「言葉のスケッチ」のお手本は川端康成

新刊の詰めに入っています。
校正で終わりにしようかと思ったのですが、主要テーマである「言葉のスケッチ」を古くからやっている大作家を発見。

川端康成大先生の「掌の小説」は、言葉のスケッチそのもの。
出会えて良かったぁ! これは勉強になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です