iPad Proとスマートキーボードの不具合について

iPad Pro12.9のスマートキーボードが認識されない問題の中間まとめです。

症状の流れ

1:去年(2017)の夏頃から、iPad Pro(2016年モデル)の充電開始音が触っていないのに繰り返し鳴るようになった。
2:充電で100%にならなくなる。再起動で直ることもあるが、すぐにダメになる。
3:秋になり、キーボードが認識されないことが増えた。
4:正月になって、キーボードが認識されるのに苦労するようになった。
5:充電開始音が勝手になり出すことが増えた。これはキーボードを接続していなくも断続的に鳴る。
6:充電が遅くなった気がする。

スマートキーボードを交換

無償交換キャンペーンのロットらしく、スマートキーボードは新品に交換されました。
その結果は下記の通り。

1:キーボードはすぐに認識されるようになった。
2:充電開始音が勝手に鳴る現象は減った。ほぼ無いが、たまに起きる。
3:その誤動作は、単純な再起動では解消されなかった。
4:正常な(新品の)スマートキーボードを接続して再起動するまで、悪影響(充電音が出る)が続いていた。
5:再起動時に電源ケーブルが接続されていると、100%充電にならなかった。
6:電源もキーボードもつながない状態で再起動すると、100%充電ができた。
7:今のところ、充電開始の断続音は出ていない。
8:スリープから復帰した時にキーボードを認識しないことがあるが、スマートキーボードの着け外し(コネクターを外す)のではなく、浮かせるだけで正常に認識される。

考察上記のことから考えられることをまとめてみます。

1:スマートキーボードの不具合が、iPad Pro本体の電源回路に悪影響を与えていたらしい。
2:不具合のあるキーボードをつなぐと、その状態がiPadに記憶されるらしい。
3:iPad本体の電源とキーボード電源が影響し合う回路なのだろう。

まぁ、これは憶測です。
今後、もう少し使いながら、不具合が出るかどうかレポートしますね。
もし、また不具合が出たらiPad本体が壊れているということになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です