自叙伝、ビジネス、趣味のノウハウを本に!

ビジネスの裏話や趣味のノウハウ、自叙伝など、簡単に電子書籍にしてみませんか?
テンプレート式なので、けっこう簡単に一冊書けます!

実用本表紙

「自叙伝、ビジネス、趣味のノウハウを本に!」への3件のフィードバック

  1. 「誰でも書ける【テンプレートだから簡単・たった3日間で書いて出版・実用本の書き方】」

    買いました。私がずっと探していた、実用本の、構成のやり方と目次の作り方が詳しく載っている本。

    私は実用本を書きたいと思っていました。
    でも、本など作ったことがないので、なにをやっていいのかさっぱりわかりません。

    「本の書き方」と称する本を40冊くらい買いました。
    でも、さっぱりわからなかったのです。構成のやり方が。目次の作り方が。

    Q&Aサイトで本の構成の作り方を質問したこともあります。でも、さっぱり・・・笑

    「構成と言う事は、自分の主張を分解してそれを一から説明すればいいのかな?」
    と思い、「ロジカルシンキング」「ピラミッドストラクチャー」などの本も10冊くらい買いました。

    はぁ~、でもイマイチよくわかりません。

    そんなときに、
    「誰でも書ける【テンプレートだから簡単・たった3日間で書いて出版・実用本の書き方】」に出会ったのです。

    本の構成のやり方、目次の作り方が詳細に載っているではないですか!。
    まさに、私の求めていたものとピッタリ。しかも、「実用本」の書き方。

    読んでみて、まだなんとなくですが構成の作り方がわかってきました。
    ありがとうございます。感謝しています。

    今度は、実用本の構成のやり方、目次の作り方に「特化した」本を作っていただけないでしょうか?
    そのような本を出していただけたなら、私は「9,800円」でも買います!笑。

    ぜひお願いします。

    では。
    あなたにたくさんの幸せが訪れますように。

    1. おお、どうもありがとうございます!
      目次を作るということが、本当に本を書く上で大切です。
      もちろん、書いているうちに構成が変わってしまうこともあるのですが、目次こそが出発点になります。
      これは、編集者の友達、作家の仲間の共通の考え方でもあります。

      実は今、マインドマップを使って、目次を作り、さらに構成を深める手法を練り上げています。
      自分の考えをビジュアル化すると、構成がより効率よくできるだけでなく、自分の考えの強みや弱点が明確になります。

      ちょっとお時間をください。
      近いうちに、ノウハウを紹介いたします!

      1. これはすばらしい本だと思います。
        それから内容はもちろんですが、行間に感じられる桜風さんの人間性がすごくいい味を出しています。筆者はとてもよい人なんでしょうね。読者は、内容はもちろんのこと、読者のためになろうという気持ちに感銘を受けるんですよね。ありがとうございました!桜風さん!全部Kindle本買いましたよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です