遠隔ウイルス事件、不自然!

なんだか、国家の動きが怪しい。
憲法解釈にしても、美味しんぼにしても、様々な部分で国民を欺罔してコントロールすることを是としている気がする。

遠隔ウイルス事件について、以下、分かっていることを列記。
1:片山被告が姿を消した。
2:携帯電話を埋めているところを警察が見ている。
3:その場所で埋められた携帯電話が出てきた。
4:その携帯に、真犯人が送ったとされるメールの痕跡と被告のDNAが見つかる。

【考察】
不自然なのは、被告本人名義の携帯電話はすべて没収されていて、弁護士と連絡を取るためのスマホは、警察も知っているもの。
それを使ってメールを出すわけはないし、今回見つかった、埋められた携帯電話を被告がどのようにして入手できたのか? 警察が河川敷で埋めているところ見ているくらいマークされている被告が、非合法な携帯電話を入手するなんてできるのか?
というより、そんなやばい携帯電話を入手すること自体が保釈中の被告にとって自殺行為。そんなことやるほど馬鹿なのか、真犯人は!

一〇〇歩譲って、携帯電話を入手したとする。
その足の付かない携帯電話をなぜ埋める必要があったのか? メール送信には、被告人本人のアリバイ作りが必要なはずで、自分が居る場所から送信したんじゃ駄目。だから、時刻指定で自動メール送信しないといけない。携帯電話にそんなソフトを仕込むのか? 不自然きわまりない。そんなこと、できるのか?

1000歩譲って、自動送信できるとしよう。自動送信できるなら、埋める必要がない。どこかに置きっ放しでいい。拾われたとしても、自動送信だから、問題ない。むしろ、誰かに人って拾ってもらった方がいいんじゃないか? 一時的に、その人が送信者になるじゃないか! 未送信で携帯が見つかったとしても、その動作が止められてメールが送信できないとしても、その中にメールがあり、世間に公表される。送信されたのと同じ結果なのだから、埋めて送信する必要がないのだ。

10000歩譲って、全部被告がやったことにしよう。ではなぜ、警察は、携帯を埋めている被告をその場で逮捕しなかったのか? いや、埋めている姿を納めた映像や写真はあるのか? 保釈中の彼の不自然な行動を発見したなら、すぐに携帯を掘り出して証拠として、緊急逮捕もできたんじゃないのか?
いや、その場で逮捕しなくても、完全にマークすればいい。
河川敷まで尾行して、不自然な動作をした被告を、なぜ警察は見失って、いま、行方不明なのか?

ちょっと推理しよう。
【その被告が行方不明。その理由は?】
1:秘密裏に逮捕されている?(殺されているを含む)
2:本当に逃げている?(自殺しているを含む)

そして、今回の情報リーク(警察か検察経由)は、なぜ被告の会見の直前に行われたのか?

【勝手な推測をすると、】
1:裁判で負ける公算が強くなった。
2:それだと、警察・検察のプライドが許さない。
3:会見で勝利宣言でもされれば、さらに恥をかくことに!
4:だから、なんでもいい(証拠ねつ造でもいい)から、何とかしてしまえ!

こんなことでないことを祈る。
本当は、片山被告が真犯人かも知れない。
でも、正当な手続きのない逮捕や起訴は国家の暴走だ。
正義の名の下に、戦時中の秘密警察に殺された人はたくさんいる。
戦争をバックにした国家は、なんでもアリ。その片棒はいつもマスコミと教育が担ぐ。

さて、今回、そんな国家の暴走じゃなく、オタク犯罪であることを祈りつつ、片山被告の命がありますように。

自殺した被告人が発見された、なんて報道は聞きたくない。
遺書に自白付きなんて、まっぴらだ。

桜風涼 について

はるかぜ すずし 1965年生、慶應義塾大学法学部卒。 作家・脚本家 日本児童文芸家協会会員 シナリオセンター修了 大学時代の専攻は、犯罪学・被害者学・刑事政策・法医学など。 特に法医学は、筆者が学んだ年のみ、慶應の医学部で授業が行われ、よりリアルな研究を行った。 特に法医学では、期末試験のために、教えた教授が筆者にノートを借りたほどの熱心さ。 その1年間の授業をまとめたノートは五冊にも及ぶ。 当時の写真資料は、すべて手書きの図版に書き起こされているほど、法医学への熱はすごい。 1996年、ソネット・クリエーターズ・ガレージ最優秀賞 2003年、劇場映画【ベースボールキッズ】で文部科学省選定作品 2005年、同上、小説「ベースボールキッズ】出版 その他、著書多数。 2000年より映像作品が多く、テレビ番組、CM、映画などで活躍。 1995-2000年:コンピューター雑誌のライターとして、多い時期で月に14連載をもつ人気。 技術書の執筆は15冊。 2000~は映像が主流に。 映画監督、テレビディレクター、CMプランナーとしても有名。 2009年前後は、年間200本ちかいCMを制作していた。 また、旅番組では電波少年で有名になった「なすび」と共に、数多くの名所を探訪。 温泉にも造詣が深い。 雑誌やテレビ制作を数多く手がける一方で、小説は地道に書き続けている。 著者インタビューを受けました。 「きんどるどうでしょう」 http://kindou.info/7229.html
カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す