iRig pro i/oを購入

物欲に負けて、iRig Pro I/Oを買ってしまった。
パソコンやiPhone、iPadとプロ用のマイクをつなぐ聞きだ。
まぁ、手持ちの他の機器でもできる事なんだけど、いつもカバンに入れておいて、出先でラジオ番組を作るために買ってしまった感じ。でも、本当の理由はオーディオブックの収録をやるため。朗読したものをそのまま編集アプリに入れて、どんどん仕上げて行くんだ。

ファンタム電源がiPhoneなどで使えるぞ

1番の魅力はiPhoneでコンデンサーマイクを使えること。コンデンサーマイクには48Vのファンタム電源というのが必要なんだけど、それを供給するには、けっこう大きな機器をつながなくちゃいけなかった。しかもiPhoneはLightningケーブルなので、その変換も必要だ。それが、iRig Pro I/Oを使うと一気にかいけつされる。この機器は乾電池を搭載していて、ファンタム電源を電池で供給することができる。他にもShureで似た製品があるけど、パソコンのUSB端子接続ならファンタムが使えても、iPhoneなどでは使えないんだ。

ノイズレスで扱いやすい

さすが、最近のDSP機器はノイズが皆無だ。マイクプリアンプが優秀なので、ノイズレスで録音することができる。プロスタジオレベルの音質と言える。
これならいいオーディオブックが作れそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です