読書好きと文章

いつも迷ってしまうのだが、僕自身は読書オタクではないので読書嫌いのために本を書きたくなるんだ。
読書好きの本は、僕には難しくて読めない。
というか、複雑なクラシック音楽のようで、読み慣れないと面白みがわからないのではないかと思う。

義理の弟が読書オタクで、時代劇をよく読んでいるのだが、その読み方は僕と全然違う。いわゆる句読点の少ない文章が好きなようで、
「一気に読まされる感じがいいんです」
と言う。
じゃあ、同じ部分を読んでその意味を確かめ合ってみようということになって、やってみると、あれれ、あいつ、全然読めてないじゃん。事実関係の把握も曖昧で、誰が何をしたかなんていうことも、けっこう大雑把だ。

さてはて、これを音楽に置き換えればわかりやすい。
音楽を聴いて楽譜通りの音の構成を把握する人間は、そうはいない。文章も、音楽のように流して読むということも考えないとだめなのかもしれない。つまり、書き込みすぎないということかしら。

 

文章を書くと言うこと

世の中には様々な創作がありますね。
僕は職業として、様々な創作活動をやっています。これは幸せなこともあるし、つらいこともあります。まぁ、贅沢な悩みですね。
創作で食べて行くのは大変なことですが、いくつかのポイントがあります。

創作産業は、大企業が胴元になっている。
創作活動は、広告が大きな土俵だ。
創作活動は、ファンが付くことが目標だ。

創作でお金をもらうには、大企業、すなわち刷版社やテレビ局などと付き合わなければならないということを意味します。
しかし、出版社もテレビ局も、まぁ、めんどうな世界です。権力者のあつまりなので、まぁ、面倒。それに付き合えないと、お金はもらえません。日大アメフト部の酷い指導内容が世の中に見えてきましたが、テレビ局も出版社も、まぁ、似たような物です。
もう1つの創作活動は広告です。こちらも大企業が牛耳っている部分もありますが、もう少しオープンです。自由もあります。ただし、他人を宣伝するわけですから、作った物が他人の物になるということでもあります。でも、作品には自分が繁栄されているので、作品が増えるに従って、自分の分身が世の中の市民権を得るように、「あれもあなたの作品ですよね」と後から認知されていきます。そうなると、創作の自由度も増えていきます。

でも、結局、何を作っても、自分のファンが増えないことには、創作は虚しいものになります。

文章とという創作について

さて、世の中は本を読む人が減ってしまって、文章という創作活動が難しくなっています。舞台演劇みたいに、特定の人しか参加しない世界に近づいているかもしれません。

でも、文章の良さというのは、表現に制約がなということです。映像は表現する内容によってお金のかかり方が違います。でも、文章は例え大宇宙を舞台にしてもアパートを舞台にしても、かかるお金は一緒です。

この利点を使わないと、文章で表現する意味がないのかもしれません。
もちろん、世の中には文章好きはいて、この表現がいいとかなんとか、それを価値にするジャンルも確かにあります。つまり、何を書くかということよりもどう書くかというジャンルで、文学賞みたいなものです。でも、それは、実は前述の大企業のテリトリーなんです。つまり、作家は俺たち編集者の手足と一緒で、俺たちの言うとおりのものを書いていればいいんだ! っていう感じです。日大アメフト部の監督と選手の関係みたいですね。監督が選手を守らなかったの同じように、作家の生活を守ろうという編集者は皆無です。もちろん、そういう編集者がいることは事実ですが、「売れなきゃ意味がない、利益が出なけりゃ意味がない」という大組織の理屈の上には、明日の作家より、今の文字職人、ということになっちゃう。

まぁ、独り言っすね。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

Google AdWordsはダメっぽい!

電子書籍の宣伝をいろいろ試しています。

  1. Google AdWords(検索結果に広告が出るなど)
  2. Facebook広告
  3. Facebook記事
  4. Twitter

まず、Google AdWordsですが、色々な検索キーワードに対して一行広告的に宣伝します。これを使うと、確かにアクセスは上がりますが、書籍購買が非常に少ないという統計結果が出ます。
英語で宣伝して英語版書籍を買わせようとしても、ほとんど不可能に近いような気がするくらいですね。

つまり、検索している人は、本を買いたいわけではなく、今すぐに手に入る答えを探しているので、書籍で学ぼうというような層は少ないということだと思います。もちろん、検索キーワードをもっと絞り込めばいいのかもしれません。いずれにせよ、一筋縄ではいきません。

Facebook広告は、分野によってかなり効果がありました。日本建築の宣伝では、かなりの問い合わせが来て、成立案件もありました。非常に費用対効果が高いと思います。電子書籍も売れますが、広告投下金額よりも印税が上回ることはなかったという結果です。

Facebookの記事は、まめに書けばそれなりに効果があります。費用もかからないので戦力になります。ただ、手間はかかりますよね。

Twitterも非常に効果が高い媒体でした。ただし、新規フォロワーが増える数と書籍売り上げが一致するので、常にフォロワーアップを目指す必要があります。そういう意味では地道な努力が必要です。

いずれにせよ、書籍を売るというのは自分のファンを増やすという意味だと実感します。そういう意味ではGoogle広告はあまり効果が出ないかもしれません。ただ、工夫と費用が必要なので、もっと研究すると効果が出ると思います。

ご先祖様からのメッセージ

先日、たまたま某Fテレビのロケで札幌に行きまして、明治維新の時の戊辰戦争で戦った会津藩士のご先祖様のお墓を発見しました。
会津藩士だったので、土方歳三らと共に戦って五稜郭で終戦を迎えて、そのまま札幌に移住したとのことです。

明治維新のご先祖のお墓を札幌で発見

ざっくり言うと、ちょっと霊感が働きまして、今回の取材を受けて二泊三日のロケに出たのですが、ロケ当初からラッキー続きで、その最終日の撮影途中で、たまたまお弁当を買いに出たら途中に霊園がありまして、寄ると我が一族のお墓を発見。
ぼくは元々、直系長男の家柄ですが、祖父が家督放棄で浪人のような身分です。なので、本家のお墓については、場所くらいしか知らなかったのです。その(真の意味の)本家さんも子供がいないので、絶えちゃうのかなぁ。

陰陽師から電話が来る

さて、お墓を見つけて、お参りしまして。そこには明治維新の時の当主のお名前「金沢定吉」とあります。

さて、我が一族の母方には霊能力者がいっぱいいるのですが、その一番親しい叔父に、この件を報告すると、翌日、ご先祖様が枕元に立ったらしく、お告げの電話が来ました。

「どうも、その『定吉』さんというのは、本当のお名前じゃないらしいぞ。」

明治維新で負けた会津藩の武士は、本名を名乗ると殺されてしまうので、名前を変えた人が大勢います。我が家もそうで、今は「渡辺」ですが、本当は「金澤(かねざわ)」です。ですから、お墓にも「金沢」と刻んであります。

と、ここまでは親戚から聞いていた話なのですが、下の名前も変えていたらしいのです。
会津藩の藩士名鑑に資料が残っていまして、金澤家の家系図の最後は『金澤治右衛門勝政』と書かれています。

ただ、年代では1800年代(享和)なので、勝政さまではないのかな。
あ、こちらは、要職以上の代表的な人が載っているんだ。

人別帳の最後(明治元年)は、『金澤久右衛門』となっています。
うん、こちらが『定吉』さんですね、きっと。

新機種DM30が出るぞ!

やばいなぁ、ポメラの新機種が登場。
DM30ですってよ。

電子インクで折りたたみ、アウトラインも

機能的にはDM100のパワーアップ版ですかね。乾電池動作で、アウトラインやキーボードショートカットも設定できる。通信はFlash Air経由ですな。

DM200よりいいかも?

DM100にはアウトラインもショートカットもなかったので、DM200という選択になっていました。でも、このDM30には、ぼくが欲しい機能が全部乗っている。通信機能がFlash Airでも構わない。でも、DM100の時にはFlash Airがちょっと不安定でほとんど使わなかったけど、今回はどうかなぁ? QRコードで文書を送るので、十分に使えるから、通信機能が必須ではないんですよね。ただ、Wordpressへのメール投稿は便利だったなぁ。

DM200の設定を引き継げるのか?

さて、仮にDM30を買ったとして、DM200をかなりカスタマイズしているので、その設定や辞書をDM30へ持っていかれるのかなぁ? その辺りが気になりますな。などなど、もう少し調べてみましょう。
http://www.kingjim.co.jp/pomera/dm30/

ポメラで投稿中

ちょっと投稿の間が空いてしまいましたね。
このところ、ポメラを持って歩いていなかったのです。
するとどうでしょう?
投稿の数が減ってしまいました。

つまり、ポメラは文章を生み出す原動力なのですね。
うん、ポメラ愛!
今回もDM200で投稿中!

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

TOUGH BEAT が面白すぎる!

貼り付けると、そこがスピーカーになるBlueToothオーディオユニットが面白いっすねぇ。
クラウドファンディングで去年の年末に投資した?のが送られて来て1週間。
いりいろな場所に貼り付けて音楽を楽しんでいるのだ!

薄くて硬い板状のものがいい

壁などに貼り付けると、そこがスピーカーになるというのがTOUGH BEAT
机でも扉でも、なんでもいいのですよ。
しかも、防水なのでお風呂場でもオーケー。

さて、実際に貼ってみると、貼った場所によって音が大きく異なります。

ユニットバスの壁なんてサイコー!

車のボディーもサイコー!

つまり、太鼓の皮じゃないけど、比較的薄くて響く素材がいいですね。
高級なテーブルの分厚い天板は、あまり響かないっすね。
壁だと石膏ボードはよく響きます。逆に柱はあまり響かない。

桐のタンスは響くかと思ったらそうでもない。
フローリングの床もそんなに響かない。

ということで、家中の色々な場所に貼り付けるんですが、結局、太鼓みたいに、叩いて響くようなものがいいですな。

低音が響くから、これが楽しい

普通のスピーカーと一番違うのは、低音が気持ちいいというところですね。
ウーハーの響きともちょっと違うんだなぁ。

低音が音として聞こえてくるというより、体に響く方が強いのがTOUGH BEAT。

いいっす。

ストーリーを考える

最近は、漫画広告を作ることが多くなってきました。

僕の作例『漫画で読む・東邦大学理学部』

僕がストーリーを練って、現役のプロ漫画家さんに作画を依頼して仕上げます。

絵があるストーリーとは

小説のようなストーリーと、漫画や映画のストーリーでは、書き方が違います。
小説の場合には、心理描写の方が重要になってくるので、かなりラフにストーリーを書いても読者に伝わります。
ところが漫画や映画のシナリオは、情景を具体的に書かないとダメです。
どんな場所でどんな服装のどんな人が何をしているか、ということが書かれていないと、絵や映像にならないからですね。

特に広告漫画や映画は、複数の人たちのチームプレーで作るので、その設計図とも言える脚本は非常に重要です。脚本が曖昧だと、仕上がりが予測しにくく、後で修正が増えて赤字になってしまうなんてこともあります。

シナリオを学ぶと、色々なことがわかってくる

僕はシナリオセンターを修了、つまり専門教育を受けているのですが、これが役に立っています。著書の中で出てくる「言葉のスケッチ」というもの、シナリオセンターで習ったことです。

巷にはシナリオ教室があり、比較的低価格なので、ちょっと行ってみるとストーリーの世界が変わるんじゃないかと思いますよ!

飽くなき好奇心を電子書籍に! 物書き歴30年のノウハウを惜しみなく公開します。