「キャンピングカー」タグアーカイブ

キャンピングカー用の中華製FFヒーターが届いた。

僕は、よくキャンピングカーで執筆します。
キャンピングカーと言っても、軽自動車のバンの後ろを架装改造したバンコンです。

アイドリングストップで暖房がいいんだ

冬のキャンピングカーは寒いです。
はい、かなり寒いです。
防寒着を着たまま寝るくらい。
エンジンをかけて寝ればいいんですけど、アイドリングストップは車中泊の基本マナー。
それだけでなく、エンジンの微妙な振動で熟睡できないのです。

そこで必要になるのがFFファンヒーター。

キャンピングカー用のFFヒーターが届きましたよ。
ドイツに老舗メーカーのOEMというか、コピー品。

本物は日本で16万円くらい。これは23000円くらい。
週末に取り付け作業しなくちゃ。

たぶん、スチールウールや耐熱材が別途必要になりそうだなぁ。
吸排気管を通す穴を開ける大きなドリルも必要だろうなぁ。

HiTEC X4 ADVANCE 2の電池管理が面白い

ポメラDM100など単三電池で動くマシンはまだまだたくさんありますね。
僕の場合は、映画の撮影で大量の単三電池を消費します。
1つの映画で100本近く使います。
映画用の音声ミキサーの場合、8本一組です。
これを1日に2〜3回交換。それ以外に無線マイクは4本一組が3セット、高音質無線マイクは6本セット。
電池の難しいのは、例えば8本セットの場合では、その中の1本でも空になったり不具合があると他7本に電力が残っていても、使っている機器は電池が空と判断して止まってしまったり誤動作をします。だから、たとえ1本だけがダメになっても全部交換になります。不経済ですよね。
と言うことで充電できる電池が必要なのですが、撮影現場ではちょっと怖いんですよね。電池の劣化具合がわからないと、上記の理由であっという間に電池切れや不具合の原因になっちゃう。
怖いので現場では、新品のアルカリ乾電池を使います。でもなぁ、トラブルの発生頻度は充電池と変わらないんだよなぁ。

HiTEC X4 ADVANCE 2がすごい

 

これはラジコン用の高機能充電器です。
電池を1本ずつ調べてその性能を報告してくれます。
しかも、製造時の電池のばらつきというのがあります。具体的に言えば、満充電の時の電圧が、1.47Vのものもあれば、1.44Vのものもあります。まぁ、誤差の範囲なのですが、これを混ぜて使うと弱い電池に負担がかかって不具合の原因になります。
そこで、電池の特性を計測して似た電池を組み合わせると、電池の性能を十分に引き出せます。なので、つまう前に電池特性(や劣化具合)を調べて組み合わせを整えるといいのですよ。これを電池のマッチングといいます。

今回導入したHiTEC X4 ABVANCE2は、スマホと連携して電池の性能を調べながら最適な状態を引き出します。

この画面は、新品のニッケル水素単三電池の初期充電です。0.1C充電(電池容量の10分の1の電流で充電)でゆっくり充電して、満充電時の状態を検出しています。
この電池の公称容量は2800mAhです。なので0.28Aで充電しています。「容量」と書かれている部分は、この場合は充電量を示しています(電流×時間)。約14時間経っているので3900mAhも入っています。でも、これは容量じゃなくて通電量なので、熱で消費されている電力も含まれます。

注目は「電圧」で、新品の充電池でも、満タンの電圧が違いますね。内部抵抗は123mΩでほぼ同じですが、満タンの電圧がこんなに違います。一般的には電池の劣化を内部抵抗で判断するのですが、そもそもの特性にもばらつきがあるので、劣化を診断するのは内部抵抗だけではわかりません。

この電池は、この後に強制放電をします。その後でもう一度ゆっくり充電します。その時に、本来の性能がわかります。その時の最終的な満充電の電圧で電池を分けて使うことにします。

なぜか、昨日はアメリカからのアクセスが急増

昨日はアクセスが多かったんだけど、アメリカからが急増。
もちろん、日本が一番だけど、ほぼ同数のアメリカからのアクセスでしたね。

もう1つ別のブログをやっていて、そちらの影響だと思います。

さて、キャンピングカーに積んでいるコーヒーカップなんですが、電子レンジで温めると中身じゃなくてカップだけ熱くなっちゃう。
ということで、コーヒーカップを買い替え、100円弱の薄っぺらい軽いものに変更です。
さて、どうかな、お、中身が熱くなった! ハッピー。

キャンピングカーで執筆中

軽キャンピングカーを持っています。
140万円でした。

流しと棚とサブバッテリー(家電用バッテリー)と照明が付いています。
後付けで電子レンジを搭載。
キャンプ用のガスコンロも載っていますよ。

背が高いカプセルホテル

軽キャンピングカーは、高さ116cm(マットレスでかさ上げ後に110cm)、最大横幅が135cm、一番狭い所で80cm、縦幅は180cm+α(座席を倒すと助手席側が70cm増えます)。

イメージとしては背が高いカプセルホテルかなぁ。大きなカプセルだと同じくらいかもしれません。その中で電子レンジとガスコンロが使え、洗い物もできます。
取り外し可能なテーブルもあって、パソコン仕事も大丈夫です。

電気は基本的には自動車の12vを使います。でも、12v-100vのインバーターも載っているので、普通の家電も使えます。

執筆には必要なものは全部載っている

今、千葉県市原市の海釣り公園の駐車場で、これを書いています。
実はポータブルトイレも載っているのですが、公園やサービスエリアのトイレが使える時には、そちらを使わさせて頂いてます。

最近はレトルト食品が非常に進化していて、これが美味しいんだ!
まず、ご飯ですが、有名なのは「サトーのごはん」。
でも、これは高価で1食240円くらい。
ホームセンターで買える安いレトルトご飯は1食50円くらい! しかも、美味しい!
レトルトのカレーや丼ぶりの具は、100円〜。ご当地ものの面白レトルト、例えば水戸の納豆カレーくらいになると1食500円くらい。

いずれにせよ、レンジでチンで美味しく食べられるのです。

大自然の中、いつもと違う景色の中で執筆するのが、こりゃ、楽しいのですね。

キャンピングカーで人生が変わるんだよ

キャンピングカーに乗るようになると、人生が変わるんですよ!
たぶん、小さなキャンピングカーの方がいいと思うんだ。

なんて話を執筆中!

そんでもって、【本の書き方・入門】に対応したScrivenerのテンプレートを作ろうと思っているんだ。

IMG_1684

執筆は疲れるなぁ。

ライター業で食べていた時には、日常的に大量の文章を書いていたんだけど、最近は会社経営と、まぁコンサルティングみたいな仕事がメインですね。演出や撮影、編集もよくやります。

今の映像制作会社を立ち上げて13年になるんだけど、さすがに物書き歴と同じ期間になったんですね。すると、映像の仕事で疲れることはほとんどないんだけど、執筆の方が体力を消耗しちゃいますね。

今、キャンピングカーを手に入れると人生観が変わるんだぜ、みたいな本を書いているんだけど、かなり疲れる。5時間執筆すると1万字くらい書けるんだけど、このスピードで書くとかなりヘトヘトなんですね。ちょっと横になると2〜3時間眠っちゃう。
寝ては起きてして、また書くんだけど、頭がふわ〜としてくる。

今、経営と広報のお手伝いをしている建築会社さんの幹部社員さんが、元高校野球の猛者だったんだけど、今日、お昼を食べながら少年野球の話をしていたんですな。

そんでもって、僕は2003年に少年野球の劇場映画『ベースボースキッズ』というののプロデュースと脚本(一部演出)をしたんだけど、それは地元市原市を舞台にね、したんですよ。

そうしたら、幹部社員さんの息子さん(当時小学2年生)が所属していた少年野球チームにも出演してもらっていたということが判明! 当時、お世話になった市原少年野球連盟の役員さんたちの話になったんだね。幹部社員さんもお子さんが小学生まではコーチをやっていたので、共通の知り合いがいっぱいいてビックリ!

さてはて、話を執筆に戻すと、その少年野球映画の脚本を書いていた時のことを思い出したんですよ。

監督と栃木の温泉宿に3泊して、台本を書いたんだけど、あの時はかなり書いたなぁ。
パソコンとプリンターと大量の紙を部屋に持ち込んで、僕が書いている間に監督が寝て、僕が書き終わると監督を起こして読んでもらう。監督が読みながら赤入れしている時に僕は寝て。それが2〜3時間おきに交代というような状態でしたね。

このくらい集中して書くと神が宿るというか、スポーツ選手のいう『ゾーン』に入るんですね。

アイデアに詰まると2人で温泉に浸かって頭の整理をする。
その宿が面白くて、食事は定食屋みたいな食堂で食べるんですね。つまり、好きな時間に食堂へ行って生姜焼き定食なんかを注文して食べるんです。

創作ってのは、この自由さが重要なのかもしれないですな。
ということで、キャンピングカーは、自分の世界・時間を作り出す魔法の箱なのかな、なんて思いつつ、さて、続きを書こう!

今回はいつものノウハウ本というよりは、東日本大震災の年から始めたプリウスでの車中泊から2015年にキャンピングカーを買って、今現在に至るまでのドキュメントをメインに書いています。

うひひのひ!

IMG_1676

桜風さん、絶賛、執筆中!

急にスイッチが入りまして、とにかく書いております。
今回は、前から書いていた『キャンピングカーで遊んじゃおう』みたいな本を書いています。
趣味の本です。
2年前に8万字くらい書いてあったのですが、廃棄!
新しく書き直しています。

1日に1万5千字くらいですかね。完成は7〜8万字くらいかなぁ。
あまり文字が多いと読みにくいので、削ぎ落そないとなぁ。IMG_1546
ちょー長旅のことを書いているんですよ!

只今、幕張PA執筆中!

都内で打ち合わせと秋葉原散策が終わって、途中の京葉道路・幕張PAで軽キャンピングカー車中の執筆中です。

そして、車中で麻婆丼を作って食べたのだ!

スピリチュアルの本は、もうすぐ完成の予定なのだけど、毎日新しい情報が入ってくるので困ってしまうのですよ。

ということは、教科書型で書くのではなく、エッセイとして書いた方がいいんだろうなぁ。