先祖を探りに旅立ちます。

【母方の先祖は長州藩】

母方の先祖は、長州藩で萩の城下にある毛利家の菩提寺に墓があるとされています。
来週の日曜日には、そのお寺で法事があるので車で千葉から萩まで行きます。

明治維新については、長州藩の中でも対立があり、我が一族は武士道に反する戊辰戦争を嫌い分裂、津和野へ移り住みます。

その姓を「中井」といいます。

【父方の先祖は会津藩】

そして何の因縁でしょうか、父方の先祖は会津藩の武士です。戊辰戦争で追われ北海道へ。姓を捨てて現在の渡辺家に養子に入る形で生き延びます。

元の姓は「金澤」といいます。僕はその金澤家の本家直系の長男に当たります。
親戚は、茨城に多く、東海村(原発)の土地は我が家のものだったそうです。

【母方は霊感が強い家系】

母方の親戚には、霊感の強い人間が多く、実は前述の萩城下の先祖も墓も、つい最近になり霊感によって探り当てました。というのは、中井家は津和野へ移っており、その墓は津和野にあるのです。ですから、僕も祖父母、叔父のお葬式は津和野(もしくはその近辺)でやっており、そちらの墓が先祖代々のものと聞かされておりました。

ところが、前述の歴史のように、元は萩城下に住んでおり、毛利家に仕えていたといいます。ですから、大元の菩提寺は萩にあるはずです。それを叔父が夢のお告げで聴き、ここにあるはず! ととある巨大なお寺にいきなり行って、
「中井の墓があるはず、隣には**家の墓があるはず!」
と住職にアポなしで突撃。
住職も、いきなり来られても困ると追い返そうとしたらしいのですが、叔父の剣幕に圧されて墓地へ案内。
すると、夢の景色がそこにあり、なんと2つの墓が寄り添ってあったというのです。
ということで、そのお寺が明治維新前の先祖代々の墓だということになったのです。

【不思議な話を検証に行きます】

ということで、今回は母方の先祖を探りに萩へ行きます!
9日に到着予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です