鈴木光司さんにインタビューした時の思い出

大昔に、『リング』の鈴木光司さんにインタビューしたことがあった。
『リング』がヒットして、映画になる頃だった思う。

無我夢中で書いた時が一番

鈴木さんに
「どういう時に売れる作品が書けたのですか?」
という質問に、
「無我夢中で一気に書き上げた時ですよ」
と教えてくれた。

その時に、どんな道具で書くのか、という質問もした。

すると、ワープロ専用機『RUPO』で書いていると言っていた。
発売終了になっていたので、予備を買ってあるとも言っていた。

今は、何で書いているんだろう?

ストーリーの書き方のテンプレート化について

実用本の書き方に関してのテンプレートは、我ながらよく出来ていると思うんだ。
誰でも、シンプルに構成が作れるんだよね。

さて、ストーリーのテンプレートってできるのだろうか。
なかなか難しいなぁ。

昔から、いろいろなテンプレートがあることはあるんだけど、どうもしっくり来ない。
ふーむ、考えよう、考えよう。

三谷幸喜さん、面白いなぁ。

『ラヂオの時間』が好きなんですけど。

今、ケーブルテレビで『ギャラクシー街道』やっている。ちょっと舞台演劇っぽいなぁ。

なかなかラジオドラマが書けない

さて、困った。ラジオドラマが書けないぞ。
年を食ってしまって、軽く書こうという気がないのがよろしくないのかな。
普通のラジオ台本のように、深く考えないで楽に作ればいいんじゃないかと思うんだけど、欲が心得を支配する、ああ、ダメなのね、だめなのね。

ラジオドラマのアイデア出し

アイデアをどうやって引き出して紡ぐか、それが問題ですね。
ポメラのアウトラインプロセッサは、テキスト形式なので、その点が非常に優れているっすね。
キーボードから手を離さずにアウトラインが作れるので、思考が分断されないのがいいのです。

寝床でもポメラDM200でアイデアを記録、うん、いいね。

撮影三昧

連日、撮影ばかりしていますいね。
テレビ関連、映画関連などなど。
台本もいろいろ書いていますね。

映像の台本は、A4が1枚で1分になるように書式が決まったテンプレートを使います。
紙媒体の場合は、文字数か字詰×行数で分量を決めています。

プロの仕事は経験に基づく

上記のように、プロの仕事は分量が重要です。ギャラの根拠になったりします。
なので、例えば1分のインフォマーシャル(番組内の広告)だと、A4が1枚で書き上げます。でも、長年やっていると、ポメラで適当に書いても1分尺の台本が書けちゃいます。

でもね、本当は、フォーマットをきちんと決めて方が安全ですね。
ということで、ポメラを活用するには、最終原稿の形式を考慮して、文字数などを決める必要があるわけですね。

毎晩、役者やモデルと飲み歩く

まぁ、人生50年を過ぎちゃって、番組や映画のプロデュースが増えました。
そうなるとですね、役者やモデルさんと仕事をして、そのまま飲みに行く訳です。
でもね、ギラギラしないし、まぁ、お父さんみたいな立場なので、なんとも言えないなぁ。ドキドキしないんだよなぁ。

毎日が忙しい

毎日、それなりに忙しい桜風涼さんです。

1:公共団体の映画館用CMを作っている。グリーンバックでパペットが動く人形劇っぽい内容。
2:某大学のセミナー映像の素材仕上げ中
3:某映画のプロモーション用インフォマーシャルの撮影と編集。CMも作る。
4:などなど

Scrivenerで実用本『完全解説:カーマ・スートラ』

もうちょっとで『カーマ・スートラ』の解説本を書き上げるんだ。
瞑想を研究していたら、カーマスートラとタントラを避けて通れないんだ。

まぁ、中身は別にして、iPadとScrivenerの相性は非常に良くて、常用の執筆ツールになっている。実際の仕上げ(Kindleファイル化)はMacbookで行う。iPadとMacとの同期はDropbox経由で自動的に行われるんだけど、時々失敗して競合状態(最新がどちらか判断できない状態)になっちゃうけどね。

CG図版もiPadで全部作成

最近の実用本は、図解をどれだけ親切に入れるかで売り上げがけっこう変わってくる。
本当はGIFアニメを作って動く挿絵にした方が電子書籍は未来が広がるかもしれない。
ただ、Kindleはまだそこまでいかないなぁ。

もっと進化してくれKindleさん!

アメリカだと、Kindle端末でオーディブル(オーディオブック)が購入&鑑賞できる。これも日本でやってくれないのかなぁ。

アプリの安定性と文書保護

プロとしてというか、仕事で文章を書くということのポイントを挙げると、マシンの安定性とアプリの安定性の2つを考慮しなくちゃいけないとと思うんだ。

最近のアプリ、例えばWordなどは、自動保存機能やアプリやマシンが落ちた時の直前の状態を復元する機能が付いた。
これは非常に重要で、何時間も書いてきた文書が、なんらかのトラブルで失われてしまう経験は数えきれない。最近はそういうトラブルが減ってきているが、それでも、アプリが落ちて文書がなくなることがある。

ポメラは文書保護で最優秀

そういう意味ではポメラは優秀だ。マシンが落ちることはほぼ経験していないし、アプリが固まるとか保存に失敗するということもない。

そういう意味ではポメラで文書を書くべきだということになる。
iPadも快適になってきているが、やはりアプリが落ちてしまうことは少なくない。先ほどもFacebookアプリが落ちて長い文章が失われてしまった。

ネット接続されているマシンは、ネットの状態でマシンの速度やアプリの動作が縛られてしまうことがある。
Wordがその代表で、クラウド保存の場合には、OSのインターネット機能がトラブルとそれに引きずられてWordも固まってしまう。それで、先日も60分のラジオ台本が吹っ飛んでしまった。

ポメラにはダメな部分もあるのだが、ネットに常時接続されていないからこそ安定しているということも頭に入れておくべきかもしれない。
つまり、ネット回線に依存しない、スタンドアローンな生き方というか、物書き人生を提供してくれているという事だと思うじゃないか!

飽くなき好奇心を電子書籍に! 物書き歴30年のノウハウを惜しみなく公開します。