桜風涼 のすべての投稿

はるかぜ すずし 1965年生、慶應義塾大学法学部卒。 作家・脚本家 日本児童文芸家協会会員 シナリオセンター修了 大学時代の専攻は、犯罪学・被害者学・刑事政策・法医学など。 特に法医学は、筆者が学んだ年のみ、慶應の医学部で授業が行われ、よりリアルな研究を行った。 特に法医学では、期末試験のために、教えた教授が筆者にノートを借りたほどの熱心さ。 その1年間の授業をまとめたノートは五冊にも及ぶ。 当時の写真資料は、すべて手書きの図版に書き起こされているほど、法医学への熱はすごい。 1996年、ソネット・クリエーターズ・ガレージ最優秀賞 2003年、劇場映画【ベースボールキッズ】で文部科学省選定作品 2005年、同上、小説「ベースボールキッズ】出版 その他、著書多数。 2000年より映像作品が多く、テレビ番組、CM、映画などで活躍。 1995-2000年:コンピューター雑誌のライターとして、多い時期で月に14連載をもつ人気。 技術書の執筆は15冊。 2000~は映像が主流に。 映画監督、テレビディレクター、CMプランナーとしても有名。 2009年前後は、年間200本ちかいCMを制作していた。 また、旅番組では電波少年で有名になった「なすび」と共に、数多くの名所を探訪。 温泉にも造詣が深い。 雑誌やテレビ制作を数多く手がける一方で、小説は地道に書き続けている。 著者インタビューを受けました。 「きんどるどうでしょう」 http://kindou.info/7229.html

「酒を飲む酒2」登場人物が充実

好評な『酒を飲む酒』の第2段が書き進んでいます。
題名は『酒を飲む酒2・六本木のキス』です。

今回は登場人物が増えています。
けっこう複雑な人間模様ですね。
舞台は六本木です。

「先生」と呼ばれる謎の男が、今回は彼の男友達を六本木のバーへ。
そこで出会った3人の女性と、かつてその店で飲んだ昔惚れた女と、まぁ、男心の混沌としたかんjいを描いています。

この作品、もともと連作するつもりじゃなかったので、前作の終わりはけっこうアッサリ。
でも、連作だから、前作も書き換えたくなったなぁ。
前作はこちら「酒を飲む酒」

本を書くのに一太郎が素敵

Kindle本を書くのに導入した「一太郎」。
けっこうよく出来ています。

今回紹介するのは、原稿用紙換算機能。
多くのパソコンが、入力した文字数を計算する機能はありますよね。
まぁ、原稿用紙換算もあるかな。

一太郎の換算機能は、単に400字原稿用紙で何枚ということだけではなく、200字詰めにもできるし、小説のような特別な文字詰めがあるなら、それで換算することもできます。
さらに、ここがすごい、一太郎は執筆する原稿の目標枚数を決めることができます。
最低何枚、最高何枚まで決められます。
すごいでしょ。

これでもけっこう便利ですが、願わくば、章ごとの枚数(現在枚数、目標枚数の達成度)を決められるといいなぁ。

「酒を飲む酒」

酒を飲む酒2 執筆中

新宿の老舗の珍味酒屋「朝起」で執筆しています。
常連の多い店です、カウンターの一番奥でこっそり書いています。
こういう書き方が好きです。
第1作の「酒を飲む酒」は、去年、事務所近くの外国人バーで書き上げました。なぜか毎年、
この時期には小説を書いています。
たぶん、巷の企業様は人事異動、それで弊社の仕事内容がガラリと変わってしまい、この時期は仕事が閑散としているので、執筆時間が増えるのですね。

それにしても、人気のお店にいると、お客様の会話や表情、店員の動作など、言葉でスケッチを始めれば一冊の小説に仕上がるほど情報量です。

今回の「酒を飲む酒2」は六本木が舞台です。
今と一年前が交錯します。

今日は新宿の思い出横丁、ここでも、先日、ドラマがありました。
第3作はここが舞台です。

しかし、六本木の夜のいかがわしさの先に、日本的な新宿が待ち構えます。
「酒を飲む酒」
このように連作で書き進められる予定です。

第2作の「六本木のキス」は、一晩で全体の2割弱書き終えています。
今週中にどこまで書けるか、
頑張ります。

実用書「一生就職しないで生き抜こう」の執筆開始

桜風涼さん、会社を経営していますが、取引先の担当者の移動などで、大きく売上が変わります。
今期も、主要な収入がブッツリ切れるので、全然違うビジネスモデルへ移行しなければなりません。

そこで、元々はライターですので、物書きで印税収入を確保したいと思います。
この5ヶ月のデータから、Kindle本は、書店の本と違って、作品ごとの売上が月々一定になることがわかってきました。
新旧に係らず、内容で日々の売上が決まります。ということは、とにかく沢山出すと、年金のように収入が見込めそうです。

ということで、小説の執筆に並行して実用書の執筆をスタート。
今回は、「一生就職しないで生き抜こう」という実用本。

実は、並行して別ジャンルの本を書くのが好きです。
多いときでひと月に14連載あったので、執筆の並列処理が身に付いてしまいました。
いや、恐らく軽いADHD(多動症)だと思います。同じことを長く出来ない。短時間集中しかできません。
小説執筆に没頭できる時間は一日5時間程度。
一日は長いので、残りの時間は感性ではなく論理思考の実用書なら書けます。
(使う脳みそが違うから)

ちなみに「誰でも書ける『ストーリーの書き方・入門』」は、20日間で書き上げています。原稿量としては300枚くらいです。

ちなみに、1冊あたりの売上(粗利)は100円単価の本で1000円程度(100円の本は、人気者ならいいけど、知名度がないとダメな価格設定)
300円の本で数千円。
800円の本で数万円。
この売上が下がらないと仮定すると、一年間書き続ければ年間に30タイトルほどになって、月額20万円くらいかなぁ。年収240万円。
2年間頑張ると年収480万円。3年間頑張ると720万円。
売上が低いうちは他の仕事もしなければなりませんが、売上が上がってくると執筆に専念できると思います。

まぁ、もっと若い時にこういう思いになれば良かったのですが、色々なしがらみで今があるんですな。

酒を飲む酒2『六本木のキス』を書き始めました。

女性に評判がいい小説「酒を飲む酒」の続編を書き始めました。
この作品は、男女の恋愛(一目惚れっぽい恋)を、男女それぞれの視線で書き分けています。
つまり、同じ場面で、男が心の中で思うことと、女が思うことを章を分けて書いています。

まったく同じ場面でも、微妙に違う男女の気持ち、世代差、それを通して、ロマンスを綴ります。

今回の舞台は六本木のバー。
前作に似た雰囲気の店ですが、都会六本木では、過激でえげつない男女の駆け引きが繰り広げられます。
主人公の男は前回同様に、不思議な雰囲気で、店中の目を引きます。そこに女性3人組が寄ってくることから、ストーリーが転がり始めます。

本日が5月12日、さて、何日で書き上がるでしょうか?

small

ライフロガーfitbitいい感じです。

ライフロガーfitbit、ステキな続き。
健康管理はiOS(iPhoneかiPad)かPC(MacでもWinでも)で行います。
Bluetoothで通信します。
iOSとはBluetoothの認証で機器の特定を行いますが、なんと、PCは付属USBキーで認証します。つまり、iOSとPCの両方で並列して同期ができるのですよ!(分かる人にはわかる!)

データ自体はクラウドなので、ブラウザで確認&管理します。

もちろん、日本語対応です。

IMG_0635

新大久保は神秘の街だ!

仕事で新大久保に来ています。空き時間ができたので、ゆっくり昼食、そして街を見ています。
面白いなぁ。コリアンタウンであることは有名ですが、タイのお店も多いですね。そもそもお店でかかっているBGMが何語かわかんない。

数人の女性が観光しているのが、また、面白い。
目当てのお店があるらしく、キョロキョロしながら探索していますな。
とにかく、女性が多い。

タイ・レストランに入ると、お客さんはみんな女性。

在日の人たちに講義デモをする人がいる一方で、LOVEな感じで散策する女性たち。
日本人は多用というか、不思議です。