「DM200」タグアーカイブ

ポメラDM30を買おうかお悩み中

ついにポメラDM30が発売されました!
実売で3万7千円くらいです。

いやぁ、困ったなぁ、欲しいなぁ。
やっぱり電池動作は魅力だし、電子ペーパー画面もいいなぁ。
そして、サイズが魅力的です。DM200は横幅が大きくて、やはり持ち運びには不利ですね。

DM200との比較

そこで、DM200と比較して、善し悪しを考えてみます。

1:入力はほぼ一緒(プラマイゼロ)
まぁ、キーボードやATOKに関しては、同じと評価しておきます。
まだ、実機を触っていないのでキータッチは判らないのですが、これまでのポメラの延長線上だと思えば、まぁ、問題ないでしょう。

2:類語辞典がない!(マイナス10点)
あああ、類語辞典が載ってない。ああ、便利で一番よく使うのになぁ。
物書きとしては、国語辞典よりも類語辞典の方が重宝するのに。

3:電池動作はありがたい(プラス10点)
DM200は、やっぱり電源管理がめんどうだなぁ。
もちろん、丸一日執筆しても大丈夫なんですけどね。モバイルバッテリーか充電器を一緒に持ち歩かないと不安ですよ。
そう言う意味ではDM30は素敵!

4:画面(プラス5点)
電子ペーパーはいいですね。Kindle端末が電子ペーパーで、心地よいのを判っているので、これは魅力的。しかも、電池を食わないんですね。でも、どうだろう、文字入力の場合に、応答性が十分あるのかなぁ? 実機を見ないと判らないなぁ。 電子インクは、画面を書き換えをしないかぎり電池を食わないというのが特徴です。
その代わり、画面を書き換えるスピードが遅いのです。だから、文字入力の際にきれいに書き換わるのかなぁ。ページ送りはどうかなぁ? サイト上では残像が残ると書かれています。F12キーで画面リフレッシュするんですってよ、あはは。 実機を見てきますね。

5:通信機能はどうか?(マイナス10点)
DM200が便利なのは、「アップロード機能」がある点です。これはGmailを経由して様々なことをする機能です。このブログもアップロード機能で投稿しています。非常に便利で使いやすい。 欲を言えば、原稿をGmail本文に流し込むのではなく、メール添付機能を付けてもらえると完璧です。
というのは、長文をパソコンへ送る場合に、Gmailだと文字数制限があってダメ。書籍レベルの長文はMicloSDカード経由になっちゃうんだな。 そんでもってDM30ですが、この「アップロード機能」はないですね。困ったなぁ。
FlashAirを使うと文書は送れる。これはDM200でも一緒ですな。長文はポメラQRアプリで読み込めるので、それで文書の転送は、まぁ、いいか。 まとめると、「アップロード機能」を使っている人にはDM30はマイナスですな。

ああ、そうそう、DM200でもFlashAirは動作しますよ。特にDM200で何もしなくてもOK。つまり、FlashAirの通信電源は入りっぱなしってことですね。つまり、電池がどんどん減っていくみたい。とほほ。
FlashAir側の設定を変えればなんとかなるのかしら? 自動接続機能の時間を1分に下げてみよう。FlashAirの長文転送は魅力的だなぁ。もう少し研究しますね。

6:サイズ(プラス10点)
サイズ的には、DM30が非常に魅力的ですね。DM200はどうしても横幅が大きくて入れる鞄を選びます。出張の時に困っちゃう。DM30ならどんな鞄にも入るからいいなぁ。

DM30はプラス5点かぁ

 このように評価すると、DM200から買い換えのメリットってサイズと電池。
類語辞典と通信機能が無くなっちゃったのはダメだなぁ。
そう大きなメリットはないって事になります。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

電子たばこgloの裏技

全国の電子たばこgloファンのみなさん、今日は。
gloを美味しく吸うことに命を賭けています(大げさ)。

封を開けたばかりのNeoStiockって美味しいですよね。
しかも、煙量も豊富で、ドバーァですね。
でも、二日くらい過ぎちゃうと煙が減って、しかも美味くない。

乾燥剤を使え!

理由は簡単で、湿気ちゃったんですね。
そこで、小さなZIPロックに乾燥剤と一緒に入れておくとどうでしょう!

凄い、煙量が復活、味もエグ味が消えてマイルド。
3回電源目まで煙量が続きます。
食品用の乾燥剤なら健康にも問題なし。

ぜひ、お試しあれ。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

HiTEC X4 ADVANCE 2の電池管理が面白い

ポメラDM100など単三電池で動くマシンはまだまだたくさんありますね。
僕の場合は、映画の撮影で大量の単三電池を消費します。
1つの映画で100本近く使います。
映画用の音声ミキサーの場合、8本一組です。
これを1日に2〜3回交換。それ以外に無線マイクは4本一組が3セット、高音質無線マイクは6本セット。
電池の難しいのは、例えば8本セットの場合では、その中の1本でも空になったり不具合があると他7本に電力が残っていても、使っている機器は電池が空と判断して止まってしまったり誤動作をします。だから、たとえ1本だけがダメになっても全部交換になります。不経済ですよね。
と言うことで充電できる電池が必要なのですが、撮影現場ではちょっと怖いんですよね。電池の劣化具合がわからないと、上記の理由であっという間に電池切れや不具合の原因になっちゃう。
怖いので現場では、新品のアルカリ乾電池を使います。でもなぁ、トラブルの発生頻度は充電池と変わらないんだよなぁ。

HiTEC X4 ADVANCE 2がすごい

 

これはラジコン用の高機能充電器です。
電池を1本ずつ調べてその性能を報告してくれます。
しかも、製造時の電池のばらつきというのがあります。具体的に言えば、満充電の時の電圧が、1.47Vのものもあれば、1.44Vのものもあります。まぁ、誤差の範囲なのですが、これを混ぜて使うと弱い電池に負担がかかって不具合の原因になります。
そこで、電池の特性を計測して似た電池を組み合わせると、電池の性能を十分に引き出せます。なので、つまう前に電池特性(や劣化具合)を調べて組み合わせを整えるといいのですよ。これを電池のマッチングといいます。

今回導入したHiTEC X4 ABVANCE2は、スマホと連携して電池の性能を調べながら最適な状態を引き出します。

この画面は、新品のニッケル水素単三電池の初期充電です。0.1C充電(電池容量の10分の1の電流で充電)でゆっくり充電して、満充電時の状態を検出しています。
この電池の公称容量は2800mAhです。なので0.28Aで充電しています。「容量」と書かれている部分は、この場合は充電量を示しています(電流×時間)。約14時間経っているので3900mAhも入っています。でも、これは容量じゃなくて通電量なので、熱で消費されている電力も含まれます。

注目は「電圧」で、新品の充電池でも、満タンの電圧が違いますね。内部抵抗は123mΩでほぼ同じですが、満タンの電圧がこんなに違います。一般的には電池の劣化を内部抵抗で判断するのですが、そもそもの特性にもばらつきがあるので、劣化を診断するのは内部抵抗だけではわかりません。

この電池は、この後に強制放電をします。その後でもう一度ゆっくり充電します。その時に、本来の性能がわかります。その時の最終的な満充電の電圧で電池を分けて使うことにします。

文章を書くと言うこと

世の中には様々な創作がありますね。
僕は職業として、様々な創作活動をやっています。これは幸せなこともあるし、つらいこともあります。まぁ、贅沢な悩みですね。
創作で食べて行くのは大変なことですが、いくつかのポイントがあります。

創作産業は、大企業が胴元になっている。
創作活動は、広告が大きな土俵だ。
創作活動は、ファンが付くことが目標だ。

創作でお金をもらうには、大企業、すなわち刷版社やテレビ局などと付き合わなければならないということを意味します。
しかし、出版社もテレビ局も、まぁ、めんどうな世界です。権力者のあつまりなので、まぁ、面倒。それに付き合えないと、お金はもらえません。日大アメフト部の酷い指導内容が世の中に見えてきましたが、テレビ局も出版社も、まぁ、似たような物です。
もう1つの創作活動は広告です。こちらも大企業が牛耳っている部分もありますが、もう少しオープンです。自由もあります。ただし、他人を宣伝するわけですから、作った物が他人の物になるということでもあります。でも、作品には自分が繁栄されているので、作品が増えるに従って、自分の分身が世の中の市民権を得るように、「あれもあなたの作品ですよね」と後から認知されていきます。そうなると、創作の自由度も増えていきます。

でも、結局、何を作っても、自分のファンが増えないことには、創作は虚しいものになります。

文章とという創作について

さて、世の中は本を読む人が減ってしまって、文章という創作活動が難しくなっています。舞台演劇みたいに、特定の人しか参加しない世界に近づいているかもしれません。

でも、文章の良さというのは、表現に制約がなということです。映像は表現する内容によってお金のかかり方が違います。でも、文章は例え大宇宙を舞台にしてもアパートを舞台にしても、かかるお金は一緒です。

この利点を使わないと、文章で表現する意味がないのかもしれません。
もちろん、世の中には文章好きはいて、この表現がいいとかなんとか、それを価値にするジャンルも確かにあります。つまり、何を書くかということよりもどう書くかというジャンルで、文学賞みたいなものです。でも、それは、実は前述の大企業のテリトリーなんです。つまり、作家は俺たち編集者の手足と一緒で、俺たちの言うとおりのものを書いていればいいんだ! っていう感じです。日大アメフト部の監督と選手の関係みたいですね。監督が選手を守らなかったの同じように、作家の生活を守ろうという編集者は皆無です。もちろん、そういう編集者がいることは事実ですが、「売れなきゃ意味がない、利益が出なけりゃ意味がない」という大組織の理屈の上には、明日の作家より、今の文字職人、ということになっちゃう。

まぁ、独り言っすね。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

ポメラで投稿中

ちょっと投稿の間が空いてしまいましたね。
このところ、ポメラを持って歩いていなかったのです。
するとどうでしょう?
投稿の数が減ってしまいました。

つまり、ポメラは文章を生み出す原動力なのですね。
うん、ポメラ愛!
今回もDM200で投稿中!

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

海外での電子書籍販売について

GoogleAdwordでWEB広告を出して英語版の電子書籍を売ろうとしていますが、ほとんどコンバージョンが上がりません。広告のクリック率は5%以上あってアクセス数はそれなりにあるのですが、クリックされませんね。 サイトの内容が悪いのか、そもそも電子書籍に興味がないのかは分かりません。

非常に、難しいっすね。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

夢で教えられたこと

夢で、知り合いのノンフィクション作家さんが出てきて、僕にアドバイスをしてくれた。
「売れるということは、自分の成長を書くことであって、自分の外側のことを書くという事じゃないんです」

なるほど。夢は正しい気がします。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

映画の撮影でした

GWは映画の撮影でキャンピングカーで泊まり込みでした。
忙しくて、ぜんぜん執筆できず。
若い撮影隊に混じって、52歳のおっさんは、まぁ、余裕の参加。
今回は録音部。楽しい仕事です。

謝るのがおっさんの仕事です

撮影していると、ご近所から不審がられたり、借りている場所の制限時間を過ぎちゃうとか、まぁ、叱られることが少なくありません。

そんなときは、おっさんが謝りに行くとすぐに解決。
年食った者の価値はそんなものくらいですな、あはは。

現場責任者でもあるカメラマンだけが、私の素早いフォローを分かっていて、陰で何度もありがとうございました、とね。

いいんです、それで。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

どこでもスピーカー

クラウドファンディングで、貼り付けた物がスピーカーになるBlueteethスピーカー『TOUGH BEAT』を購入。先ほど届いてテスト中。

クラウドファンディングにしては、まぁ、完成度は高いかな。
ただ、オプションというか付属に粘着パッド+板磁石)の磁力が弱くて壁にパッドで貼って磁石で貼り付けると自重で落ちちゃうらしく、これは後日、取り合えてくれるらしい。

貼り付けた場所がウーハーになる!

貼り付けた場所がスピーカーになるというよりはウーハーになる。
それゆえ、何に貼り付けるかがポイント。
高音部分は本体から出ている音がでかいので、貼り付ける場所に関係なくまぁまぁな音で聞こえる。
でも、低音は貼り付ける物によってかなり変わるぞ。

今、庭先においてある樹脂製の大きなベンチの置いて聞いているんだけど、わ~~~、低音がお尻の下から響いて楽しい!
けっこう、満足!(かなり近所迷惑)

最初は居間のテーブルに置いて聞いていたんだけど、????
間抜けな感じだった。エイジングしていないスピーカーという感じ?
つまり、安いスピーカーって感じ。
ところが、自動車のダッシュボードとか、キャンピングカーの家具にくっつけると、すげぇ、楽しい!

まだ、バッテリーも鍛えきっていないので、もう少しバッテリーの電力が安定すると、もっと低音が出てきそうだなぁ。

防水なのでお風呂場でも聞けるんだぜ、ハッピー。

改善して欲しい部分もあるが

ボタン類は全部タッチ式。間違って触っちゃうことが多いなぁ。
それから充電が非接触式で、本体下に充電パッドを置く。
ということは、充電しながらだと本体が浮いちゃうので、せっかくの低音がぁぁぁ。

という感じで、概ね満足なドキドキクラウドファンディングでした。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!


にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

電子書籍の宣伝について

Kindleで英語版の本を出して、GoogleAdwordsで宣伝しているんだ。
アクセス数は高いので問題はないが、なかなか購入へ移行しない。
英語が駄目だからなのか、そもそもGoogleAdwordsからの閲覧者が購買層じゃないのか、そのあたりの分析がひつようですな。

そんでもって、日本語の書籍の売り上げとGoogleAdwordsの親和性もちょいと考えないとだめだと思い始めたよ。

宣伝はTwitterがベターか

もともとはTwitterで宣伝していて、こちらのは非常に効果的かつ低予算だ。手間がかかるだけ。
ということで、初心に返って、Twitterを重視で宣伝にいそしもう。むろん、英語版のTiwtterアカウントも作って、そちらも頑張ろう。まだ、フォロワーが400人弱なので、苦戦が予想されるなぁ。 日本語アカウントは2つあって、どちらも4000人弱のフォロアー。重複も多いから、合わせて4000人くらいかなぁ。まだまだ、駄目ね。

Facebookの広告も、Googleよりはいいかもしれない。いろいろやってみよう。
こちらの友人数は1000人ちょっと。Facebookでは政治ネタ、ニュースネタで吠えているので、閲覧者は多いけど、いいねの数はそれほど多くない。ま、それは良いとしましょう。

なかなか電子書籍は苦労ばかりだなぁ。
小生としては、紙の本もすぐに裁断して電子化しちゃう。
だって、電子化したら辞書が簡単、翻訳機能も抜群、コピペでブログなどに引用も楽ちん。

さて、問題は、若い人が電子書籍をあまり読まないことかな。もちろん、漫画は非常に多く消費されているけどね。
そのあたりを勘案して、中味の書き方、つまり、図版の量を考えないと駄目な時代かも知れないなぁ。

悩む悩む、そんなGW。
明日から、中国人女子監督さんの映画の撮影。録音部で参加。
とにかく、小生、録音部が好きなのです。
目をつぶって映画を見る、そんな感じですよ、録音部は。
機材チェックも終わって、本日はのんびりな桜風涼さんです。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ