金澤藤馬(桜風涼)の略歴

金澤藤馬(かねさわ とうま)
ペンネーム:桜風涼(はるかぜ すずし)
1965年生、慶應義塾大学法学部卒。
作家・脚本家・放送作家
日本児童文芸家協会会員
日本新人監督協会会員
シナリオセンター修了
第三種放射線取扱主任者

父方は会津藩の武士で、戊辰戦争のとき鶴ヶ城攻防で負傷し新潟の農家:渡邊家に匿われる。元の名字が金澤である。
籐馬は、母方が長州藩の重臣だったが明治維新で殺され断絶。その重臣より一字を頂いている。

<主な仕事>
ふっくん布川敏和のラジオ『ふっくん布川の光リアル道』の放送作家&ディレクター&出演者。同い年ふっくんとの絶妙な高速トークが好評。

<略歴>
大学時代の専攻は、犯罪学・被害者学・刑事政策・法医学など。
特に法医学は、筆者が学んだ年のみ、慶應の医学部で授業が行われ、よりリアルな研究を行った。
特に法医学では、期末試験のために、教えた教授が筆者にノートを借りたほどの熱心さ。
その1年間の授業をまとめたノートは五冊にも及ぶ。
当時の写真資料は、すべて手書きの図版に書き起こされているほど、法医学への熱はすごい。

1996年、ソネット・クリエーターズ・ガレージ最優秀賞
2003年、劇場映画【ベースボールキッズ】で文部科学省選定作品
2005年、同上、小説「ベースボールキッズ】出版
その他、著書多数。
2000年より映像作品が多く、テレビ番組、CM、映画などで活躍。

1995-2000年:コンピューター雑誌のライターとして、多い時期で月に14連載をもつ人気。
技術書の執筆は15冊。

2000~は映像が主流に。
映画監督、テレビディレクター、CMプランナーとしても有名。
2009年前後は、年間200本ちかいCMを制作していた。
また、旅番組では電波少年で有名になった「なすび」と共に、数多くの名所を探訪。
温泉にも造詣が深い。

雑誌やテレビ制作を数多く手がける一方で、小説は地道に書き続けている。

【映画・Vシネマ】(脚本・演出・プロデュース、弊社制作含む)
2003年:ベースボールキッズ(布施博・藤田朋子・小林綾子・中島ひろ子・プリティ長嶋他:文部科学省選定作品)
2008〜、オールナイトロング『誰でも良かった』(清水崇監修・松村克也監督・山中崇主演)羅生門(川崎ひろゆき監督)
他20タイトル

【テレビ・ラジオ番組】(企画演出〜編集〜ポスプロ〜搬入)
2003年〜2004年:『音楽詩人』(テレビ埼玉)
2004年〜2006年:『千葉さん一家はどこへ行く』(毎週水曜夜7時の情報バラエティー、出演:なすび、伊藤麻世)千葉テレビ(弊社一社制作)
2008年〜:キャンパスライフ(大学紹介番組・千葉テレビ他)
他インフォマーシャル多数

ふっくん布川の『光リアル道』(福島エフエム:構成・演出・出演)
レインボーエフエム(出演)
市原エフエム(出演)

【テレビCM】(企画・演出・制作)
千葉県環境CM(2003年、2004年、2005年、2006年、出演:なすび、高野ひろゆきほか)
東京電力(2005年)
ホテル三日月(2005年)
君津住宅(2005年〜2013年、ロッテ里崎、成瀬他出演)
千葉県人権CM(2005年、2006年、2009年)
新東京開発株式会社(2009年〜、出演:矢部美穂、根本はるみ、熊切あさ美ほか)
千葉県薬物乱用防止キャンペーンCM(2014年、出演:中尾彬)
他多数

【ラジオCM】(企画・演出・制作)
e-TAX(国税庁・全国CM)、人権キャンペーンCM(法務省・全国CM)、千葉県信用保証協会、千葉県国民年金基金、千葉県遊技場組合、新東京開発株式会社、アクアラインマラソン(千葉県)、他多数

【VP作品】
下水道のしくみ(千葉県・アニメーション、30分2ヶ国語・手話入り)
船橋市市政記録映画(AKB48出演)
9都県市合同防災訓練記録解説映像

【アニメーション】(脚本、演出、編集)
ラプンチェル(作・立原えりか、声・岸田今日子、絵・永田萠)
白雪姫(作・立原えりか、声・岸田今日子、絵・永田萠)
オルフェウス(作・立原えりか、声・柳生博、絵・やなせたかし)
他40タイトル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

物書き歴30年、放送・映画脚本家をメインに、コンテンツ作りのノウハウをつぶやきます。