「IQOS」カテゴリーアーカイブ

iQOS 3 DUO 来たぞ!

iQOSの月額定額サービスってのが始まったので、申し込んで、最新式の『iQOS 3 DUO』がやっと到着したんだ。

iQOS 3 DUO 一回の充電で2回吸える。

サイズは、これまでのiQOS 3と同じで、2回吸い終わってからの充電時間は2分30秒と、これも同じ。
そんでもって、充電ホルダーも全く同じサイズなので、今までのiQOS 3のホルダーも充電できるし、その逆でiQOS 3の充電器も相互に使えるぞ。

充電が速いぞ!

充電器とホルダーの充電ランプが2つになった。一回吸うとホルダーの充電ランプが1個減る。
1本吸った状態で充電器に入れるとなんと10〜40秒くらいで満充電! あれ、速いなぁ。

さらに、2本すってホルダーの充電を空?にして充電器に入れると、あれれ? 充電器側は1個しか減ってないなぁ。この状態からの充電時間は2分30秒。

たぶん、ホルダーの電池は空じゃなくて、2回でストオップがかかるだけなんだろうなぁ。そんでもって、連続して吸えるように使用電力を最適化しているんだろうなぁ。

Bluetoothのペアリングができない

さてはて、吸い心地などはiQOS 3と同じで、連続吸いができるのはかなりハッピー。
あれれ、スマホで様々な機能設定や充電状況がわかるのが とくちょうなんだけど、ペアリングができないぞ。機器検出はできるのに、そこで止まっちゃう。
iQOS 3 MULTIも持っているんだけど、こいつは機器検出すらできない。やれやれ、iQOSには手を焼くなぁ。

IQOS 3 vs IQOS 3 multi どちらを買うべきか?

IQOSのタバコのポイント懸賞で、iQOS 3 が当たって、昨日届いたんだ。
そこでIQOS 3 multiと使い比べてみたんだ。

味は一緒

当たり前だけど、どちらで吸っても同じだった。時間も風味も一緒。
ちょっとは差が出るかなぁと思ったんだけど、全く一緒だ。

使い勝手はかなり違う

ここからは、3とmultiと表記しながら比べてみるね。
ご存知の通り、3は充電ケースと本体のセパレート式で、multiは一体型。

3は、吸う都度ケースに戻して充電して本体を充電する。充電ケースは20回分のバッテリーを内蔵している。本体は吸い終わったら充電ケースに入れて3分ほどで満充電となる。つまり、3分待たないと次が吸えない。

multiは、本体だけで連続10回吸えて、待つ事なく連続して吸う事ができる。

さて、両方を吸い比べるて最初に思うことは、3の本体が軽くて持った感じがシンプルで手軽。multiもそう重くはないけど、しっかり持たないとダメという印象だ。まぁ、Gloよりは軽いけどね。
3は軽いといっても、くわえタバコは出来ない。タバコのフィルター部分が柔なのでくわえタバコをしているとフィルターが千切れて本体が落ちてしまった。もうちょっと硬い吸い口にしてくれるとくわえタバコで作業ができるのになぁ。でも、ほんの少しの時間であれば、くわえタバコで両手で作業もできる。これはけっこう便利だ。

multiはヘビースモーカー向き

さて、連続吸いに関しての考察は、どの種類のタバコを吸うかでも違ってくると思うんだけど、僕はメンソールを思いっきり肺の奥の奥まで吸い込むので、強いニコチン酔いになる。この吸い方でmultiを使うと、まぁ、クラクラしちゃう。

一方のmultiだと3分間のインターバルがあるので、何となく健康的な吸い方だと思う。なので、通常は3で吸う方がタバコをゆっくり楽しめる気がするぞ。
ただ、街中の喫煙所などで吸うならmultiの方がいいなぁ。仲間と無駄話をしながら喫煙する時には、吸えない時間は寂しいもので、そういう意味ではmultiだとちょうどいい。

まとめると、タバコを吸いながら作業ができる人は3がおススメ。喫煙所でしか吸わない人はmultiがおススメって感じですな。