「FFヒーター」タグアーカイブ

FFヒーター何月まで?

FFヒーターの取り付けマニュアル、オフシーズンに差し掛かっていますが、まだまだ売れてます!
ありがとうございます。
これから取り付けするなら、製本版がオススメですよ。

何月まで使える?

例年の感じだと、5月中まではFFヒーターが活躍します。
昼間は暑くても、夜は寒いんですよ。特に高原とか海辺は5月中は大活躍します。

FFヒーターの夏準備

さて、夏に向けてFFヒーターの後始末も考えなくてはいけません。
といっても、石油ストーブみたいに燃料タンクを空にするまで動かしておく必要はあるのでしょうか?
基本的には、余った灯油は廃棄する。これが大原則。
灯油は劣化するので、基本的には夏をまたがないようにします。

といいつつ、僕の場合は、昨年、廃棄しませんでした。
真夏の炎天下、石油タンクは積みっぱなしでした。
でも、全然大丈夫でした。灯油タンクは車内の置きっぱなし。
もちろん、直射日光は大敵なので、タンクは見えない所に。
そして、灯油劣化の一番の原因は酸化だそうです。
実は、昨年の夏超えは、タンク満タン状態。空気がほぼ入っていない状態でした。このまま夏を越してみて、劣化していたら、使う時に廃棄しようと思っていたのですが、ぜんぜん劣化していなかったので、今年はそのまま使用。すすが出ることもなく通常運転でした。

専門家に聞いたぞ

灯油の暖房機を設置管理している専門業者に灯油の寿命について聞いてみました。すると、ちゃんと密閉したタンクであれば、直射日光や湿気が入らなければ3年間は大丈夫だそうです。密閉されていることが重要だそうです。

なるほど、昨年は実験のつもりで入れっぱなしにしたのですが、灯油も保管方法され間違えなければ3年くらい大丈夫なんですね。
いわゆる石油ストーブの場合には、火が点いている芯が常に空気に触れているので劣化しやすいけれど、FFヒーターは灯油が密封されているので、比較的長持ちするそうです。

でも、基本は、余った灯油は廃棄ですよ。
そこんところ、よろしくお願いします。

#ポメラで投稿

中華製FFヒーター自作取り付けマニュアル。初めての自作からトラブル解決までこの一冊。
車中泊が幸せになる一冊。
Kindle版 https://amzn.to/2QbfnH3
製本版 https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=361688373

『超入門・実用本の書き方』
あなたの知識や経験が一冊の本になる!
テンプレートに記述するだけ!
2020年版発売! Kindleからオンデマンド出版も!
ベストセラー作家も絶賛の内容で、あなたも作家デビュー!
Kindle版 http://amzn.to/2nExUw0
製本版 https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=361688526 #出版 #作家になろう

FFヒーターの本が売れている

今週は、FFヒーターの本が売れているなぁ。
とてもありがたいことです。
電子書籍版が入れているのですが、オンデマンド製本版がオススメ。やはり紙の本は読みやすいですよ。

Kindle版 https://amzn.to/2QbfnH3
製本版 https://www.seichoku.com/user_data/booksale.php?id=361688373

中華製FFヒーターの取り付けマニュアル本を発売!

低価格で購入ができる、車中泊用の暖房機器『中華製FFヒーター』を自作で取り付けるマニュアルです。
メーカーの施工マニュアルを詳しく図解入りで解説します。
また、故障の原因となる施工不良を具体的に紹介し、対策を提案します。
さらに、症状別のトラブルの解決方法も解説します。
巻末には、取り外し可能な施工方法のヒントも紹介しています。

Amazonで販売中。Kindle(電子書籍)でお読みいただけます。

【目次】

第1章「中華製FFヒーターって何だ?」

はじめに
自動車用FFヒーターって何だ?
エンジン暖房の問題点
すごく暖かいぞ、キャンピングカー用FFヒーター
中華製FFヒーターって安いぞ
老舗はドイツのベバスト(Webasto)社
中華製FFヒーターって何だ?
実際に使うと、そこは南国ハワイアン!
5kWヒーターはサウナだよ
2kW仕様も5kW仕様も燃費は一緒、違いは本体サイズ

第2章「取り付けマニュアル」

パッケージ内容と必要な工具はこれだ
まずは、設置場所の検討から始めよう
本体設置場所はこれだ!
【バン・乗用車】
【キャンプングカー】
【トラック】
設置角度の制限事項だ
壁設置の場合
排気管の取り回しを設計しよう
吸排気管の注意点
バベストと中華製FFでは、吸排気管、温風ダクトの直径が異なるぞ
吸排気管の配置のまとめ
燃料系の設置をせよ
燃料タンクの置き場所を検討
燃料フィルターと燃料ポンプの設置はここがポイント
燃料パイプの固定は確実に
電気系統の設置はコレだ
メインハーネスの接続のポイント
配線処理について
温風ダクト(ホース)の設置
動作確認と初期作業で安全に動かそう
FFヒーターの始動と停止をやってみよ

第3章「FFヒーター運用マニュアル」

コントローラーはこう使え!
搭載された機能一覧はこれだ
無線リモコンの初期設定

第4章「不具合の原因と対策」

エラーコードと対処方法
症状別対処:点火しない場合
症状別対処法:立ち消えする
症状別対処法:動作が不安定になる
ススの異常発生をチェックせよ
   炉内にススが溜まる原因と対処
雨が降ると調子が悪い
寒いと調子が悪い・雪が降ると調子が悪い
本体を分解するには
    分解掃除のポイント

第5章「取り外し可能、自動車を改造せずにFFヒーターを取り付けよう」

   車に穴を開けずにFFヒーターを取り付けたい
   カゴに入れて天井から吊ろう作戦
最後に
参考文献等

FFヒーターのマニュアル本を出版

中華製FFヒーターの取り付けマニュアル

ちょっと遅くなりましたが、中華製FFヒーターの取り付け本を出しました。
取り付けノウハウだけでなく、各種のトラブルに対する解決方法をたくさんのせました。
ベバストなどの施工マニュアルや配管技術者からのアドバイスをもとにしています。

詳細へ:印刷製本版(カラー)
詳細へ:Kindle版(電子書籍・カラー)

中華FFヒーター本、あとちょっと

いつものコーヒーショップで、昼飯&執筆タイム。
FFヒーター本も大詰め。

新たに書く章は、あと1つだけど、これは付録みたいなものだから、一晩で終わるはず。

ただ今、コーヒーを飲みながら推敲作業中。
Scrivenerで全部書いている。
Mac版のScrivenerがけっこう進化していて、作業効率が上がった一方で、知らない機能も多くなって苦戦中。
でも、実用本を書くにはScrivenerはかなり便利だなぁ。