「書籍執筆」カテゴリーアーカイブ

書くならポメラ、編集ならiPadかな

ただ今、日本語で書き上げた本を英語に翻訳しているのは先日来お話ししているとおりです。

翻訳作業にはiPad Proの一番でかいやつを使っています。
文字入力はほとんどしないので、iPadで大丈夫なんですね。

iPadも英語なら快適

さて、翻訳では英文をキーボードで書くことが増えるのですが、いやぁ、iPadは英語で使うと快適だなぁ。いかに日本語入力がおバカさんか思い知らされます。

ですから、日本語はポメラで書くしかないっすね。
うんうん。

タントラの英語翻訳に苦労しています

英語でWEB広告を出すと、アクセスが15倍で費用は10分の1。
ということで、電子書籍を英語で出版することにしました。

Google翻訳が非常にいい!

翻訳にはGoogle翻訳を使っています。
iPad Pro 12.8″にScrivenerとGoogle翻訳アプリをマルチ画面にして翻訳するのが楽ですね。

英語翻訳から日本語版の修正も

英語に翻訳するときに、文字校正と推敲ができます。
これも個人で出版するときにいいんじゃないかと思います。
つまり、翻訳アプリが編集者の代わりですね。

売り上げも15倍になるのか?

さて、電子書籍の売り上げも15倍になってくれると、他の仕事をしなくても済むんですけどねぇ。ただ、米国やヨーロッパは良いとして、インドや東南アジアも含まれるので、すると通貨レートの問題が出てくるなぁ。そのまま15倍ということはないかもしれませんね。

日本語3万文字の3章立ての2章まで翻訳が終わりました。
もうちょっとですね。
頑張ります。

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へにほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

電子書籍の値付け再考中

専門書を電子書籍で出す場合、いったいいくらにするべきか再考しています。

今までは1000円以内で価格設定していましたが、どうかなぁ。
Unlimitedのせいで、かなり収入が下がってしまいましたから、調整が必要ですね。
Unlimitedを外すと印税率が35%に下がります。でも、Unlimitedを使わないと、そもそも順位が上がらないので購買数も下がっちゃう。かなり難しいですね。

数年前だと、無料キャンペーンで順位を上げて有料で稼ぐというパターンだったんだけど、なかなか難しいですね。

さて、どれか無料キャンペーンでもやってみようかなぁ。

なぜか、昨日はアメリカからのアクセスが急増

昨日はアクセスが多かったんだけど、アメリカからが急増。
もちろん、日本が一番だけど、ほぼ同数のアメリカからのアクセスでしたね。

もう1つ別のブログをやっていて、そちらの影響だと思います。

さて、キャンピングカーに積んでいるコーヒーカップなんですが、電子レンジで温めると中身じゃなくてカップだけ熱くなっちゃう。
ということで、コーヒーカップを買い替え、100円弱の薄っぺらい軽いものに変更です。
さて、どうかな、お、中身が熱くなった! ハッピー。

タントラの意味について(英語)

タントラは語ります。正しい性の認識は、人間が発展する唯一の方法です。
Tantra says, Right sexual recognition is the only way of human evolution.

性とは生命の奇跡のことです。
The congress is miracle of the life.

命は、五感で認識することはできません。
It isn’t possible to recognize the life by the five senses.

命は、目で見えません、耳で聞こえません、舌で味わえません、触れません、臭いません。
The life can’t be seen by eyes, be tasted by the tongue, be heard by the ear, be touched by body, been smell by nose.

性に関するイメージ

命は、性交によってだけ認識することができます。
It’s possible to recognize the life only by the congress.

命は、性交によってだけ生み出されます。
The life is produced by only the congress.

タントラの目的は、生命を知ることです。
The purpose of Tantra is to know the life.

An advertisement click will be the research fund of Tantra.
Thank you.

キャンピングカーで執筆中

軽キャンピングカーを持っています。
140万円でした。

流しと棚とサブバッテリー(家電用バッテリー)と照明が付いています。
後付けで電子レンジを搭載。
キャンプ用のガスコンロも載っていますよ。

背が高いカプセルホテル

軽キャンピングカーは、高さ116cm(マットレスでかさ上げ後に110cm)、最大横幅が135cm、一番狭い所で80cm、縦幅は180cm+α(座席を倒すと助手席側が70cm増えます)。

イメージとしては背が高いカプセルホテルかなぁ。大きなカプセルだと同じくらいかもしれません。その中で電子レンジとガスコンロが使え、洗い物もできます。
取り外し可能なテーブルもあって、パソコン仕事も大丈夫です。

電気は基本的には自動車の12vを使います。でも、12v-100vのインバーターも載っているので、普通の家電も使えます。

執筆には必要なものは全部載っている

今、千葉県市原市の海釣り公園の駐車場で、これを書いています。
実はポータブルトイレも載っているのですが、公園やサービスエリアのトイレが使える時には、そちらを使わさせて頂いてます。

最近はレトルト食品が非常に進化していて、これが美味しいんだ!
まず、ご飯ですが、有名なのは「サトーのごはん」。
でも、これは高価で1食240円くらい。
ホームセンターで買える安いレトルトご飯は1食50円くらい! しかも、美味しい!
レトルトのカレーや丼ぶりの具は、100円〜。ご当地ものの面白レトルト、例えば水戸の納豆カレーくらいになると1食500円くらい。

いずれにせよ、レンジでチンで美味しく食べられるのです。

大自然の中、いつもと違う景色の中で執筆するのが、こりゃ、楽しいのですね。

みっちゃん、みちみち!

皆さんご存じの歌、知っていますよね。

みっちゃん、道道、ウンコたれて、紙がないから手で拭いて、もったいないから舐めちゃった!

誰でも知っているかと思ったら、21歳の次女はぜんぜん知らないって。

わらべ歌は面白い!

子供の頃に、大きな声で歌っていたなぁ。
歌って大笑い。
このバカな大笑いが、人の成長に重要なのではないかと思うのです。

どうでしょうか?

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へにほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

今日は瞑想会に参加

今日はタイのお坊さまの瞑想会に参加しました。
新しい言葉をたくさん知りました。

いろいろ確かめる事ができました。
今書いているものに刺激になりました。
瞑想を何度も繰り返し、分かった事と分からなくなった事がありました。

まだ、消化中なので、また、書きます。

カーマ・スートラのテキスト変更

これまでカーマ・スートラの新たな解説本を書くために、バートン版の英語訳の『kama sutra』と、おそらくその日本語訳と思われる大場政史氏の『カーマ・スートラ』をベースにしてきました。
ところが、数多くの誤解や誤訳にぶつかったので、テキストを増やしました。

『完訳 カーマ・スートラ』岩本裕訳・中野美代子解説(平凡社)が優れていた

今更ですが、平凡社の『完訳 カーマ・スートラ』を購入して(再購入かな)、先程、電子化してiPadとiPhoneに入れましたよ。
というか、パラパラ読んだだけでも、かなりの優れた翻訳と解説ですね。
あ〜、僕が解説しなおさなくてもいいかもしれない。と思うくらいによく出来ています。

しかも、この本は、元のサンスクリット語であった詩篇の翻訳も掲載されている。そう、詩篇である事が非常に重要なんです、古代インドの書物は。

バートン版が、とにかく誤解や誤訳が増えてしまう大きな理由は、英語にあります。英語には女性名詞男性名詞の区別がないので、日本語と同様に主語を間違えやすい。というのは、サンスクリット語というのが、日本語の構造にちょっと似ていて、主語が不確定なんです。そこで、女性男性名詞を見分けて、主語を推測します。日本語が敬語を利用するのに似ています。

でも、バートンはたぶん、その能力が足りていなかったんだなぁ。

僕の翻訳と岩本翻訳は99%一致


さて、ここ一週間ほどカーマ・スートラの翻訳に没頭してきましたが、前述のようにバートン版(英語)がベースで、かなり苦労しました。なので「意訳する」という体裁で書き進めてきました。

岩本版と僕の意訳を比べてみるとどうでしょうか。
うんうん、ほとんど一致。よかった!
ただ、岩本版の日本語名称(半球の体位など)は、かなり素晴らしいなぁ。ただし、元のサンスクリット語の固有名詞をカタカナにしている部分などは、日本語で読むと呪文的になってしまっていて、分かりにくい部分もあります。翻訳本なので、これは仕方ないですね。

いずれにせよ、非常に完成度が高い翻訳本です。元はフランス語版のカーマ・スートラだそうです。

僕は、カーマ・スートラを翻訳本ではなく、実用本として使えるように編纂し直します。
また、後続の「タントラ」や「理趣経」「秘密集会タントラ」とも比較しながら、カーマ・スートラから発展した哲学や思想・宗教で新たに発見されたであろうことも織り込みたいと思っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへにほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ