ビージーズとアース・ウィンド&ファイアを聞きながらDISCO文学執筆中

「酒を飲む酒2『六本木のキス』」快調に執筆中。
もしかすると、今日か明日には規定枚数まで書けると思う。
推敲を経ても、来週には公開。

それにしても、ビージーズとアース・ウィンド&ファイアを大音量で聞きながら、脳みそ酔っぱらい状態で書くのが楽しい。
音楽は大切ですね。

ファミレスで執筆中。
22:45に着席。
ご飯を食べて23:10に執筆開始。
只今、午前1:10分。
ちょうど2時間経過で、400字詰めで17枚程。
1分で1枚ちょっとか。遅いなぁ。
ちなみに、400字詰め1枚は読み上げると1分程。
つまり、読み上げるよりは速いんだけど、2時間で25枚は書きたいなぁ。

ちなみに、実用書を書いています。
現在54枚、4分の1ほどですかね。
だた、内容的に軌道修正した方がいいかも。
ちょっと考えます。

ちなみに、小説「酒を飲む酒2」は現在35枚(目標100枚)。
こちらが仕上がる方が速いだろうなぁ。
日曜日からスタート(だったかな?)で、2冊合わせて約80枚。
短編小説で100枚目標なので、短編だけ一生懸命書けば5日で仕上がる計算ですな。
まぁ、2時間で17枚だから、もっと気合いを入れれば3日くらいで書き上がるということかな(そんなに集中できないか)。

さらに一時間、小説を10ページ進めた!
2時間で20枚ペースか。
もうちょっとスピードアップしたい。

「酒を飲む酒2」登場人物が充実

好評な『酒を飲む酒』の第2段が書き進んでいます。
題名は『酒を飲む酒2・六本木のキス』です。

今回は登場人物が増えています。
けっこう複雑な人間模様ですね。
舞台は六本木です。

「先生」と呼ばれる謎の男が、今回は彼の男友達を六本木のバーへ。
そこで出会った3人の女性と、かつてその店で飲んだ昔惚れた女と、まぁ、男心の混沌としたかんjいを描いています。

この作品、もともと連作するつもりじゃなかったので、前作の終わりはけっこうアッサリ。
でも、連作だから、前作も書き換えたくなったなぁ。
前作はこちら「酒を飲む酒」

本を書くのに一太郎が素敵

Kindle本を書くのに導入した「一太郎」。
けっこうよく出来ています。

今回紹介するのは、原稿用紙換算機能。
多くのパソコンが、入力した文字数を計算する機能はありますよね。
まぁ、原稿用紙換算もあるかな。

一太郎の換算機能は、単に400字原稿用紙で何枚ということだけではなく、200字詰めにもできるし、小説のような特別な文字詰めがあるなら、それで換算することもできます。
さらに、ここがすごい、一太郎は執筆する原稿の目標枚数を決めることができます。
最低何枚、最高何枚まで決められます。
すごいでしょ。

これでもけっこう便利ですが、願わくば、章ごとの枚数(現在枚数、目標枚数の達成度)を決められるといいなぁ。

「酒を飲む酒」

酒を飲む酒2 執筆中

新宿の老舗の珍味酒屋「朝起」で執筆しています。
常連の多い店です、カウンターの一番奥でこっそり書いています。
こういう書き方が好きです。
第1作の「酒を飲む酒」は、去年、事務所近くの外国人バーで書き上げました。なぜか毎年、
この時期には小説を書いています。
たぶん、巷の企業様は人事異動、それで弊社の仕事内容がガラリと変わってしまい、この時期は仕事が閑散としているので、執筆時間が増えるのですね。

それにしても、人気のお店にいると、お客様の会話や表情、店員の動作など、言葉でスケッチを始めれば一冊の小説に仕上がるほど情報量です。

今回の「酒を飲む酒2」は六本木が舞台です。
今と一年前が交錯します。

今日は新宿の思い出横丁、ここでも、先日、ドラマがありました。
第3作はここが舞台です。

しかし、六本木の夜のいかがわしさの先に、日本的な新宿が待ち構えます。
「酒を飲む酒」
このように連作で書き進められる予定です。

第2作の「六本木のキス」は、一晩で全体の2割弱書き終えています。
今週中にどこまで書けるか、
頑張ります。

実用書「一生就職しないで生き抜こう」の執筆開始

桜風涼さん、会社を経営していますが、取引先の担当者の移動などで、大きく売上が変わります。
今期も、主要な収入がブッツリ切れるので、全然違うビジネスモデルへ移行しなければなりません。

そこで、元々はライターですので、物書きで印税収入を確保したいと思います。
この5ヶ月のデータから、Kindle本は、書店の本と違って、作品ごとの売上が月々一定になることがわかってきました。
新旧に係らず、内容で日々の売上が決まります。ということは、とにかく沢山出すと、年金のように収入が見込めそうです。

ということで、小説の執筆に並行して実用書の執筆をスタート。
今回は、「一生就職しないで生き抜こう」という実用本。

実は、並行して別ジャンルの本を書くのが好きです。
多いときでひと月に14連載あったので、執筆の並列処理が身に付いてしまいました。
いや、恐らく軽いADHD(多動症)だと思います。同じことを長く出来ない。短時間集中しかできません。
小説執筆に没頭できる時間は一日5時間程度。
一日は長いので、残りの時間は感性ではなく論理思考の実用書なら書けます。
(使う脳みそが違うから)

ちなみに「誰でも書ける『ストーリーの書き方・入門』」は、20日間で書き上げています。原稿量としては300枚くらいです。

ちなみに、1冊あたりの売上(粗利)は100円単価の本で1000円程度(100円の本は、人気者ならいいけど、知名度がないとダメな価格設定)
300円の本で数千円。
800円の本で数万円。
この売上が下がらないと仮定すると、一年間書き続ければ年間に30タイトルほどになって、月額20万円くらいかなぁ。年収240万円。
2年間頑張ると年収480万円。3年間頑張ると720万円。
売上が低いうちは他の仕事もしなければなりませんが、売上が上がってくると執筆に専念できると思います。

まぁ、もっと若い時にこういう思いになれば良かったのですが、色々なしがらみで今があるんですな。

酒を飲む酒2『六本木のキス』を書き始めました。

女性に評判がいい小説「酒を飲む酒」の続編を書き始めました。
この作品は、男女の恋愛(一目惚れっぽい恋)を、男女それぞれの視線で書き分けています。
つまり、同じ場面で、男が心の中で思うことと、女が思うことを章を分けて書いています。

まったく同じ場面でも、微妙に違う男女の気持ち、世代差、それを通して、ロマンスを綴ります。

今回の舞台は六本木のバー。
前作に似た雰囲気の店ですが、都会六本木では、過激でえげつない男女の駆け引きが繰り広げられます。
主人公の男は前回同様に、不思議な雰囲気で、店中の目を引きます。そこに女性3人組が寄ってくることから、ストーリーが転がり始めます。

本日が5月12日、さて、何日で書き上がるでしょうか?

small

飽くなき好奇心を電子書籍に! 物書き歴30年のノウハウを惜しみなく公開します。