「日記」カテゴリーアーカイブ

本日は映画のMAと皮膚炎のココロだ

今日は、アイドルグループ主演の映画のMA、つまり音の仕上げ作業をしたんだ。雑音を消して、異なる条件で録音した音を同じ音(同じ場所で録音したと思える音)に聞こえるようにする作業だ。
先日、発見した700円のヘッドホンが大活躍ですよ。
それにしても、いい映画だなぁ。泣いちゃったぜ。その泣けるシーンの音も、非常にいい状態で役者の感情を伝えてくれているぜ。
このMA、8時間もかかってしまった。予算があればもっと細かくやりたいんだけどね、ひとまず、普通の映画と同じレベルの仕上げで終了だ。

皮膚炎が最悪の状態になりつつある

皮膚炎で真っ赤に腫れて、死にたくなるぜ、トホホのホ

去年の12月初頭に蕁麻疹と診断された目の周りの湿疹が、首に広がって、今日は朝から真っ赤に腫れ上がってヒリヒリしつつも非常にかゆい。掻けば掻くほどヒリヒリして、さらにかきむしりたくなる。
先日までは市販のオイラックスAが気休めになっていたんだけど、今日は、肌がオイラックスさえも受け付けない。
病院で処方されたステロイド剤も塗るとヒリヒリ真っ赤っか。

この状態なので、とにかく集中するのが難しい。とにかく首を触りまくるので、どんどん悪化しちゃう。
困った困った、眠れないし。

昨日は富山で旧友と13年ぶりに、あんなこと

昨日はインタビュー撮影で富山へ。
土地勘がないので、地元にいる旧友というかねぇ。かつて日本水泳連盟のオブザーバー委員をやっていた時に、サンディエゴで開催されるオープン・ウォーター・スイミング(OWS)の大きな大会に、日本代表の選手を連れて行った。その時の選手のAくん、オリンピックにも出場した名選手なんだけど、彼は今、富山地元のテレビ・ラジオ局の局員なので、電話リンリン。

するとAくん、ありがたいことに会社の半休を取って、僕の撮影に付き合ってくれたんだ。
非常にありがたかったなぁ。

そんでもって、いつも反省しちゃうだけど、写真とればよかったなぁ。

さて、13年ぶりくらいなんだけど、1週間弱だったかなぁ、一緒にアメリカへ遠征して、いろいろ話して、そんな彼が、僕と同じ映像業界に就職して、ああ、何だか感慨ふかし。

そんな彼が、また、水泳界に戻ってこないのかと思って聞いてみると、あはは、やっぱり、地元にOWSを誘致するようなことを考えていた。
そこで、我が友人の日本水連の理事Sちゃんに、すぐに電話。
『Sちゃん、元気?』
『おひさしぶり、けんちゃん(僕)元気?』
なんてことで、Aくんにつないで、もともとAくんはSちゃんの元でOWSの選手をしていたので、もちろん知り合い同士。Aくん、遠慮して挨拶だけして僕に電話を戻しちゃううから、Sちゃんに
「Aがさ、水連に戻りたいってよ。富山湾でOWS大会をやりたいってさ」
と焚き付けて、再びAくんに電話を投げる。何やら10分ほど話し合ってる。電話を戻してもらってSちゃんと話すと、いい話だ、ありがとう、ってな感じ。
青春を水泳に捧げてきたAくん、一度は離れたものの、さあ、また青春したまえ!

本日の取材撮影ってココが得意なんだ

今日は富山で、某大手広告会社の営業さんの紹介表彰用のプロモーション映像の撮影。
急に人手の穴が開いて、3日前に呼ばれたんだけど、クライアントさんも受けた側も手探りでバタバタしている。
こういう現場ほど、萌えるなぁ。

完成イメージが共有しにくい作品だ

たくさんの人を3チームで撮影するんだけど、最終的な登場人物が30人を超える。これを何千人もの集まる会場で見せるんだけど、どうやっても飽きることが予測されている。
しかも、全てがモザイク状に撮影編集されるので、みんな手探りだ。
さらに、映される側が撮られ慣れていない、インタビューに慣れていないので、どうしても絵面が面白くなくなっちゃうし、緊張している絵になるので、見ていて疲れちゃうはず。
そして、撮り手が複数いて、みんなぶっつけ本番になっちゃう。しかも、全部地方で撮り直せない。

あはは、面白いぞ

こういう作品が得意なんですよ、僕は。
ポイントは、被写体が楽しそうに光っているかどうか。実はそれだけで十分に面白い。
後は映像に関しても、まぁ、どうにでもなるよ、あははのは。

ということで、クライアントさま、他のスタッフの不安は僕には関係なく、十分にハッピーな桜風涼さんです。

え? なぜか? だって若い時に女性週刊誌で散々やってきたのと同じだもん。
何の前情報もなくインタビューに行って、相手先で面白そうなことを引き出して構成。
15分あれば、まぁ、なんとかなるし、1時間もあったら、お釣りが来るはず。
でも、相手次第ってこともあるけど、表彰される営業マンなので、ノー心配!




痒みで眠れないのココロだ

今日の痒みはひどい。アトピー性皮膚炎なのか、花粉症なのか、よくわからない。そして、ステロイド系の軟膏が皮膚炎を悪化させるので使えないということ。
今日の湿度が35%と低めで、感想が良くないのかもしれない。
ラジオ収録の疲れかもしれない。

3時間後には富山へ向けて出発しなければならないんだ。
ただ、今回は演出で行くので、荷物はほぼない。荷物がないということは、それだけ気を使わずに済むということで、それはハッピーだ。



眠れない

ブログの更新時間を見ていただくと、いつも午前3時過ぎまでアップしているのにお気付きの方もいるのではないでしょうか。
そう、眠れないのです。
昨年末から蕁麻疹がひどくて、それがアトピー性皮膚炎に発展して、痒くて眠れないのです。そして、体が疲れきって初めて眠れるのです。
でも、数時間して、また痒みに叩き起こされます。それが3ヶ月続いています。
今日もひどくて、眠れません。一度寝ようとしたのですが無理です。横になりたいけど、横になるのが怖いのです。
ステロイド剤入りの軟膏にもアレルギー反応が出ます。だから、軟膏は塗れません。

という愚痴でした。

ご先祖様からのメッセージ

先日、たまたま某Fテレビのロケで札幌に行きまして、明治維新の時の戊辰戦争で戦った会津藩士のご先祖様のお墓を発見しました。
会津藩士だったので、土方歳三らと共に戦って五稜郭で終戦を迎えて、そのまま札幌に移住したとのことです。

明治維新のご先祖のお墓を札幌で発見

ざっくり言うと、ちょっと霊感が働きまして、今回の取材を受けて二泊三日のロケに出たのですが、ロケ当初からラッキー続きで、その最終日の撮影途中で、たまたまお弁当を買いに出たら途中に霊園がありまして、寄ると我が一族のお墓を発見。
ぼくは元々、直系長男の家柄ですが、祖父が家督放棄で浪人のような身分です。なので、本家のお墓については、場所くらいしか知らなかったのです。その(真の意味の)本家さんも子供がいないので、絶えちゃうのかなぁ。

陰陽師から電話が来る

さて、お墓を見つけて、お参りしまして。そこには明治維新の時の当主のお名前「金沢定吉」とあります。

さて、我が一族の母方には霊能力者がいっぱいいるのですが、その一番親しい叔父に、この件を報告すると、翌日、ご先祖様が枕元に立ったらしく、お告げの電話が来ました。

「どうも、その『定吉』さんというのは、本当のお名前じゃないらしいぞ。」

明治維新で負けた会津藩の武士は、本名を名乗ると殺されてしまうので、名前を変えた人が大勢います。我が家もそうで、今は「渡辺」ですが、本当は「金澤(かねざわ)」です。ですから、お墓にも「金沢」と刻んであります。

と、ここまでは親戚から聞いていた話なのですが、下の名前も変えていたらしいのです。
会津藩の藩士名鑑に資料が残っていまして、金澤家の家系図の最後は『金澤治右衛門勝政』と書かれています。

ただ、年代では1800年代(享和)なので、勝政さまではないのかな。
あ、こちらは、要職以上の代表的な人が載っているんだ。

人別帳の最後(明治元年)は、『金澤久右衛門』となっています。
うん、こちらが『定吉』さんですね、きっと。





TOUGH BEAT が面白すぎる!

貼り付けると、そこがスピーカーになるBlueToothオーディオユニットが面白いっすねぇ。
クラウドファンディングで去年の年末に投資した?のが送られて来て1週間。
いりいろな場所に貼り付けて音楽を楽しんでいるのだ!

薄くて硬い板状のものがいい

壁などに貼り付けると、そこがスピーカーになるというのがTOUGH BEAT
机でも扉でも、なんでもいいのですよ。
しかも、防水なのでお風呂場でもオーケー。

さて、実際に貼ってみると、貼った場所によって音が大きく異なります。

ユニットバスの壁なんてサイコー!

車のボディーもサイコー!

つまり、太鼓の皮じゃないけど、比較的薄くて響く素材がいいですね。
高級なテーブルの分厚い天板は、あまり響かないっすね。
壁だと石膏ボードはよく響きます。逆に柱はあまり響かない。

桐のタンスは響くかと思ったらそうでもない。
フローリングの床もそんなに響かない。

ということで、家中の色々な場所に貼り付けるんですが、結局、太鼓みたいに、叩いて響くようなものがいいですな。

低音が響くから、これが楽しい

普通のスピーカーと一番違うのは、低音が気持ちいいというところですね。
ウーハーの響きともちょっと違うんだなぁ。

低音が音として聞こえてくるというより、体に響く方が強いのがTOUGH BEAT。

いいっす。