おっとやってしまった!

「3日間で書ける、テンプレート式・実用本の書き方」ですが、

そのテンプレート、結局、マクロを組んでしまった!

Excelのマクロで、空欄に文字を埋めてゆくと、あっという間に詳細な目次が出来上がり、本文は200〜400字くらいの小さな文章を埋めていくだけ。

つまりTwitter二本くらいで、一項目ができちゃう。
メール打つだけでひいひい言っている弊社のスタッフも、
「これなら僕でも書けそうですね」
と叫んだ!

新テンプレート01

「3日間で執筆して出版!・テンプレート式・実用本の書き方」校正終了!

さすがに、一度書き上げているだけあって、校正もすぐに終了!

いよいよ出版手続きに入ります。

ただ、価格をどうしようか、悩んでいるのだ。

色々な戦略があるので。

ふーむ!

「3日間で執筆して出版!・テンプレート式・実用本の書き方」ついに書き上げた!

実用本表紙

 

やっと書き上げました!
あとは推敲と文字校正だけです。

これからKindle形式で出力して、Paperwhiteで校正します!
途中で、またアイデアがあふれ出ないことを祈ります!

さあ、頑張ろう。

あ、表紙は修正入りますよ!

総合96位!【どう稼ぐ? 就職しない生き方(桜風涼) Kindle本】

どう稼ぐ
どう稼ぐ? 就職しない生き方
(桜風涼) Kindle本

おおお、Kindleストアで96位にジャンプアップ!
「人気」マークが付きました!

しかも、100円本じゃなく、500円のまともな価格で勝負しています!

皆さん、ありがとうございます!

次作「3日間で書いて出版・テンプレートで出す、実用本の書き方」(仮題)
鋭意執筆中です!

【どう稼ぐ? 就職しない生き方】Amazon: Kindleストア 有料タイトル – 154位

ちょっとキャンペーンをやったのですが、その結果、総合ランキングで154位にランクアップ!
キャンペーン後の売り上げも好調で、機能が250位くらいだったので、さらにランクアップ中。
逆に、「誰でも書ける・ストーリーの書き方・入門」は安定横ばいです。
こっちもキャンペーンやろうかなぁ。

テンプレート式、3日間で書いて出版・実用本の書き方

今のスケジュールだと、
1日目:目次とあらすじ
2日目:30ページ分執筆
3日目:出版手続き
となるんだけど、1日で30ページ分も書けるのか、そこがネックだという意見をいただく。
まぁ、確かに、けっこうな原稿量で、僕でも調子がよければ書けるけど、という分量だ。

実は、目次を作る段階で、かなりの部分が書き込まれている予定なんだ。
それでも30ページ分(400字原稿用紙が30枚)はつらいかな。

ちょっと検討します。

「3日間で書いて出版!テンプレート式・実用本の書き方」執筆終了

やっと書き終えました!

思いつきで「3日間で書ける」なんてやってしまったので、全体構成まで変わってしまいました。
実際に講義方式にすれば、2日間で書いて出版できるかもしれないなぁ。

1日目:基礎知識と目次の作成
2日目:執筆と推敲
3日目:表紙作り、KDPの登録を出版

30ページくらいの実用本をこのようなスケジュールで完成させます。
まぁ、書くことがなければ一年あっても書けないですね。
つまり、何か書きたいことがあれば3日あれば出版できるといえますね。

3日間で本を書いて出版する技:1

ちょっとだけ3日間でミニ本を書く技を紹介します。

本を書くには、まず、テーマを絞り込む、つまり明確にする必要があります。
たとえば釣りの本を書くとします。
『本当に釣れる本』なんていうテーマは、かっこいいのですが、漠然としすぎています。
釣りといっても、海釣りもあれば川釣りもある。海釣りにしたって、磯釣りもあれば防波堤もある。要するに、テーマが広すぎると、書く方も大変だし、読む側が選べない(自分に必要な情報があるのか判断できない)。

そこで、テーマを絞り込む必要があります。
たとえば釣りなら「最高級釣具で楽しむ、貴族のハゼ釣り大全」
みたいなことです。具体的な絞り込みは、今書いている本の中で練習問題を用意してあるので、鍛えますよ!

テーマが絞れたら、今度は目次作りです。
どんな本でも、とりあえず5つの章に分けるのがコツ。
さらに、本は「カタログ型」と「教科書型」があります。図鑑はカタログ型ですね。学校の教科書や論文は教科書型ですね。
どちらのタイプにするのかで、目次の構成が違ってきます。

などなど、テンプレートを用意したので、それに書き込んでいくと、1日目で本の土台が完成し、2日目に楽々執筆、3日目に表紙を作って出版手続き!

本書(題名まだ決まらない)「3日間で本を書いて出版する技」の本の概要です。

3日間で本を書いて出版する技

実用本表紙

 

この半年、実用本の書き方を教えて欲しいという案件が多かったので、本の書き方の解説書を書き始めて、ああ、もう1ヶ月! 書き上がったところで表紙を作っていたら、
「社長のノウハウなら、3日間で1冊書き上げられるんじゃないですか」
と、弊社のスタッフの意見!

確かに、200ページの本を3日間で書くことは難しくても、1冊100円のミニ本なら書けるなぁ、と。

そこで、タイトルも精査しなくちゃ、本文も加筆しなくちゃ、というのが現在。

そうだなぁ、タイトル案
『ミニ本を3日間で書こう【テンプレートで楽々、本の書き方】』
『3日間で書ける!【テンプレートでミニ本:本の書き方】』

もっとダイレクトに『3日間で100円ミニ本を書く方法』

『たった3日間であなたも作家デビュー:テンプレート式本の書き方』

これもいいなぁ。

どうでしょう?