超高級ヘッドホンSTAXで観る映画「ハン・ソロ」

いやぁ、面白かった。「ハン・ソロ スターウォーズ ストーリー」。7インチの小さな画面で観ていたんだけど、音はSTAX。いやぁ、スターウォーズの音はスゴイね。効果音が絶妙にコントロールされていて、それをSTAXで聴くと劇場のような臨場感。まぁ、立体音響じゃないので背後から音がするってことは無いんだけど、細かく作り込まれた音の世界は堪能できる。
BGMとのバランスも素晴らしくて、僕もこんなMAをやりたいと思った。

脚本用の自動記述テンプレート

実用本の自動記述テンプレートの評判が良いので、次は脚本用のテンプレートを開発しようと思うんだ。
映画には香盤表ってのがあって、その日の撮影のシーンや場所、出演者や道具類などが一目瞭然になっている。

これを発展させるとストーリーのテンプレートに出来そうな予感。
まぁ、予感ね。
これまで脚本は40本くらい書いてきたかなぁ、もっとかなぁ。
ドラマじゃないストーリー仕立てのプロモーションまで入れると数百になっちゃうので、それなりに数をこなしている。これをテンプレートにするとしよう。

総尺が決まっているテレビドラマなら、シーン数も固定で良いんじゃないかと思うしなぁ。ロケ場所の数や切り返しの数が一目瞭然になると、予算管理もできるし。

などなど、作りますかね。

UMPC vs iPad pro

執筆環境としてUMPCを導入したんだけど、ここでiPad Pro 12.9″戸の比較をしておこう。
iPadは非常に優秀で、スマートキーボードを使うとかなり快適な執筆環境になることは事実。ここ5年ほどはiPadで執筆をしてきた。でも、決定的な欠点は日本語入力が駄目過ぎる点にある。勝手に予測変換を入れてくるので、勝手に助詞がついかされていたりする。後で文字校正するのに苦労させられるのだ。短い文章であれば問題ないが、ノリノリで長文を書いていると、後で校正してみると酷い状態になっていることが多い。これは致命的だ。

さて、UMPCだとどうか。Windowsなので、文字入力に関してはIMEを自由に選べるし、IMEのチューニングも自分で出来る。ATOKに関しては賛否両論あるのだが、物書きとしては連文節変換はあまり重視しないのでどうでもいい。前にも書いたが単文節変換がほとんどなので問題が無い。その一方でATOKの様々な文書作成支援ツールは便利だ。ATOKイミクルは非常に便利で、簡単に大辞林で意味や類語を検索できる。医学用語などの専門辞書も別売りで用意されているが、小生は使っていない。
クイックパッドというソフトウェアキーボードも便利で、顔文字一覧が出てくるなど入力支援も充実している。

UMPC と iPad Pro どちらがいい?

結論を言えば、価格的にも性能的にも執筆にはUMPCをオススメしたい。ただし、執筆環境を整えるのには別途にアプリ費用がかさむ。執筆専用のO’s Editorが2000円程度、これは安いから良い。ATOKだが、諸々のツール(読み上げアプリや大辞林など)を別々に揃えるなら思い切って一太郎のプラチナ版を購入するべきだ。最終的にKindleなどの電子書籍やオンデマンド印刷の版下PDFを作るには、一太郎クラスの日本語に特化しかワープロアプリが必須だし。
でも、一太郎のプラチナ版は3万円程度。UMPCが6万円弱で、一太郎まで買うと10万円弱に及ぶ。でも、iPad Proもけっこう高価だから、執筆用に「縦式」などを購入したりすると似たような価格になる。

ということで、僕としてはUMPCを執筆マシンとして推奨したい。キーボードが変な配置なので、そこは苦労するかも知れないが、これは慣れなので大きな問題と小生は考えていない。UMPCを使い始めて一週間だが、やっとキーボードに慣れてきて高速入力が出来るようになってきた。あと一週間もしたら1日2万字ペースの執筆ができるようになると思うぞ。

GPD Pocket2(ssD)の高速化

非力なUMPCで本格的な執筆を進めていて、より軽快な動作を求めたくなっている。そこで、UMPCの高速化をいろいろやっているんだ。
UMPC向けと言うよりは、Windows全般へのアプローチだけどね。

Windows Defenderのリアルタイム保護はオフ

ウイルス対策は必要なのだが、過剰な保護はマシンを遅くする。特にCPUが非力なので、リアルタイム保護は致命的になりがちだ。リアルタイム保護というのは、ネットを使っているときにファイルのやり取りを監視して、つまり、画像やテキストやバイナリーコード(ホームページの機能)を全てチェックしてから、ブラウザに表示するなどの機能だ。これが非常に重たい。なので、僕はリアルタイム保護はオフにする。

危険じゃないの? と思うのは当然。ポイントはリアルタイム保護が必要かどうか。つまり、感染したかどうかを自分で判断出来るかどうか。自分で判断出来ない場合には、リアルタイム保護の方が安全だ。
自分で判断するにはどうしたらいいか? これは長年の勘が一番なんだけど、基本的にはいつも行っている動作に変化があるかどうかがポイント。急に文字変換が遅くなったり、ウィンドウの開閉がもたつくなどの挙動変化を気にしているかどうかだ。
さて、これは原始的なので、もうちょっと具体的な監視方法としては、ある程度の頻度でタスクマネージャーを見てみることだ。ここに動作しているプロセス一覧が表示されるので、ここにいつもと違うプロセスがないか見ることだ。何が正しいプロセスで、何が異常なプロセスかというのも、実は経験が無いと分からない。
実は、僕自身はプログラミング経験もあって、何が正常なのかというのが、ある程度分かっている。

そして、定期的に手動でウイルスチェックを行う。つまり、リアルタイム保護をしない代わりに、自分で暇なときにチェックスということだ。
どういう時にチェックするかというと、今まで訪れたことのないサイトを見た時だ。これが一番重要だ。

つまり、いつもと同じ事だけをしていれば、ウイルス感染の危険性はほとんどない。いつもと違うことをしたときにウイルス感染を予測してウイルスチェックをする。

無駄なプロセスを終了する

次に、無駄なプロセスをオフにする。無駄なプロセスというのは、例えばブラウザにChromeを使っているのにMicrosoft Edgeが常駐しているようなことだ。

常駐(バック グラウンド アプリ)を切る方法は2つある。基本的には一つ目を推奨する。

1つめは、Windowsの「設定」「プライバシー」の「バック グラウンド アプリ」(左メニューの下の方)を開いて、必要のないアプリをオフにする。初期状態でかなりのアプリが常駐していることが分かるぞ。ゲーム類なんて使わないだろうから、全部オフ。

もう1つはmタスクマネージャーを起動して「詳細」(画面下の方)をクリックすると、全てのプロセスが見える。使っていないアプリの名前があったら右クリックで「終了」をする。ただし、終了するとマシンの動作がおかしくなる場合もある。だから、作業中のアプリは終了しておくことが重要だ。プロセスを終了して異常動作しても心配は要らない。マシンを再起動すればいいのだ。

プロセスを終了しても安定動作する場合には、そのアプリをアンインストールしてしまうのが一番良い。また、常駐だけ停止することができるアプリもあるので、「アプリ名 常駐解除」で検索するとどうしたら良いかが見つかると思う。

ひとまず、ウイルス対策をオフにして、無駄なプロセスをオフにすることで速度改善ができるはずだ。

超高級ヘッドホンSTAXで聴く「ホテルカリフォルニア」

いやぁ、良すぎる。こんなにレコーディングに凝っている曲だと初めて知った。ドラムが右へ左へ。ベースが安定して中央付近に。ギターもサイドが左、リードはその時々で違う場所。それが違和感なく、丁度いいバランスで割り振られている。わざとらしさがまったくないのがすごい。

STAX & UMPCが最高

UMPCで執筆しながらSTAXのヘッドホンで音楽を聴いている。
ああ、快適。
もう、他のヘッドホンでは聴けないよ。
業務用のスタジオヘッドホンが陳腐な音に聞こえる。

いい音で音楽を聴くと集中力が増して執筆にもいいぞ。
執筆というのは視覚ではなく、聴覚に近いんだと思う。
まぁ、頭の中で喋りながら書いているので、聴覚近いんだろうねぇ。

執筆環境【O’s Editor & どこでも詠太】

UMPCを導入して、本格的に執筆環境をこの小さなマシンに移行しているだ。ポメラと同じように使えて、プロが使うツールも動くぞ。

O’s Editor で「どこでも詠太」

小説と脚本はO’s Editorを使う。非常に軽くて高機能。青空文庫形式の文字修飾ができる。つまり、ルビや傍点などが簡単に付けられる。小説には適している。
ポメラと同じように使うには、ATOKを導入して【ATOKイミクル】&別売りの【ATOK用大辞林】を導入。これで国語辞典と簡易の類語辞典が使えるようになる。ATOKと大辞林を別々に買うよりも一太郎のプラチナ版を購入した方が、読み上げアプリの【詠太】も使えるので、そちらがオススメだ。

O’s Editorで詠太を使うには簡単。詠太がインストールされるとタスクトレイに【どこでも詠太】が常駐して、読み上げたい文章をコピーすると読み上げが始まる。文字校正に非常に役立つ。

ATOKの機能を使いこなせ

執筆を楽しむための機能がATOKには搭載されている。リフレッシュナビという機能があって、執筆時間や打ち間違いの回数などを記録してくれる。また、執筆文字数も記録してくれて、仕事量を測るのに便利だ。一日の執筆量の目標を立てられるのだ。

O’s Editorの【ツール】が便利だ

O’s Editorはm選択されている文字をWEB上の辞書やGoogle検索を行う機能が搭載されている。これも便利だ。ただ、上記のATOKイミクルよりも動作が遅いので、小生は、通常はAtOkイミクル、より詳細な情報を知りたい場合にはツールを使う。

現在の執筆環境のまとめでした。

GPD Pocket2ssdはポメラの代わりになるか?

長年のポメラユーザーである小生は、台本の執筆が増えてきたこともあって、プロの脚本家御用達のO’s Editorを使う頻度が非常に高くなったので、ポメラからUMPCへの移行をしたんだ。
画面サイズは7インチと折りたたみ式キーボードのDM30と同じくらいだ。DM200に比べるとちょっと小さいが、実際に執筆してみるとほとんど変わらない使用感だ。

キーボードはポメラが上、フルバージョンATOKは使える

GPD Pocket2のキーボードはかなり変則的な配置で、しかも英語キーボードのために、記号の配置が悪くて使いにくい。キータッチ自体は悪くないので、慣れが不可欠になる。日本語変換はMS-IMEが標準だが、小生は一太郎を使っているのでフルバージョンのATOKが使える。ATOKの日本語変換効率に関しては賛否あるだろう。ただ、ポメラとの比較ではGPD Pocket2の方が高機能だ。特に変換時に用例が出るのは非常に有り難いのと、別売りだが大辞林などの辞書をCtrlキーの2連打で呼び出せるなど、さすがフルバージョンのATOKはよく出来ている。
その他、Google IMEもいいらしい。変換効率ではこちらの方が上だろう。ただ、ATOK(変換効率以外の機能)が非常に高機能なので、小生はあえてATOKを使っている。

ATOKの大辞林がいい

さて、上記のATOKの機能だが、Ctrlキーの2連打で「ATOKイミクル」が起動してくる。小さな窓に大辞林が出てくるのだが、これが執筆にはとても便利だ。調べたい文字を選択してCtrlキーの2連打で意味の表示が行われ、さらに類語一覧も出る。つまり、国語辞典と簡易だが類語辞典になるのだ。これでDM200と同等に使えるということだ。

その他の一太郎のツールも執筆には必須だ

小生の著作『超入門・本の書き方』『超入門・ストーリーの書き方』でも紹介しているが、文字校正をする時に、一太郎の読み上げアプリ「詠太」を使っているのだが、これも執筆の必須ツール。つまり、小生は一太郎の最上位バージョン「一太郎2020プラチナ」を贅沢にもこの小さなマシンに入れている。もちろん、サクサク動くぞ。

物書き歴30年、ストーリー・本の書き方・キャンピングカーのことを書いてます。