ハゼ釣り楽し! 2時間12尾

夕方、ハゼ釣りに行きましたとさ。
トラウト竿に、3号の重りが付いた天秤仕掛け。

久しぶりの海の餌釣り。
この時期のハゼは、まだ育っていなくて5cm程度。
魚が小さいと難しいですな。

ハゼ釣りというとほっとけば釣れるイメージだと思いますが、今の時期はしっかり掛けないと釣れません。

最初はフロロカーボンの0.6号に、トラウトSUL。
苦労して、数尾。

途中で、シーバスを狙うアングラーが来て、いろいろ話をしながら釣り。
岸壁の角でやっていた小生、ハゼ釣りだからと、その場所をアングラーに譲って、情報交換しながらハゼハゼ!

アングラーさんもPEが楽だという話になって、俺もPE0.3号に変更。
やっと釣れる気がしてくる。

結局2時間程度で12尾でした。
当たりはその何倍もあったので、腕が悪いということですな、あはは。

家に帰って、ハゼを松葉開きにして、焼き肉の鉄板で焼いて食べた!
美味い!BtOoa6iCcAAvXY-

桜風涼 について

はるかぜ すずし 1965年生、慶應義塾大学法学部卒。 作家・脚本家 日本児童文芸家協会会員 シナリオセンター修了 大学時代の専攻は、犯罪学・被害者学・刑事政策・法医学など。 特に法医学は、筆者が学んだ年のみ、慶應の医学部で授業が行われ、よりリアルな研究を行った。 特に法医学では、期末試験のために、教えた教授が筆者にノートを借りたほどの熱心さ。 その1年間の授業をまとめたノートは五冊にも及ぶ。 当時の写真資料は、すべて手書きの図版に書き起こされているほど、法医学への熱はすごい。 1996年、ソネット・クリエーターズ・ガレージ最優秀賞 2003年、劇場映画【ベースボールキッズ】で文部科学省選定作品 2005年、同上、小説「ベースボールキッズ】出版 その他、著書多数。 2000年より映像作品が多く、テレビ番組、CM、映画などで活躍。 1995-2000年:コンピューター雑誌のライターとして、多い時期で月に14連載をもつ人気。 技術書の執筆は15冊。 2000~は映像が主流に。 映画監督、テレビディレクター、CMプランナーとしても有名。 2009年前後は、年間200本ちかいCMを制作していた。 また、旅番組では電波少年で有名になった「なすび」と共に、数多くの名所を探訪。 温泉にも造詣が深い。 雑誌やテレビ制作を数多く手がける一方で、小説は地道に書き続けている。 著者インタビューを受けました。 「きんどるどうでしょう」 http://kindou.info/7229.html
カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す