「書籍執筆」カテゴリーアーカイブ

インド哲学を学ぶ事は瞑想と同じ

インド哲学を勉強すると、魂と心を分離する事が出来るようになり、肉体をそのコントロール下に置く事ができる。

学ぶ瞑想で悩みの苦痛が減る

無意識に心の苦痛が魂から切り離されるので、ストレスがあっても気分は悪くならない。ただし、肉体的なストレスは消えた訳ではないので、養生は必要だ。ギーターにも、学ぶ事はヨーガであり瞑想だと書かれている。特別な姿勢や座り方が瞑想なのではなく、どこへ進むのかが瞑想である。ギーターより

チベット仏教はブッダの教えじゃない

ニュースサイトで、チベット仏教の僧侶が、他の宗教(ヒンズー教・キリスト教・イスラム教)に比べて、利己的で自己犠牲の精神がなかったという調査結果を出してた。そこで一言。

チベット仏教は、厳密には仏教じゃない

古代インドでは、バラモン教が支配していた社会にブッダが仏教を起こし、国の宗教となるほど栄えた。

それで対策を立てたのがバラモン教。文盲の下層階級にもわかりやすい教義を打ち出し、インドの全国民に布教した。それがヒンズー教。数多くの神を作り、それぞれの目的に合ったお祈りの仕方をするだけで、健康になったり、幸せになれたりするという教えだ。

それでヒンズー教が爆発的に増えた。
困ったのは仏教寺院。
先発の仏教は自分たちが不人気するのを恐れて、なんとセックス教義を取り入れた(セックス寺院があるのはこのため)。それで勢力を挽回したんだけど、風紀が乱れた為にインド仏教はインドを追い出される。

チベット仏教はラマ教の教義と融合=世界支配

チベットへ逃げたセックス仏教は、ラマ教と融合してチベット仏教になった。
チベット仏教の教義は、世界戦争をして世界を滅ぼし、自分たちだけ生き残って理想郷を作るというもの。
だから、チベット仏教の僧侶が利己的なのは当たり前なのだ。というか、歴史的には上記の通りで、現在はまともな仏教になったのかと思っていたけど、やっぱり糞仏教のままだ。

ダライ・ラマを崇拝する人、この歴史と精神性は重要だぜ。仲間や弟子や信者が殺されても自分だけ逃げちゃうのがダライ・ラマという事実は、この調査とも合致するね。
そんでもって、日本でチベット仏教を完全に取り入れて実行したのがオウム真理教。ポアっていう殺人を意味する言葉もチベット仏教用語だよ。オウム真理教がテロを起こした理由はチベット仏教の教え通りなのさ。

正当な仏教はスリランカ・タイ

そんでもって正当な仏教教義を伝承しているのはスリランカやタイの仏教。チベット仏教とは全然違うもの。これを学ばないとダメ。こっちで再調査してほしいなぁ。
ちなみに日本の仏教は、実はチベット仏教系。
ただし、中国人が偉かったのと、経典を持ち帰った空海もまた偉かったので、危ない教義(セックスと世界戦争)は秘儀として隠された。というか、門外不出。

日本の仏教は特別な純粋さを持つ

それ故に、日本の仏教は、悪い部分が削ぎ落とされ、思想的にはスリランカ・タイ仏教に近い。ただし、真言(呪文)を使うという点はチベット仏教が残っている。
これが仏教の歴史と基本なんだ。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ

アウトラインプロセッサと目次立て

書籍を書く上で、プロとアマチュアの一番の違いは、先に目次を作っているかどうかにあります。雑誌のような大きな本の場合は、確実に目次が先にあり、しかも、ページ数まで細かく決めてから執筆が始まります。

ページ数が決まった目次は台割

ページ数まで決められている目次を編集部では「台割」と呼びます。
この台割の管理こそが雑誌や本が売れるかどうかを大きく左右します。
読者が読みたいものを多く、しかも、目立つ位置に置くなど工夫も凝らされます。

アウトラインプロセッサで目次立て

一人で本を書く場合、目次立てを上手にやらなくてはいけませんよね。
そこでアウトラインプロセッサを使うのがオススメです。
まず、目次の順序を自由に入れからながら目次立てを完成させる必要が出てきます。
それに最適なのがアウトラインプロセッサです。

Wordなどのワープロにはアウトラインプロセッサが搭載されています。まずは、それを利用します。でも、本当は専用アプリを使うのがベターです。その理由は、動作が機敏でストレスなく使えるからですよ。

僕はポメラDM200のアウトラインプロセッサを使っています。
最高峰のアプリはScrivenerです。iOS版の特にiPadで使うのがちょー便利です。
これもよく使います。
物書きになるなら、Scrivenerを使ってみるのをオススメしちゃうな。

IMG_0659カード型のアウトラインプロセッサも便利よん。

詳しくは、過去のブログ

ランキング参加中・クリックしてね
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

ポメラDM200でWordPressに投稿できたぞ!

ポメラにアップロード機能ってのがありまして、つまり、書いている文章をGmailで好きなアドレスに送信する機能です。

ブログの定番:Wordpressのメール投稿機能を使おう

このブログもWordpressというブログツールで書いている(サーバーに置いてある)ので、メール投稿ができるのです。
じゃあ、DM200でメール投稿できるじゃん!

ということでやってみました。
ちょと苦労したなぁ。

まず、Wordpressにメール投稿用のプラグインを入れます。
Ktai Entryという日本人が作ったプラグインです。ダッシュボードからインストールね。

設定は3箇所+1アドレス設定だぞ!

設定箇所は3箇所あります。これに気づくのに時間がかかりましたよ。

  1. まず、wordpressが投稿を受け付ける専用アドレスを用意。Gmailでも、他のアドレスでも何でもOK。ただし、ここに迷惑メールなどが来るとブログに表示される危険性があるので、「aasegbf@gmail.com」など、推測されにくいアドレスがいいっすよ。さらに、そのメールサーバーの情報も調べておいてね。
  2. Ktai Entryをインストール。するとダッシュボードの「設定」に「メールで投稿」というのが出るよ。
  3. そこに、先ほどのアドレスを記入して保存
  4. WordPressの「設定」「投稿設定」で、1のサーバー情報を登録。サーバー、IDとパスワードね。
  5. 「ユーザー」で「新規追加」で、新規にユーザーを追加するよ。ここでポメラのGmailアドレスを登録するんだ。

ファイル名が題名になる

ポメラで文章を書いて代目をつけて保存。その題名がブログ記事の題名になるよ。

まぁ、スマホでブログを書いた方がいいんだけど、執筆中に一言つぶやくなんてのは、ポメラからサクッと投稿するのもいいよね。

ランキング参加中・ボタンをクリック願います! 似たジャンルのリストもあるよ。
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

お袋のボケとスピリチュアルメッセージ

お袋の痴呆症も波があり、眠りと覚醒の間で変化があるぞ。
目覚めると、そこは夢に支配されていて、夢の中で思ったことを現実のものとして行動し始める。

例えば、今日は診察日で健康保険証や診察券、お財布の準備にウロウロし始める。
今日は通院日じゃないと言っても、何度も探しては「無くなった」と大騒ぎしている。
その繰り返しは数分単位。つまり、説明して部屋へ帰しても、すぐに同じことを始めるんだ。

これを単なるボケと捉えるのは簡単だ。

これがメッセージだと思うと、どうだろう?

なぜ、同じ悩み(保険証がない、お金がない)を繰り返すのか。心理学的には過去の記憶がどうのこうのということなのだが、なぜその話題なのか、なぜそのタイミングなのか、なぜ、私の母なのか、何故今なのか、いろいろな要素を並べてみると何か見えて来そうだ。

なんでも偶然としてしまえば、人間の運命など考えることすら無意味になる。
しかし、いにしえから、賢者たちが運命を研究し続けている。古代インド哲学は非常にわかりやすい。精神(プルシャ)と物質(プルクラティ)をわけて考えるということだ。
物質だけでは生命は生まれない。物質にない性質が精神(魂:プルシャ)があり、それは物質以上に他者と自分の一体を示す根拠とされているんだ。

まぁ、難しい話は別にして、ボケ老人は興味深い、ただ、面倒臭い。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ人気投票・ボタン押してね。類似ブログも見つかるよ

眠れぬ夜はポメラ三昧

午前3時に目が覚めてしまいました。ああ、そうか、イラストレーター・グラフィックデザイナーにデビューし、(弊社)株式会社ナベックスの次期社長の娘(次女・霊感はない)が、次のCM用のデザインイラストの打ち合わせに来て、俺にレッドブルを持って来たんだ。

ポメラDM200が急にLOVE

いやぁ、過去のブログも見ていただけるとわかるのですが、これまではiPad Pro 12.8″をメイン執筆マシンにしていました。自動記述テンプレートを使うためです。
ただ、iOSの日本語入力はバカすぎて、執筆思考を妨げられるのです。それでも、物書き人生が長いのでなんとなるのですが、小説のような没頭しなければ書けないジャンルには、やはりiOSの日本語入力はダメダメです。

急に神のお告げがあって(?)、ポメラを使いたくなったのが先週。
そんでもって、MacbookやiPad、iPhoneとポメラの連携を再確認しながら、ちょいと執筆作業を始めたらびっくり! やはり執筆専用マシンとして作られているので使いやすいのなんおって、ああ極楽。文字を書くのが楽しくなります。

持ち物を断捨離!

出先でもパソコン仕事が多いので、通常はiPadとカメラと小型録音機材とって感じで大きなビジネス鞄を持っています。それをなるべく軽くしたくてiPad Proにしていました。

ところがポメラDM200をメインにすると、ちょっと世界が変わります。とにかく鞄を小さくしたい。そんでもって、鞄LOVEなので、いろいろ持っているのですが、とにかく荷物を減らすのに、先に鞄サイズを決定。吉田カバンのタンカーシリーズのMサイズショルダー(横幅26cm)がお気に入りなんです。財布さえやめて、タンカーの前収納が財布&カード入れ。さらに、カメラと録音機材は一気に断捨離して、iPhone Xにプロ用マイクでいいや。

そんでもって、実はWEBサイトの構築も出先でやらねばならないことも、ないこともない。でも、それはMacbookじゃないとできないので、結局はiPad Proは使わないのかな。
あれ、困ったなぁ、iPad Proの出番がないじゃん。使いやすいのに。
娘のイラストマシンにしようかなぁ。

ポメラDM200の裏技

本格的にDM200で執筆するにあたって、いろいろ便利な使い方をしている人が居るだろうと思って「DM200 裏技」で検索してみたんだ。

おお、いろいろあるなぁ。

面白いのは、DM200のアウトラインプロセッサとマインドマップの相互変換で使うというのがありますな。小生もマインドマップは多用します。アイデア出しにちょうどいい。
それをポメラでも編集できるのは楽しいなぁ。

ただし、Windowsマシンがないとダメね。