書籍を書くコツは、これ!

このところ、本を書く相談を多数受けています。
そこで、本を書くことの基本をちょっとだけ紹介します。

1:まず、書きたいテーマをはっきりさせます。
2:次に、そのテーマを5つの箇条書きにしてみます。といいつつ、1つめは超基本、2~3は実践編を徐々に難しく。そして最後の1つは付録というか、Q&Aとか資料編にします。

3:上記の5つ(5章)をさらに5つに分けます。つまり5節に分けるのです。
4:さらに節を5つの見出しに分けます。話題を5つにするという感じかな。
5:その1話題はTwiier1~2本分です。

具体的に書けば、「フライフィッシング入門」なんて書くとします。

第1章は「超入門・フライフィッシングって何?」
第2章は「フライフィッシングの道具」
こんな感じです。第1章を5つに分けると、
第1節「フライは洋毛針のこと」
第2節「川・湖沼・海、どこでも釣れる」
第3節「道具はシンプル」

なんて感じです。そんでもって、第1節も5つに分けます。
1,つまり毛針で釣るんだ
2,イギリスが発祥の地で、日本の江戸時代に生まれた
3,西洋絵画のように細密画のような毛針を使う
4,毛針は工芸品としても親しまれている
5,オシャレで楽しい釣りなんだ!

1話題が144~300字程度でOK。5章全部で125本の話題を書くだけですよ。

ということで、もっと詳しく知りたい人は、僕の書いたKindle本を読んでくださいな!
具体例満載です。

【テンプレートだから簡単・たった3日間で書いて出版・実用本の書き方】

http://p.tl/EIAZ

 

桜風涼 について

はるかぜ すずし 1965年生、慶應義塾大学法学部卒。 作家・脚本家 日本児童文芸家協会会員 シナリオセンター修了 大学時代の専攻は、犯罪学・被害者学・刑事政策・法医学など。 特に法医学は、筆者が学んだ年のみ、慶應の医学部で授業が行われ、よりリアルな研究を行った。 特に法医学では、期末試験のために、教えた教授が筆者にノートを借りたほどの熱心さ。 その1年間の授業をまとめたノートは五冊にも及ぶ。 当時の写真資料は、すべて手書きの図版に書き起こされているほど、法医学への熱はすごい。 1996年、ソネット・クリエーターズ・ガレージ最優秀賞 2003年、劇場映画【ベースボールキッズ】で文部科学省選定作品 2005年、同上、小説「ベースボールキッズ】出版 その他、著書多数。 2000年より映像作品が多く、テレビ番組、CM、映画などで活躍。 1995-2000年:コンピューター雑誌のライターとして、多い時期で月に14連載をもつ人気。 技術書の執筆は15冊。 2000~は映像が主流に。 映画監督、テレビディレクター、CMプランナーとしても有名。 2009年前後は、年間200本ちかいCMを制作していた。 また、旅番組では電波少年で有名になった「なすび」と共に、数多くの名所を探訪。 温泉にも造詣が深い。 雑誌やテレビ制作を数多く手がける一方で、小説は地道に書き続けている。 著者インタビューを受けました。 「きんどるどうでしょう」 http://kindou.info/7229.html
カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す