「ポメラ」カテゴリーアーカイブ

ポメラ使いこなしのコツ

ポメラDM200は本当に優れています。
痺れますね。

DM100はダイレクトキーがあって、あれも便利した。
直感的な操作ができました。

ところが、DM200にはダイレクトキーがありません。だから辞書を引くにはどうするんだっけ? などと迷いますよね。

DM200のショートカットキーの覚え方

何処に何があるかわからないDM200なのですが、すべてショートカットキーが割り当ててあるのはご存じの通りです。
それを覚えちゃうと、こりゃ便利。しかも思考が中断されないのです。
さて、そんな便利なショートカットキーなんですが、何がどれなんだか覚えられずに苦労しています。そこで、ショートカットキーの覚え方を考えてみました。

DM200ファンクションキー(F1~10)系

ファンクションキーには、よく使うであろう機能が割り当てられています。と言いつつ、僕はそんなに使わないですけどね。
付箋(F1)、タイムスタンプ(F2)の挿入系があって、あとはWindowsに準拠した検索(F3)。まぁ、使わないかな。

DM200のF8、F9、F10は覚えよう

この3つはよく使います。F8は縦書き横書きの切り替え。ブログやメールは横書きで、書籍や小説は縦書きです。F8は必須!

さらにF9も重要です。これはパネルの明るさ切り替え。出先や寝床など、明るさを変えた方が目に優しいっすよ。

F10は情報表示です。つまり、何文字書いたかが分かります。執筆時には常に確認するので、F10も多様します。

覚え方は「右指ファンクションは縦横情報」です。

DM200のF6とF7は文字の見え方

ついでですが、F6とF7は文字の見え方を覚えます。文字サイズの切り替えとフォント切り替えです。F7(フォント切り替え)が必要かどうか、かなり疑問なので、ほかの機能を割り当てた方がいいかもしれないです。

DM200のCtrl+ファンクション系は編集機能

Ctrl+ファンクションキーは、アウトラインだとか2画面表示だとか、編集に必要な便利機能が割り当ててあります。特にF1~F5までです。

F1:アウトライン
F2:2画面表示
F3:グリッド(背景表示)
F4:フレーム(文字詰め)
F5:行番号表示

これらは覚える必要がなくて、とりあえず叩いてみれば分かります。表示が変わるだけで編集内容には影響がないので叩けばいいのです。覚え方は「Ctrl+左指ファンクションで編集機能」

DM200のAlt+ファンクション系はツール

Alt+ファンクションキーには、様々なツールが割り当ててあります。
Alt+右指(F7~F10)が辞書です。
Alt+F1はカレンダーです。
Alt+F5でQRコード。

そのほか、Alt+アルファベットにはいろいろなツールがあります。

Alt+Uでアップロード
Alt+Sでポメラシンク

まあ、全部を覚えるというより、Ctlr+ファンクションが編集、Alt+ファンクションがツールと覚えればいいのではないでしょうか。
ショートカットキーを覚えると、執筆スピードが別世界になりますよ。
そうなると、思考中断が置きにくくなり、売れる作品になるはずです。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

自分には何か足りないと思う心

この世に生きている限り、心は落ち着きを持ちませんね。
何もないのに、そわそわしたり、不安だったり。

痴呆が進む僕のお袋も、どうして自分が不安なのか分からず、目に入るもの全てを疑い確認しようとします。しかし、目の前の不安を解消しても、根本的な不安は消えないので、何時までも不安探しをしているのです。それがお袋を常に苦しめています。地獄の中にいるように見えます。

本当に足りない訳ではない

インド哲学では、人の心は、常に何か足りない、と思わせるといいます。
それは常に静止できない肉体から生じるのが心であり、だから心は揺れ動くのだと言います。その揺れの中から、不足している、という心が生じるのだそうです。

足りないと思う心をカルターと呼びます

不足感は肉体が魂を騙そうとしているようなものだそうです。しかし、それは本当のことではないのです。お袋もそうです。何度も診察券はどこ? と確認をします。確認を幾度やっても安心できません。なぜなら、診察券が見当たらないことが不安なのではなく、不安だから不安だ、ということなのです。不安が先にあり、その原因を後から探しているのです。その最初にある不安(足りないと思う心)には原因がなく、無限に続いています。
カルターですね。

そういうときこそ、心に瞑想を与えてあげたいと思います。
でも、痴呆症の老人に瞑想を与えるにはどうしたらいいでしょうか?
誰か、教えてください。ああ、これもカルターですかね?

ランキングに参加中、クリックよろしくお願いします。
同じ話題のブログ一覧もあります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

古代インド哲学における徳

インド映画「バーフバリ1・2」が非常に面白いです。
権力と徳の関係を非常にわかりやすく、しかも、素晴らしいエンターテインメントとして表現していますよ。

国を治める徳とは

このストーリーでは、生まれながらの身分を超えた「徳」がテーマになっています。国王が友人である奴隷を命がけで助ける姿が印象的に描かれています。
王家に生まれた者は、民を守ることこそが使命であると声高らかに宣言し、愛する者のためには身分も簡単に捨て去ります。
敵の侵入から国を守ることも、誰を殺すかではなく、いかに民を救うかという徳を見せつけてくれます。その結果、策略で王位を継承した新国王ではなく、民は平民に落ちた王子に従います。

インドの壮大さは世代を超える

この映画は、2世代に及ぶ壮大なスケールなのが特長です。
親子の情愛と権力、過ちと訓戒、民の尊敬を集めるという徳。
猛烈な強さと、それ以上の徳の高さ。

いやぁ、すごい。
簡単には語れません。
インド凄すぎ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

本が書けるようになるコツ

本が書けるようになる

ブログやFacebookの記事は書けるし、それなりに評価もされている、でも、それを本にするにはどうしたら分からないという人が多いようです。
短い記事と書籍を書くということには、どれだけの差があるのでしょうか?
と思ってしまうと書けませんよね。

書籍化にはSNS記事を並べてみることも必要です

記事が書ければ本になります。これは信じて大丈夫です。
じゃあ、具体的にはどうしたらいいのでしょうか?
はい、まずは持ちネタの総チェック。過去の記事を並べてみることが必要です。
その中から、何が一番熱くボリュームがあるのかを見ます。
SNSの記事をまとめてみると、自分がどんな人間なのかが客観的に見えてきます。
その上で、書きたいことと見比べるのです。

目次化することが大切だ

過去の記事を並べて、それだけで目次になるかどうか、ちょっと見てみましょう。
なかなか目次とまでは進まないかな。でも、何かが見えるはず。

なんて、ちょっと漠然としたことを書いちゃった。
でも、自分の持っているネタって、以外に自分じゃ分からないものです。
自分が評価されていることと、自分が自分を評価したものには差があります。
好きなこと=評価されることなんてのは、とりあえず脇に置いておいて、自分の中にあるネタを並べることが、書籍を書く上で必須なのです。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ
こちらに同様なリンクも

ポメラのフォルダをお掃除中

初代ポメラから使い続けているのですが、SDカードの内容もそのままお引っ越ししてきた状態です。何が入っているのかもう忘れちゃっている。
確かDM100にした時にちょっと掃除をしたと思うのですが。

ポメラSyncが熟成していた

ポメラSyncが面白くて、専用フォルダにいろいろ入れておいたんですけど、その状態でポメラSyncを実行すると数分かかっていました。
パソコンとDM200をつないで「PCリンク」を実行、するとポメラ内部メモリとSDカードがパソコンから見えます。それでお掃除開始。

ポメラSyncに大量にあるファイルをSDカードに別フォルダを作って移動します。必要なものだけ置いておきましょう。

さらに、Googleのメモも全削除

ポメラSyncはGoogleのメモを使っていますが、けっこう片思いな仕様です。基本的には、クラウド上(のメモ)から自動的に削除されることがありません。つまり、ポメラ側のフォルダを空にしても、ポメラSyncを実行するとクラウドにあるファイルはダウンロードされてファイルが復活しちゃう。
そこで、こうします。
1:まず、Googleメモにあるメモを全部削除
2:ポメラ内は必要なものだけ残す。
3:これでポメラSync実行

ポメラSyncは完全な同期ではないのと、ファイル数が増えると同期に時間がかかるので、定期的なお掃除が必要ですな。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

南北対話と日本のイニシアティブ

南北挑戦の対話が始まりそうだ。
これは大歓迎だ。騙されるかどうかは、対話後の行動の問題であって、入り口を批判しても仕方ないのだ。

日本政府は蚊帳の外?

ところが日本政府は、核廃棄のプロセスが見えない限り最大限の圧力をかけ続ける、と表明した。
ここで問題なのは、今回の南北対話が発表されることを日本政府が知らなかったのではないかということ。知らされていなかったからこそ、日本政府は今までの路線しか表明できないのだろう。

日本の地位低下の現れ

これはゆゆしき問題だ。アジアの安定性に関して日本がイニシアティブを取れていないのを露呈している。経済的なインパクトも政治的な指導力も低下しているということで、ここで強硬路線を振りかざすのは負け犬の遠吠えになってしまうだけだろう。
こういう歴史の節目に、日本がどういうメッセージを出せるかが、今後の外交に大きな影響を与える。それが「最大限の圧力をかける」でいいのだろうか? もっと気が利いたコメントでアジアを牽引して欲しいのに。
残念。

南北朝鮮の対話

すげえなぁ。急に動いた。北が核開発を止めてもいいと言ったぞ。
信じていいかどうかは別次元だとして、落とし所はいいと思う。

トランプ効果なの?

テレビではいろいろ解説されている。
でも、これまで北朝鮮けしからん、対話にならない、と叫び続けていた。
解説も混乱中。
おおむね、かつて核放棄するとかなど、いろいろな北朝鮮との約束があって、それが破棄されてきたという歴史を並べている。
今回もまた騙されてしまうのではないかという結論になるのが目立っている。

いずれにせよ、動いたことはいいことだと思う。
こういうときに疑念を持ち続けるのはよろしくないと、僕は思う。悪い方へ動いても現在と変わらないのだから、いい部分をどれだけ大きく広げることができ、後退しないような雰囲気を作るのかということが必要だと思うんだ。

頑張れ、韓国政府。

近所のガスト女性客ばかり

近所のガスト女性客ばかり

ガストで執筆しているんだけど、ド田舎の深夜なのに客は若い女性ばかり。
ラフな服にクロックス、近所でのんびりという雰囲気だなぁ。

千葉も過疎化

日本でも全国第3位の出荷量を誇る京葉工場地帯の中心に近い街なんだけど、過疎化が進んでいる。近所の小学校は1学年40人。その子供たちは、そのまま同じ暮らす構成のまま中学校へ。つまり、実質的な中高一貫になってしまっている。
子供が多かった時期に中学校が2つに別れて、そのままになっている。見える場所に2つの中学校がある。無駄だし、子供たちも1学年40人じゃ部活動も成立しにくい。大人の事情で2校になっているのだろうが、かわいそうだから1つにした方がいい、とみんな思っているのに、実現しないなぁ。

ああ、高校の親しい先輩が市長をやっているんだった。
この件、相談しておこう。

眠れぬ夜はポメラ三昧

午前3時に目が覚めてしまいました。ああ、そうか、イラストレーター・グラフィックデザイナーにデビューし、(弊社)株式会社ナベックスの次期社長の娘(次女・霊感はない)が、次のCM用のデザインイラストの打ち合わせに来て、俺にレッドブルを持って来たんだ。

ポメラDM200が急にLOVE

いやぁ、過去のブログも見ていただけるとわかるのですが、これまではiPad Pro 12.8″をメイン執筆マシンにしていました。自動記述テンプレートを使うためです。
ただ、iOSの日本語入力はバカすぎて、執筆思考を妨げられるのです。それでも、物書き人生が長いのでなんとなるのですが、小説のような没頭しなければ書けないジャンルには、やはりiOSの日本語入力はダメダメです。

急に神のお告げがあって(?)、ポメラを使いたくなったのが先週。
そんでもって、MacbookやiPad、iPhoneとポメラの連携を再確認しながら、ちょいと執筆作業を始めたらびっくり! やはり執筆専用マシンとして作られているので使いやすいのなんおって、ああ極楽。文字を書くのが楽しくなります。

持ち物を断捨離!

出先でもパソコン仕事が多いので、通常はiPadとカメラと小型録音機材とって感じで大きなビジネス鞄を持っています。それをなるべく軽くしたくてiPad Proにしていました。

ところがポメラDM200をメインにすると、ちょっと世界が変わります。とにかく鞄を小さくしたい。そんでもって、鞄LOVEなので、いろいろ持っているのですが、とにかく荷物を減らすのに、先に鞄サイズを決定。吉田カバンのタンカーシリーズのMサイズショルダー(横幅26cm)がお気に入りなんです。財布さえやめて、タンカーの前収納が財布&カード入れ。さらに、カメラと録音機材は一気に断捨離して、iPhone Xにプロ用マイクでいいや。

そんでもって、実はWEBサイトの構築も出先でやらねばならないことも、ないこともない。でも、それはMacbookじゃないとできないので、結局はiPad Proは使わないのかな。
あれ、困ったなぁ、iPad Proの出番がないじゃん。使いやすいのに。
娘のイラストマシンにしようかなぁ。