「DM200」タグアーカイブ

ストーリーが書けるぞ

やっとストーリーの神様が降りてきたぞ。
先ほども、朝マックを食べながらポメラDM200で台本を書いていたんだ。

いつも叫ぶだけの演技しかしない某有名俳優さんが気になって、まぁ、松田優さんですけどね、彼の顔を思い浮かべながら、クライアントプロデューサーの作りたい世界を想像してみたんだ。
すると、書ける書ける。

松田優さん。役者サイトより引用。昇竜拳を打ちそうなマッチョ。自衛官役やヤクザ役がハマる。

ある人物の目線が定規になる

朴訥な自衛官上がりのおっさんの目線を、ストーリーの定規に使うことを思いついた。いわゆるトリックスターになるんだけど、脚本家が目線を決めることで、書きやすくなるですな。

ということで、朝マックを食べながら、自分の脚本で泣けている桜風さんでした。

本日の桜風さん・映画台本

昨日は忙しかった。
1:朝からラジオ台本のチェック
2:都内へ移動(市原・東中野)して、芳本美代子のラジオ番組の収録(60分が2本)
3:千葉駅前に移動し、組合の理事会でプレゼン
4:東中野へ戻って、芸能事務所と映像制作会社の統廃合の打ち合わせ(中堅傘下の制作会社の代取に就任依頼が来る)
5:映画台本の依頼
6:その後にゴールデン街へ。飲んでいたら、面白い人が入ってきて意気投合したら、なんと超有名なアニメーション監督の江口摩吏介さん(銀河鉄道の夜・タッチ・ルパン三世など)。先方は大手から独立して5年目で、出資座組に苦労中、かなりお手伝いできそうで、ビジネスチャンスが拡大中。 7:従兄弟から、やや大きな映像制作の仕事をふってもらい、見積もりコンペ。通りそうなので、かなり助かるのだ。

映画台本を書き始めよう

ということで、映像の制作会社の代表取締役を引き受けてしまったんだ。
そこが3年間で6本の映画を撮ることが決まっていて、その制作というかラインプロデュースをやるんだ。そんでもって、効率化を図るために桜風さんが代表取締役に就任するらしいぞ。

それよりも、その映画の台本を書かなくちゃいけないんだ。
いやぁ、困ったなぁ。今月中に1本目のプロットを出さないといけないぞ。
6本分に係わるので、ちょっと頭を回さないとね。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

DM200が遅いと思っちゃう理由

DM200を使っていると、どうもイライラする場面が出てくる。
そう、「遅い」のだ。
しかし、実際にDM200で作業をすると、結果的には早いんだよなぁ。
不思議だなぁ。

遅いのは起動・ネット・BTだけ

イライラするのは、起動の時とネットにつなぐ時だ。
とにかく、無反応な感じ。
最近のマシンは、処理中には処理中アニメなどが出て、なんとなく誤魔化されるんだけど、DM200はどうも無反応に見えてイライラ。

まぁ、無反応でも電気をなるべき使わないってコンセプトなんだろうなぁ。
それにしても、BTキーボードの接続継続時間をもうちょっと長めにして欲しいなぁ。
ちょっと考え事をするとすぐに接続が切れて「再接続中」になっちゃう。
このようなところが、DM200のイライラの原因ね。

例えば外部電源を使っている時には、BTはつなぎっぱなし、ネットも繋ぎっぱなしにしてくれるとありがたいんだけどなぁ。そのくらい、簡単にできるよねぇ。

でも、イライラしているだけで、実は、全体的にはテキパキ動くので作業効率は非常に速いんだね。
うん、ポメラ愛だ。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

DM200とIFTTTの連携に苦戦中

DM200でいろいろなことをやりたいんだ。
そこでIFTTT(If This then That=もしこれをやるにはアレだよね)サービスを使おうと思ったんだ。IFTTTは、メールフォルダやブログ書き込みなどを監視して、決められたルールで処理してくれるWEBサービスだ。例えば特別なGmailアドレスを作って、そこに送られてきた内容をEvernoteに保存するというようなことだ。

Gmailはサブアドレスが使える

Gmailはよく出来ていて、アカウント名+ラベル@gmail.comとすると、ラベル部分で別々のメールフォルダに自動振り分けができる。例えばabcd@gmail.comならabcd+evernote@gmail.comとするだけ。gmailアプリを開いて振り分け設定をしておけば、メールアドレスに上記のようなevernoteなんて文字列が付いているメールだけを好きなフォルダに自動振り分けできる。

そこでIFTTTでgmailの振り分けフォルダを監視して、そこに何かが入ったら、例えばEvernoteに書き込むなんてことが簡単にできる。

でもね、やってみると、まぁ、ちゃんと改行されなかったり、ダメな感じもするんだ。
もうちょっと研究するね。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

台本脳が起動した

ラジオの構成台本を書いているんだ。
でも、面白くないんだ。
そこで、映画台本形式で書いてみたんだ。
ポメラで書いたんだ。
○出始めると「柱」なんだ。
名前「」で台詞なんだ。
1ページ1分なので、計算しやすいんだ(構成台本のフォーマットも1枚1分だけどね)。

台本形式は創作意欲をかき立てる

さて、今回のラジオは、ちょっとしたドラマを入れたんだ。
ほんのワンシーンだけ、出演者に演技をさせる。
ラジオドラマとは言わないが、それでもお芝居である。

さて、お芝居を書くと急に創作能のスイッチが入った。
もちろん、ポメラで書くからスイッチが入るんだ。いや、入ったままになるんだ。
集中力を切らさないから、いいんだ。

広告も見に行ってね、それが原稿料。
ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

職人気質とDM200は最高ね

ポメラの中で、どれを使うべきだろうか。
ポメラ愛に満ちあふれているだけに、どれと決めたくないのだが、最近はちょっと貧乏なのでDM30を買えていない。お金に余裕が出来たら買おう。 そんでもって、どれが一番かということに関しては、そう、本日、決定しました。

DM200が一番だ!

DM200の唯一の欠点は、起動が遅い、BTキーボード接続が遅い、ネットワーク接続が遅い、つまり、「遅い」。まぁ、通信関係は目をつぶっていいのだが、起動が遅いのは嫌。 そう言う意味ではDM100が一番速くていい。でも、通信がヘボでアウトラインがない。

ということで小生は、DM200がいいのだ。
そして、本日、一番に決定した理由は、Linuxとポメラアプリ(ワープロ)のデュアルブートができるということが分かったからだ。 Linuxを入れると、普通のパソコン並みの使い心地らしい。
うん、つまり、小生はまだインストールしていないのだ。

でもね、そういう未来志向が好き、でもって、そういうことをやっちゃうユーザー諸先輩がいるということも、素晴らしいのだ。

改めて執筆環境を整えてみる

でかいiPad Pro 12.8″を持って歩いていたんだけど、もう、止め!
全部ポメラでいい。どうしてもって時にはiPhone Xで何とかするのと、通信はiPhone経由なのよね。
そんでもって、映像編集や音源編集はMacbook Proでやらざるを得ないので、これは仕方なし。

ふーむ、つまりは、文字に関しては90%はポメラで書くことにしよう。
そうなると、鞄が変わる。iPhoneとポメラDM200が入ればいいのだ。
かといって、小さな鞄である必要もない。
すっと出して、すっと仕舞える間口がある鞄がいいなぁ。

つまり、小生は自由だぁ!
(ナンノコッチャ)

広告クリックしてくれるとハッピーさん!
ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

ラジオドラマの世界

ラジオドラマに苦戦している桜風さんです、日曜の朝、いかがお過ごしでしょうか?
さて、ラジオドラマと映画の台本ですが、何が違うでしょうか?

映画の場合は、台本の書き方で予算が大幅に変わってくる。それを考慮して筋書きを考えたり、シーンの整理を行う必要がある。
例えば宇宙ステーションのシーンを書いてしまうと、大がかりなセットを作らなければならなくなりますよね。こりゃ、お金がかかる。 同じように、舞台となる場所を増やせば、それだけ費用が増えちゃう。それが映像の宿命ですね。

ラジオの可能性は無限

一方のラジオは、何を舞台にしても、いつの時代を舞台にしても、まぁ、予算は変わりません。ラジオドラマで予算に関係するのは、尺と登場人物の数とSE(サウンドエフェクト=効果音)の数だけです。あ、役者のランクによる出演費もありますね。

さて、細かいことは別にして、映画じゃないので舞台や時代を自由に考えて良いし、お化けが出てきてもCGを使う必要もないのがラジオです。

さて、そういうことを僕も頭にもう一度置いて、つまりは、すべてポメラの中で書けるのがラジオドラマですから、ちょいと、頑張ろう。


にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

ポメラDM200とDropboxの連携方法を発見、これは便利

ポメラの文書をパソコンに送る方法はいくつかあると思います。
僕が使っているのは、DM200の「アップロード」の活用です。
この「アップロード」は、GoogleのGmailへのメール送信機能です。つまり、編集している文書を「題名=ファイル名」、「メール本文=文書」として任意のアドレスへメール送信します。

Dropboxへファイル保存はSendToDropboxサイトを活用

さて、Gmailで文書を送信するのはいいのですが、結局はメール本文として保存されるだけなので、ちょっと使いにくいのです。

そこで見つけたのが「SendToDropbox」 というサイトです。このサイトは無料です。ここで取得したメールアドレスへメールを出すと、Dropboxにファイルとして保存してくれます。

つまり、このサイトと自分のDropbox(のアカウント)を連携すると、専用メールアドレスを作ってくれます。そのメールアドレスへDM200からメール送信(アップロード機能)すると、自分のDropboxの中のsendtodropboxというフォルダにファイルとして保存されます。

ただし、通常設定は、メールの添付ファイルがDropboxに保存されます。ですから、このままではDM200の文書は保存されません。

そこで、SendtoDropboxの設定を変更します。メール本文を保存するように変えるのです。

これで、Dropboxにファイル保存できます。

でもね、文書の長さはメール本文の長さ規定に従うので、何万字ってのはダメっぽいっす。
それから、ファイル名は毎度毎度「Body.txt」になります。上書きされないように、上の画像のようにIndex the fileにチェックボックします。

DM200でFlash Air

ポメラDM200にFlashAirを刺して使っています。
DM200はFlashAir(SDカードにメモリーとWiFi機能が入っている)に対応していないのですが、刺せばFlashAirの通信機能がオンになって、ネット経由でFlashAirの中味を読み出せます。

DM200の電源は大丈夫

DM200にも通信機能が入っていますが、様々な制約があります。特に5万字を越える文章のやり取りは出来ないといった方がいいっす。 そこで、FlashAirを使います。FlashAirはWiFi経由でSDメモリーの中味にアクセスすることができます。詳しくはこのブログの過去を探してみて下さい。

さて、実際に運用を続けていますが、そのレポートをしておきます。
まず、FlashAirの通信機能の電源は、もちろんDM200から供給することになります。ですから、FlashAirの通信機能が使われるとDM200の電気がかなり食われます。残量表示を見ていると、どんどん減るという感じです。

FlashAirの通信電源を自動オフ1分に

でも、それじゃ使えないので一工夫。FlashAirの設定アプリ(iPhoneやパソコン用)から、通信の自動オフの設定を最短時間の1分にします。こうするとiPhoneやパソコンとつながないでおけば、電気を余分に食われることはなくなります。 実際に使ってみると、DM200の電源を入れた直後はバッテリーの残量が1~2%くらいすぐに減ります。でも、その後は今までと同じような減り方になります。

iPhone等の自動接続に注意

iPhoneからFlashAirへつなぐには、FlashAirがアクセスポイントになるので、そこにWiFiでつなぎます。これがちょっとキモで、iPhoneを屋外で使っていると、使えるアクセスポイントを見つけて自動接続します。ですから、屋外などでDM200を起動するとiPhoneがFlashAirに接続してしまいます。つまり、使おうと使うまいと自動接続されるのです。 自動接続されると困るのが、先ほどの電気を食うことです。iPhoneは接続されているとFlashAirの電源が入りっぱなしになるからです。

ですから、自動接続しないように設定します。

また、DM200のバッテリーの減りが早いと感じたら、ちょっとiPhoneのWiFi設定を見た方が良いかもしれません。

実際に使い続けてみると

DM100とDM200でもっとも変わったと思うのが、やはり電源ですよね。
DM100では電池残量なんてあまり気にしせず使っていました。空に近くなったら電池はどこにあったっけ?と考えるくらいです。
DM200は残量が%表示になったので、なんだか気になります。わたしだけでしょうか? 画面右下のバッテリーマークも大雑把なので、なんだかすぐ減っていくように見えます。

さて、みなさんは、DM200を満タンにしたら、どのくらい使い続けて、次に充電するのはいつでしょうか?
僕は、どうも臆病なのか、家に帰ったら充電してしまうのですが、そんなに気にするほどのことじゃないのかしら。

ということで、充電しないで何日使い続けられるのか試してみました。
といっても、僕は職業的に文字を書いているので、一日の使用時間は結構長くて、5時間くらいですかね。
カタログスペックだと18時間でしたっけ。だから、私の使い方だと3日くらいで空に近づく感じかな。
ちなみに残量が30%になると通信しようとすると警告が出て、20%で通信不可能になります。

確かに、まぁ、一日5時間で3日くらいかなぁ。もっと短いかなぁ。

設定はこれ

ひとまず、こんな設定で使っています。
1:DM200の電源設定「オートスリープ3分・オートパワーオフ30分」
2:FlashAirの自動電源オフ1分

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

ポメラのアウトライン

ポメラのアウトライン機能で効率よく執筆するコツを考えています。
基本的には自動記述テンプレートを使うべきなのですが、ポメラだとちょっとつらいっすね。

ポメラのDM200とDM30に搭載されているのがテキストベースのアウトラインプロセッサです。DOSの時代には色々なテキストベースのアウトラインプロセッサがあったのですが、現在はWindowsで動くTOMBOくらいが生き残りかなぁ。

テキストベースというのは、文字修飾機能のない、アスキー文字だけで構成できるアウトラインプロセッサです。表計算ソフトのCSVファイルみたいなものですね。 まぁ、アウトラインプロセッサの説明は長くなるのでこのくらいにします。

アウトラインプロセッサでの執筆のコツは?

アウトラインプロセッサは、章・節・項などの階層構造で文章を書くためのツールです。でも、項目ごとに文章を分類する簡易データベースとしても使えます。 つまり、本文も階層で書けるし、メモや調べた情報を項目ごとに貯めておくことも出来るわけです。

台割を作って書くのがベターだけど

自動記述テンプレートは、思いついたことを章ごとにまとめていって、最後に肉付けする手順で執筆します。これは最終形を頭に置きながらゴールに向かって執筆するプロ御用達の執筆方法です。詳しく書けば、雑誌などを作り上げるのは台割という目次を詳しくした設計図を先に作ります。どの章が何ページ分でその中にどんな節(中味)を持ってくるかということを先に決めるのです。そうすることで、途中で書くことにもよっても前後のつながりから脇道にそれずに書けるわけです。

※自動記述テンプレートは、僕の「超入門・実用本の書き方・入門」に使い方などが書いてありますよ。

書籍本文と気付いたメモを並列に書こう

一方、もっと自由に散文的に書くことも出来ます。散文調に適当に書いていって、後で順序を入れ替えてまとめる書き方です。失敗の多い書き方でもありますが、自由に書けるので執筆は楽かも知れません。

そこで登場するのがアウトラインプロセッサです。
散文調に書いても、その順序を簡単に入れ替えることができるのです。自動記述テンプレートの場合は、文章の順序を入れ替えるのがちょっと面倒で、融通が利かないっすよね。でも、アウトラインプロセッサなら入れ替えは簡単です。

アウトラインプロセッサを使った書籍の書き方は簡単です。
とにかく思いついたことを「行頭記号」を付けて書くだけです。行頭記号というのはポメラの場合には「.」か「#」です。僕は#を使っています。プロの編集現場も#を使うので、そのまま入稿できます。#の個数で階層が決められます。#の数が増えると階層が深くなるのです。具体的に言えば#で章、##で節、###項というようになります。

まずは適当にメモ書き

アウトラインプロセッサに決まった使い方というのはないと言うべきなんですが、僕はまず、「#アイデア」という章を作って、その後ろに思いつくだけアイデアのメモを書きます。そのうちに、「##人物」とか「##出来事」のように分類できるようになるはずです。 分類が増えてくると、こんどは、その分類で似たものを集めていきます。
すると、なんとなく本の構造が見えてきます。というか、本にするべき事が何かが見えてくるのです。

分類が出来たら章立て

分類が進むと、章立てができると思います。ここからは「実用本の書き方」にあるように、5つの章に分けていきます。本書をお読みになった人はお分かりかと思いますが、4章+1章ですよね。 章立てができたら、次は節立てです。

ということで、最終的には5章5節5項を目指して書き込みをすればいいのですね。

ポメラの高速アウトラインプロセッサを多用しよう

ポメラのアウトラインプロセッサは非常に高速です。パソコンを使いたくなくなるほど高速です。
ですから、これを使わないのはもったいない。
アイデアをどんどん文字にして、並べ直す作業を繰り返すと、それだけで本が書けると思います。

さて、書きますか。

僕は若い時にはアウトラインプロセッサで原稿執筆をしていました。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ