「DM200」カテゴリーアーカイブ

海外でポメラっぽいのが出たけど

海外で、ちゃんとしたキーボードが付いた文書入力専用マシンが出るみたい。
日本語も使えて、Dropboxなどでファイル共有ができるらしいぞ。

ファイル共有は魅力的だなぁ。でも、縦書きができない日本語入力は、僕はいらないんだ。
それからアウトラインプロセッサがないのもダメ。
辞書がないのもダメ。

ポメラよ、せめてDropbox共有か、メール添付を搭載してくれ

ポメラが最強なのは揺るがないと思う。でもなぁ、ファイル共有は魅力的だなぁ。バッテリーの問題はあるんだろうけど、DM200なら十分な電力が確保できているんだから、ファイル共有は搭載してほしいなぁ。

Googleメモに流せるなんてのは、いらないんだ。
そんなものより、メールにファイル添付してほしい。これはプログラム的には非常に簡単なんだから、ファイル共有じゃなくて、メール添付をファームウェアのバージョンアップで対応してほしい。

ポメラでラジオドラマを書く

ただいま、エフエム福島で、毎週水曜21時から「芳本美代子の光リアル道(ひかりあるみち)」という1時間番組を担当しているんだ。 台本を書いて、ディレクションして、編集して、放送局に納品というのを毎週やっている。

つまり、レギュラー番組のディレクター兼放送作家をやっているのですね。
そこで、僕が構成を自由に作れるってことなので、この番組の中にラジオドラマのコーナーを作りたいんだ。
この構想について、スポンサー兼プロデューサーからOKをもらっているし、出演の芳本美代子さんも、その所属プロダクションもOKなのだ。というか、芳本さんの事務所は、向こうから「ぜひやらせてください」と前のめりなくらい。

そんなラジオ番組なのだが、ラジオドラマを作る前に、まず、通常のコーナーの構成台本について、ちょいと書いておこう。

ポメラで構成台本を書く

さて、ラジオの構成台本というのは、いわゆる映画やドラマの台本とは違って、誰が何を話すか、ということだけで構成されているんだ。また、そのしゃべりに必要な資料が差し込んであることもある。 この構成台本は、基本的にはWordで書いている。表組みになっていて、台詞の分量で放送時間がわかるようになっているんだ。

さてはて、まずこれをポメラで書きたいと思っているんだ。
必要なのは、
1:誰が何をしゃべるか
2:JINGLEなどのサウンドステッカーを入れる指定
3:放送尺(コーナーごとの時間)
4:挿入する音楽の情報
という感じ。

また、台本を印刷した時に、各出演者や僕がメモ書きをするんだけど、そのメモを書けるスペースも重要。
つまり、表組みになっていることがベターだ。
さらに、1枚何分なんていう目安にもなっているので、1枚に入る文字数も重要だ。

ひとまず、文字要素だけポメラか?

ポメラで文書を書くのは非常に楽でストレスがない。なので、台本をポメラで書ければ、非常に楽になるんだ。
もちろん、文字だけポメラで書いて、その後、パソコンで定型フォームに流し込むのがベターなのは分かっている。

でもなぁ、もっとスマートにやりたいよなぁ。
つまり、ポメラで書いた原稿が、そのまま構成台本になって、出演者も放送局にも渡せるといいんだよなぁ。
もちろん、こう書かなくちゃイケないということはないんだけど、とりあえずは定型フォームがあるから、それを使うのがみんな安心なんだよね。

ということだから、ポメラで文字を書いてフォームに流すかなぁ。
問題は、時間の欄、名前の欄、台詞の欄が全部別なので、一発では流し込めないんだよね。
難しいなぁ。
ひとまず、研究することにしよう。

ラジオドラマの台本をポメラで書く

さて、本題はラジオドラマの台本をポメラで書きたいということ。
台本形式のフォーマットがポメラには入っていないので、ひとまず、普通に書くしかないな。
そんでもって、普通に書いた原稿を台本形式に自動変換してくれるアプリがあるので、それで印刷すれば大丈夫。

台本形式ってのは、
1:名前「台詞」の時は行頭から
2:名前「」がない時には3文字下げる
3:基本的には縦書きで、200字詰め原稿用紙に書く。すると原稿用紙1枚が30秒になる。

というのが日本の台本形式。なので、台本形式にする場合には、字下げはアプリが自動的に行うので、執筆者は字下げをしないで書くんだ。

ということで、構成台本は難しいんだけど、ドラマ台本はなんとかなりそうな、ポメラ、嗚呼、ポメラ愛が止まらない。


にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

ポメラDM200とDropboxの連携方法を発見、これは便利

ポメラの文書をパソコンに送る方法はいくつかあると思います。
僕が使っているのは、DM200の「アップロード」の活用です。
この「アップロード」は、GoogleのGmailへのメール送信機能です。つまり、編集している文書を「題名=ファイル名」、「メール本文=文書」として任意のアドレスへメール送信します。

Dropboxへファイル保存はSendToDropboxサイトを活用

さて、Gmailで文書を送信するのはいいのですが、結局はメール本文として保存されるだけなので、ちょっと使いにくいのです。

そこで見つけたのが「SendToDropbox」 というサイトです。このサイトは無料です。ここで取得したメールアドレスへメールを出すと、Dropboxにファイルとして保存してくれます。

つまり、このサイトと自分のDropbox(のアカウント)を連携すると、専用メールアドレスを作ってくれます。そのメールアドレスへDM200からメール送信(アップロード機能)すると、自分のDropboxの中のsendtodropboxというフォルダにファイルとして保存されます。

ただし、通常設定は、メールの添付ファイルがDropboxに保存されます。ですから、このままではDM200の文書は保存されません。

そこで、SendtoDropboxの設定を変更します。メール本文を保存するように変えるのです。

これで、Dropboxにファイル保存できます。

でもね、文書の長さはメール本文の長さ規定に従うので、何万字ってのはダメっぽいっす。
それから、ファイル名は毎度毎度「Body.txt」になります。上書きされないように、上の画像のようにIndex the fileにチェックボックします。

HiTEC X4 ADVANCE 2の電池管理が面白い

ポメラDM100など単三電池で動くマシンはまだまだたくさんありますね。
僕の場合は、映画の撮影で大量の単三電池を消費します。
1つの映画で100本近く使います。
映画用の音声ミキサーの場合、8本一組です。
これを1日に2〜3回交換。それ以外に無線マイクは4本一組が3セット、高音質無線マイクは6本セット。
電池の難しいのは、例えば8本セットの場合では、その中の1本でも空になったり不具合があると他7本に電力が残っていても、使っている機器は電池が空と判断して止まってしまったり誤動作をします。だから、たとえ1本だけがダメになっても全部交換になります。不経済ですよね。
と言うことで充電できる電池が必要なのですが、撮影現場ではちょっと怖いんですよね。電池の劣化具合がわからないと、上記の理由であっという間に電池切れや不具合の原因になっちゃう。
怖いので現場では、新品のアルカリ乾電池を使います。でもなぁ、トラブルの発生頻度は充電池と変わらないんだよなぁ。

HiTEC X4 ADVANCE 2がすごい

 

これはラジコン用の高機能充電器です。
電池を1本ずつ調べてその性能を報告してくれます。
しかも、製造時の電池のばらつきというのがあります。具体的に言えば、満充電の時の電圧が、1.47Vのものもあれば、1.44Vのものもあります。まぁ、誤差の範囲なのですが、これを混ぜて使うと弱い電池に負担がかかって不具合の原因になります。
そこで、電池の特性を計測して似た電池を組み合わせると、電池の性能を十分に引き出せます。なので、つまう前に電池特性(や劣化具合)を調べて組み合わせを整えるといいのですよ。これを電池のマッチングといいます。

今回導入したHiTEC X4 ABVANCE2は、スマホと連携して電池の性能を調べながら最適な状態を引き出します。

この画面は、新品のニッケル水素単三電池の初期充電です。0.1C充電(電池容量の10分の1の電流で充電)でゆっくり充電して、満充電時の状態を検出しています。
この電池の公称容量は2800mAhです。なので0.28Aで充電しています。「容量」と書かれている部分は、この場合は充電量を示しています(電流×時間)。約14時間経っているので3900mAhも入っています。でも、これは容量じゃなくて通電量なので、熱で消費されている電力も含まれます。

注目は「電圧」で、新品の充電池でも、満タンの電圧が違いますね。内部抵抗は123mΩでほぼ同じですが、満タンの電圧がこんなに違います。一般的には電池の劣化を内部抵抗で判断するのですが、そもそもの特性にもばらつきがあるので、劣化を診断するのは内部抵抗だけではわかりません。

この電池は、この後に強制放電をします。その後でもう一度ゆっくり充電します。その時に、本来の性能がわかります。その時の最終的な満充電の電圧で電池を分けて使うことにします。

ポメラDM200 vs DM100


ポメラ愛に溢れている桜風さんです。
ポメラもいろいろな機種があるのですが、その中でもDM100とDM200は大きなキーボードの本格的な文字入力マシンです。巷で使っていると、それなんですか、と聞かれることもありますね。

DM200か、それともDM100か?

文字入力という事に特化したポメラで、旧タイプがDM100で乾電池動作。新タイプが充電式のDM200ですね。

大きさはほぼ一緒で、DM200は角に出っ張りがある分だけ幅が広い(この出っ張り、切り取りたい!)。厚みはDM200がフラットなのに対して、DM100は手前が薄くて、奥が分厚い。つまり、DM100の一番厚い部分がDM200より厚く、手前はDM100が薄い。

重さは、DM200がズッシリ。

さて、大きさは、まぁ一緒なのでどっちでもいいかな。DM100の方がちょっと軽いので助かりますけどね。

起動時間はDM100が圧倒的に速い!

さて、一番の違いは起動時間。DM100はパネルを開くとすぐに起動画面が出て、その直後に入力可能な状態になります。一方のDM200は、パネルを開いても心の中で5つ数えてやっと起動。とにかく、遅い。スマホなどに慣れきっているので、とにかくストレスです。

電池かバッテリーか

DM200とDM100の目立った違いは電池。動作時間はDM100が長い。DM200は(小生の癖か)いつも残量を気にしちゃうう。まぁ、空っぽになって使えないなんてことは一度もないですけどね。

機能はDM200

使いたい機能が満載なのはDM200ですね。DM100のダイレクトボタンは非常に優れているけどね。アウトラインプロセッサやショートカットキーの割り当てなど、DM200は非常に使える!でもなぁ、DM100の軽快さは非常に魅力ですね。DM200は、やっぱりモサモサしてますね。DM100の軽快さで、アウトラインプロセッサとショートカットキーの割り当て機能があれば完璧な気がする。ああ、そうそう、DM200には通信機能がありますね。たしかに便利。ただ、僕のような長文(数万文字)だと、DM200の通信機能じゃ送れないこともあって、短文はQRコードでいいし、などなど、もうちょいって感じだなぁ。
アップロード機能は、メール本文じゃなて、メール添付にしてくれるといいんだけどなぁ。などなどDM200にはちょっと不満があるのですね。いい意味の不満ですよ。

書くならポメラ、編集ならiPadかな

ただ今、日本語で書き上げた本を英語に翻訳しているのは先日来お話ししているとおりです。

翻訳作業にはiPad Proの一番でかいやつを使っています。
文字入力はほとんどしないので、iPadで大丈夫なんですね。

iPadも英語なら快適

さて、翻訳では英文をキーボードで書くことが増えるのですが、いやぁ、iPadは英語で使うと快適だなぁ。いかに日本語入力がおバカさんか思い知らされます。

ですから、日本語はポメラで書くしかないっすね。
うんうん。

ポメラで執筆のキモと落とし穴

皆さん、ポメラ愛に目覚めてますか!
ポメラで書いてますか!

さて本日は、ポメラ執筆の善し悪しを挙げておきますね。
万人向けじゃないことは事実ですからね。
でも、逆に言えばポメラでないとできないことを明確にしておくと、いいんじゃないかしらん。

資料からコピペができない

ポメラはスタンドアローンな執筆マシンなので、ネットで情報を検索してコピペすることができませんな。やるとしたら、ポメラSyncでもってこないと駄目ね。諦めましょう。

執筆に集中できる

ポメラは、これですよね。最近は情報過多なので、純粋に執筆に集中するには、このポメラがいい。言わずもがな。
ただし、ポイントとしては、執筆に必要な資料をどうするのかというこですね。ポメラの横にスマホやパソコンなどを置いて、それを見ながら書くのもいいのですが、そうなると、パソコンで書けばいいじゃんという本末転倒なことになっちゃいませんか? 僕の場合は、手書きメモとポメラが最高の組み合わせです。
手書きメモには魂がこもるんですよね。それをまとめるのにも、ポメラが良い。

キーボードが気持ちいい

ポメラのキーボードをハードヒットしています。
おりゃ! バシン! って感じです。
丁度、将棋指し盤面に駒をたたきつけるみたいに、最後の確定キーを打つのが気持ちいい。読点を押して確定バシーン!

最小単位はDM200+iPhone+メモ帳

執筆の最小単位は、DM200+iPhone+メモ帳です。あとは財布が会えばいいですね。これだけで旅に出ればいいなぁ。でも、ブログ(Wordpress)の設定が安定しないので、パソコンを持って歩きたいのも実情です。ブログが安定したら、執筆の最小単位で旅に出られるなぁ。はやく安定させたいなぁ。

ショートカットキーが本当に効率が良い

パソコン通信の時代というか、DOSの時代をご存じならキーボードショートカットが便利で速いことがおわかりかと思います。スマホ時代の人は、ちょっと分からないだろうなぁ。全ての操作をキーボードで行うわけですが、その時にキーの組み合わせで様々なことをやるのがショートカットです。Ctrl+Cでコピーとか、Ctrl+Zでやり直しというのは若い人でも知っていると思いますけど、もっと多くの機能がショートカットキーで実現できますよね。これは、このブログでも何度も出てきているので、そちらをご覧あれ。

写真が扱えない

そう、ポメラの最大の欠点は写真を文書に入れ込めないことですね。インスタ映えなんて、ポメラには無関係な世界です。ブログ投稿でも写真をどう入れるかが重要だし、実用書でも写真や図版の入れ込みは欠かせません。でも、ポメラではできない。だから、後処理になっちゃう。 でも、プロの執筆現場ではそれはあたり前です。文字は文字、図版は図版で別に入稿します。ちなみに、プロの入稿原稿はこんな感じ

#タイトル
ポメラは楽しい

##リード
ポメラの楽しさは、ショートカットキーの使いこなしにあります。
ご存じでしたか?

###本文
あかさたなはまやらわ!

こんな感じです。
#マークでタイトルや見出しを表現します。実際の文字修飾はデザイナーさんがやります。ですから、プロの現場ではポメラで十分に仕事ができます。逆に素人の現場では、ポメラだけで完成しないということですね。

辞書登録がキモ

ポメラの使いこなしには、辞書をどれだけ鍛えるか、ということが重要になります。DOS時代には自分で鍛えた辞書の重要性がかなり認識されていたのですが、最近は辞書は自動的に鍛えられちゃうというか、予測変換が盛んです。でも、本当の辞書の鍛え方は、どんな漢字に変換してくれるかじゃなくて、辞書に様々な単文を覚えさせて使うということです。たとえばHTMLタグを辞書登録しておくような使い方です。 このブログでも見出しタグなどは辞書登録されています。

こんな風にポメラを愛しましょう

みなさんには、みなさんのポメラの使い方があると思います。
でも、一番のポイントは、執筆に如何に集中するということにあります。古代インド哲学の教典でも、集中こそが神の領域に達する一番の方法だと書かれています。スポーツでいえば「ゾーン」、執筆でも「ゾーン」に入って書くことが重要だと信じています。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ