独り言

誤字脱字ねぇ、そうですね。
誤字は、ごめんなさい。変換ミスです。

脱字ねぇ、これは、ほぼワザトです。
読んだだけでは頭に入らないので、その部分に注目して欲しいということですね。
でも、その書き方に違和感のある人がいるんですね。
はい、分かっています。それも仕方ないのです。

さらに、〜など〜などと続けているのも、ワザトです。
これも同じで、目立たせたいのです。

でも、定番の書き方じゃないと腹が立つ人がいるんですね。
はい、承知しました。

本日も、旅先執筆したいぞ!

昨日は、1件目が14〜15時、2件目が21〜23時というスケジュールでした。
15〜21時の6時間の空き時間ですが、キャンピングカーは快適、のんびりと夕食と執筆の時間が取れました。

昨日も書きましたが、キャンピングカーの入門書を執筆チュウ。
いつも文字で書き過ぎているので、もう少し簡潔にまとめないとなぁ。

ぎょ! ですます調とである調を間違えた!

高速モードでキャンピングカーの本を書いています。
昨日は約7000字書いて、本日は2時間で4000字ほど。

ああああ、昨日は「である調」だったのに、今日は「ですます調」だぁ!

常体と敬体といいますが、やっちゃいました。

どっちにしようかなぁ、そろえないと!

軽キャンピングカーの本、書き始めました!

急に思い立って、軽キャンピングカーの本を書き始めました。
大好きな担当編集者の池谷さんがFBにコメントしてくださって、スイッチオン!

一週間くらいで書き上げたたいなぁ。

今回のペンネームは「金澤一馬」です。
僕の家は会津藩の普譜方(建築関連の武士)で、戊辰戦争で負傷して新潟へ逃げます。そこで農家に匿われて、そこの娘さんと結婚。会津の姓を名乗ると殺されるので、農家の家の名前を頂き、それが今の渡邊、元の姓は「金澤」です。
ということで、先祖の名前を復活させるため「金澤」を使います。

新作「酒を飲む酒3・女と男と女」・誤字修正

新作「酒を飲む酒3・女と男と女」の誤字を修正いたしました。
ご購入頂いている読者の皆様には、自動更新が行われると思います。
(Kindleからメールが行くかも知れません)

今回の修正は、真柄さんからのご報告で実施しました。
ありがとうございます。

NO.100手前
その女がそこに入れさえすれば十分幸せである。
その女がそこに居れさえすれば十分幸せである。

NO.424
お店の舵で→火事で

NO.551
正義感という名の得たのしれぬ規範
正義感という名の得体のしれぬ規範

NO.1007
女は、どうしたいいのと聞く、男は【答え】を考える。
女は、どうしたらいいのと聞く、男は【答え】を考える。

NO.1029
それならU子だろうか?それはあり得る。36歳のU子は、シンプルな化粧だが、それを書かすことがなく、俺はノーメイクの彼女を見たことがない。
それならU子だろうか?それはあり得る。36歳のU子は、シンプルな化粧だが、それを欠かすことがなく、俺はノーメイクの彼女を見たことがない。

「酒を飲む酒3」を書き上げました。

やっと、書き上げました。
一部に熱狂的な読者様のいる、このシリーズ。
やっと第3弾が書き上がりました。
あとは推敲と校正を行います。

まぁ、いいんじゃないなか。
1〜3まで読むと、何かつかめるんじゃないかなぁ。

近日、公開です。