DM30 VS DM200、さて勝敗は?

DM30も使い始めて2週間ほどが過ぎました。
もともとDM200で執筆をしていたので、その乗り換えというか、併用をしています。

さてはて、DM30とDM200のどちらにするかお悩み中の方にヒントを書いてみたいと思います。

1:起動はほぼ一緒

まず、歴代のポメラに比べると、DM30もDM200も起動は遅いっす。
ただ、DM30はパネルを開くと初期画面が出るので、なんとなく何かしている感じがします。
一方DM200は電源が入ったのか電源トラブルなのかも何も分からず数秒待たされて、急に画面が点きます。これは精神衛生上よくないっすね。 でも、慣れれば、まぁどちらも一緒です。

2:サイズではDM30がいい

サイズの面では、大きさも重さもDM30が使いやすいです。どんな鞄を使うかによって評価が分かれるところですね。ぼくはなるべく荷物を小さくしたいことが多いので、出張や撮影ではDM30を持って行くことがほとんどになりそうです。 DM200の横幅が26cm近いので、入れる鞄を選びがちです。ただ、薄いのでパソコンよりはいいのですけどね。
その点ではDM30は、どんな鞄にも入っちゃう。セカンドバッグサイズでも入っちゃうのがいいですね。

3:キーボードは好みが分かれる

まず、DM30の折りたたみ式キーボードですが、強度も十分だし、電車の中の膝の上執筆も問題ありません。
ただし、音が響く! 喫茶店などではかなり迷惑な感じがします。
特に僕はハードヒットするタイピングなので、うるさいと思います。
その点ではDM200の方がかなり静かです。それでもハードヒットの僕の場合には、少々気になりますね。
どのキーがうるさくなるかというと、スペースバーです。漢字変換時にバシ!と打つので、その音が響きます。DM30は全てのキーが響きます。

4:画面はDM30がいいなぁ

電子ペーパー画面はいいです。疲れません。ただし、光源との位置関係で角度を変えないと駄目です。明るさはそれほど必要とはしません。本が読める明るさなら執筆可能です。
真っ暗で執筆はどうかというと、実はDM200は画面が見えるもののキーボードが見えないので、ブラインドタッチが出来ない僕は、DM200もDM30も同じです。真っ暗執筆は無理です。

5:機能や処理速度は?

圧倒的にDM200が速いです。その違いを一番感じるのはQRコードを生成する時です。
DM30だと、凄く待ちます。気持ち悪いくらい待たされます。DM100より遅いんじゃないかなぁ。
執筆だけならストレスのないDM30ですが、ブログへアップするなどでは、ちょっと遅さが気になります。

6:ATOKはDM200の圧勝

言うまでもないのですが、ATOKの変換効率はDM200の圧勝です。
職業物書きとしては長文を一気に変換することはまずないのですが、DM30のATOKのお馬鹿さんには、かなりイライラします。 それから、ユーザー辞書の構成がかなり違って、DM30とDM200では互換性がありません。
DM200だと自動学習した内容も編集可能ですが、DM30では、まぁ、ユーザーが登録したものだけしか編集できません(たぶん)。

変換速度は、どちらも一緒に感じます。
なので、DM30でもDM200でも、文字入力や漢字変換で遅さを感じることはありませんし、キー入力がももたつくようなこともありません。 iPadの日本語入力の糞具合に比べれば、DM30もDM200も天国だと思います。

7:辞典など

どちらの機種にも辞典が載っています。便利です。ただし、類語辞典はDM200にしか載っていません。のも書きとしては、類語辞典がかなり便利だと思っています。

8:通信機能

DM30には通信機能がまったくないのですが、FlashAirでWifi経由の文書送信ができます。これは便利です。
でも、DM200でもFlashAirは使えるので同じっすね。
DM200のWifi接続はイライラするくらい遅いですが、無いよりはまし。BlouTooth接続も、まぁ、便利ですが、あまり使いません。

結論:どっちがいいの?

はじめてポメラを使うならDM200がいいだろうなぁ。
正直な事を書けばDM30の筐体でDM200の機能なら言うことありません。

このブログでも書いていますが、DM200は小説などの執筆に本当に適しています。
DM30は、メモマシンの要素が強くて、本気の執筆には、ちょっと非力かも知れません。
最大編集可能文字数も、DM200が10万文字なのに、DM30は5万文字ですよね。
書籍一冊の文字数はおよそ10万文字なので、DM30はちょっと足りていません。
内蔵メモリがDM30が8GBもあるのは立派で、おそらく一生分の文書が入るだろうなぁ。
物書き人生25年の小生でも、1GBの文字数なんて無理だし。

ということで、ポメラ1台で執筆するならDM200をオススメします。ただし、目は疲れます。
移動での執筆ということを重視するならDM30がコンパクトでいいです。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です