久々に百科事典を買いました

約25年?ぶりに百科事典を買いました。

といってもぶ厚い本じゃなくて、もちろん電子版です。
【ブリタニカの国際百科事典】です。
実は、僕が物書きとしてお金をもらうようになった二十歳過ぎに、ソニーのDATA Discmanが出て、そこでEG-Wingだっけかな? つまりCD-ROMの小さなカセット版の電子書籍が出てきて、そこにブリタニカ小項目百科事典というのがラインアップ。
当時で8万円くらいじゃなかったかなぁ。つまり、電子書籍のいちばん初期で、その当時で一番高い商品だったと思う。

それをデータで吸い出して、DOSマシーンに入れて、どこでも百科事典が引けるという環境で執筆していました。

まぁ、今の時代、ネットで検索すればいいのですが、検証済みの情報として百科事典は、ちょっとだけ有用です。

実際に入れてみると、まぁ、なんだろうなぁ、検索して出てくる情報は500字くらいで、Wikiの方が断然詳しい。ただ、小説への引用には、600字くらいの方が使いやすいという印象。

優れているのは、データの比較かなぁ。全世界の人口比較とか、そういう白書的な情報がけっこう充実しているので、そこれは使える。掲載は2013年度資料ですね。
それから、世界遺産の登録数の世界比較も面白い。
多いのは、アジアでは、インド、イラン、中国ですね。日本は比較的少ない。
つまり、観光資源という意味では、日本はやっぱり狭いんだな。

などなど、物事の判断基準にするのに優れています。

まぁ、百科事典というのは、検索用の資料集というよりは読み物だと思っています。
関連事項を600字くらいで網羅しつつ、どんどん読み進めて知識をぶ厚くするツールです。

桜風さんの最新刊は「文章の書き方」ですが、その中で言葉のスケッチそ推奨しています。
スケッチの最終的な完成形は、実は百科事典なのかも知れない。

などなど、百科事典な桜風さんです。

桜風涼 について

はるかぜ すずし
1965年生、慶應義塾大学法学部卒。
作家・脚本家
日本児童文芸家協会会員
シナリオセンター修了

大学時代の専攻は、犯罪学・被害者学・刑事政策・法医学など。
特に法医学は、筆者が学んだ年のみ、慶應の医学部で授業が行われ、よりリアルな研究を行った。
特に法医学では、期末試験のために、教えた教授が筆者にノートを借りたほどの熱心さ。
その1年間の授業をまとめたノートは五冊にも及ぶ。
当時の写真資料は、すべて手書きの図版に書き起こされているほど、法医学への熱はすごい。

1996年、ソネット・クリエーターズ・ガレージ最優秀賞
2003年、劇場映画【ベースボールキッズ】で文部科学省選定作品
2005年、同上、小説「ベースボールキッズ】出版
その他、著書多数。
2000年より映像作品が多く、テレビ番組、CM、映画などで活躍。

1995-2000年:コンピューター雑誌のライターとして、多い時期で月に14連載をもつ人気。
技術書の執筆は15冊。

2000~は映像が主流に。
映画監督、テレビディレクター、CMプランナーとしても有名。
2009年前後は、年間200本ちかいCMを制作していた。
また、旅番組では電波少年で有名になった「なすび」と共に、数多くの名所を探訪。
温泉にも造詣が深い。

雑誌やテレビ制作を数多く手がける一方で、小説は地道に書き続けている。

著者インタビューを受けました。
「きんどるどうでしょう」
http://kindou.info/7229.html

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す