけど、そこから、もう昔バージョンとは違うノリ! JAZZってるけど、元の昔バージョンの世界を壊していないのがすごい。
終盤のピアノにやられちまうぜ!

超高級ヘッドホンSTAXで聴く『民族音楽・ペルシャ』

民族楽器の音を聴く時、本当はどんな響きなのかは想像するしかない。レコーディングされた音というのは、マイク、編集、再生アンプ、ヘッドホン(もしくはスピーカー)を通すので、どこかで変わっってしまう。
西洋楽器とか現代楽器であれば、生の音を聞いたことがあるから、多少変わってしまっても脳が違いを補完してそれなりに聞こえてしまうのだ。

しかし、生で聞いたことがない楽器は、脳が補完できない。
再生された音を本物と思うしかない。
そこで重要なのが、最終的なヘッドホンの性能ということになる。

STAXでペルシャの音を聞いている。
心地よい。

高級ヘッドホンSTAXで聴く『マンボ』

これぞSTAXで聞いてほしい楽曲。
クラシック音楽もいいんだけど、楽器が多すぎて聴きどころを見つけるのが難しい。
その点、ビッグバンド編成のマンボはわかりやすい。
金管楽器が左右に振り分けられていて、パーカッションが全体に広がっている。ドラムもわかりやすい定位にあるぞ。
ベースはエレキベースでしっかりしている。
トランペットの鋭い高音が、部屋全体に響くのが聞こえるかな?

超高級ヘッドホンSTAXで『伊勢正三 LIVE BEST ~風が聴こえる~』

DISK1は、多分、2本のギターとメインボーカルと小ラースの小さな編成。
さすがフォークソング。
コレで非常に広がりのある録音が素晴らしい。
フォークギターの優しい響がいいなぁ。
フォークソング、またブームが来るんじゃないかなぁ、来てくれるといいなぁ。

DISK2は神田共立講堂のライブで『22歳の別れ』だけど、会場の空気感がいい感じ。
アコースティックギターに軽くフランジャーがかかっているのも面白いなぁ。
77年の渋谷公会堂『なごり雪』は、定位が左にずれていて気持ち悪いなぁ。コレくらいは直してもいいのになぁ。

STAXはギターの細い弦の鳴りが気持ちいい

ライブ音源は、会場の大きさや観客のざわめきなどが聞こえてくるので、STAXの高い解像力がありがたい。

歌声用のマイクと楽器のマイクは別なわけだけど、さらに、会場用のマイクもある。楽器用マイクの音は、ミキシングで強めに入っていて、歌声はミキサーでのエコーに会場の響きが程よく混ぜてある感じ。この辺りの混ぜ具合がミキサーさんの技量なんだなぁ。





STAXでボブ・ディラン

STAXで色々聴きまくっているんだ。
1950-1970年代の録音が、結構面白い。
ステレオ録音が始まった頃かな。
1つ1つの楽器屋歌声をきちんと聞かせようとしている。

ボブ・ディラン

同じ『風に吹かれて(Blowin’ in the Wind)でも、録音が違うと聞きどころも違ってくる。このBlowin’ in the Wind(上の3番)の途中でハーモニカが入ってくるんだけど、驚く定位で登場。非常に面白い。