アプリの安定性と文書保護

プロとしてというか、仕事で文章を書くということのポイントを挙げると、マシンの安定性とアプリの安定性の2つを考慮しなくちゃいけないとと思うんだ。

最近のアプリ、例えばWordなどは、自動保存機能やアプリやマシンが落ちた時の直前の状態を復元する機能が付いた。
これは非常に重要で、何時間も書いてきた文書が、なんらかのトラブルで失われてしまう経験は数えきれない。最近はそういうトラブルが減ってきているが、それでも、アプリが落ちて文書がなくなることがある。

ポメラは文書保護で最優秀

そういう意味ではポメラは優秀だ。マシンが落ちることはほぼ経験していないし、アプリが固まるとか保存に失敗するということもない。

そういう意味ではポメラで文書を書くべきだということになる。
iPadも快適になってきているが、やはりアプリが落ちてしまうことは少なくない。先ほどもFacebookアプリが落ちて長い文章が失われてしまった。

ネット接続されているマシンは、ネットの状態でマシンの速度やアプリの動作が縛られてしまうことがある。
Wordがその代表で、クラウド保存の場合には、OSのインターネット機能がトラブルとそれに引きずられてWordも固まってしまう。それで、先日も60分のラジオ台本が吹っ飛んでしまった。

ポメラにはダメな部分もあるのだが、ネットに常時接続されていないからこそ安定しているということも頭に入れておくべきかもしれない。
つまり、ネット回線に依存しない、スタンドアローンな生き方というか、物書き人生を提供してくれているという事だと思うじゃないか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です