「ポメラ」タグアーカイブ

アイデアは面白いのに

アイデアは面白かったのに、書いてみると面白くないということがよくありますよね。

文章が上手くなればいいのか?

若い時には、それは書く技術が乏しいからだと思って、文章の練習をたくさんしました。幸いにも若い時から雑誌の仕事があったので、かなり鍛えられました。

でも、あまり関係ありませんね。
文章が上手くなると、面白くないことでも面白く書けます。
雑誌に取り上げるネタなんてものは、面白くないのです。それが面白く思えるのは書き手や編集者の腕です。

アイデアが面白いというのは思い込み?

次に思うのが、もともとアイデア自体が面白くなかったんじゃないか、ということです。つまり、自分で面白いと思い込んでいるだけで、本当は大したアイデアじゃないだろうということです。

確かに、それはそうかもしれません。
長い間、僕は頭の中にあるアイデアというのは、自分が思うほど面白いものじゃない、と考えてきました。若手の脚本家などにも、そう教えてきました。

でもなぁ、やっぱり、ふいに思いついたアイデアって、実は本当に面白いですよねぇ。

言葉の限界を知ろう

最近、インド哲学に凝っているというか、サンスクリット語も学んでみると、実は頭の中にあるアイデアこそが最高で、それを言葉にすると面白くないということなんだと気付きました。

いえいえ、文章力が足りないという話じゃないのです。
たとえば目に映る景色を言葉にしよとしても、結局は無理がありますよね。大自然を見る時、目には何百何千何億もの物が目に映っています。でも、それを言葉にすると「素晴らしい」「美しい」「これまで見たこともない」なんてことになっちゃう。そうかと言って「右上の雲は白から灰色に変化しつつ北から南へ時速15キロで流れており、その下には杉が80%の森林があり」なんて書き続けても、決してその景色を見た瞬間の思いは伝えられません。 これは言葉の持つ限界ですね。

アイデアは面白いを信じよう

ということは、自分の中にあるアイデアも大自然の景色も同じじゃないでしょうか。
本当はすごく面白いのに、それを言葉にするのが難しい、そういうことです。

では、どうしたらいいのか。
景色を表現する場合、上記のように「右上は~」なんて描写しても駄目ですね。じゃあ、どうするのか。読者の頭の中にある典型的な「美しい景色」を思い出させるしかないですよね。 つまり、自分の中にある「美しい景色」は見せられないかわりに、相手の頭の中にある「美しい景色」を思い出させる。
ここがポイントです。

無我夢中の執筆感覚

たとえば、
「日本なのに、カリフォルニアの海辺のような空が富士山を覆う」
と書けば、まぁ、相当な青空をイメージできますよね。

でも、これも、まぁ、文章力という技術でしかありません。
気に入った作家の文章を写本でもすれば、身につくと思うのです。

でも、それでも自分のアイデアを言葉にするには、きっと足りないものがあると思うのです。

実は、それは無意識に出た言葉、だと分かってきました。
頭を使って書く、つまり、他の作家の言い回しや資料をベースに書くと、それは先ほどの言葉の限界にぶつかってしまいます。
ところが、小さな子供が何気なく言った言葉なんていうのは、胸に刺さって抜けないくらいですよね。

つまり、何気なく出る言葉を捕らえることが重要なんだと思うのです。
じゃあ、どうやったら何気なく言葉が出るのか。
過去の自分を見てみると、無我夢中で書いた原稿には、そういった何気ない言葉が入っていました。

つまり、無我夢中になるほど、執筆に集中できないと駄目なのです。

ポメラが壊れるほどキー叩け

じゃあ、具体的にどうすれば良いのか。
僕が最も原稿をたくさん書いていた時期は、1ヶ月の連載が14本あって、一ヶ月に書く文字数は40万字くらいでした。取材もありますから、書いている日数は15日くらいかなぁ。ということは1日に2~3万字は書いていますね。
そのくらい書いていると、頭で考えるよりも速く文字を書きます。文字を書くというか、キーを叩くわけです。しかも、ローマ字入力ですから、打鍵は文字数の2倍以上ですよね。 当時はThinkPad230だったかなぁ。IBMのノートパソコンはキーボードが良かったので、愛用していました。そのくらい書くとキートップはつるつるです。 今、僕のポメラDM200も、そうな風になりそうな予感。文章を売ってはEnterキーで確定。確定はハードヒット。気持ちいい!

キートップが禿げるほど叩くと、きっと無意識の言葉、つまり本当のアイデアが文字になるのではないかと思います。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

ポメラちょっと使えるショートカット

ポメラをより快適に使いこなすには、ショートカットキーを覚えることですね。
ちょっと前にも、ショートカットキーの覚え方を紹介しました。

よく使うショートカットキーを紹介

僕がよく使っているショートカットキーを列記しておきます。
1:Alt+F3「定型文」よく使うタグやURLを挿入する
2:Alt+F2「情報」バッテリー残量を確認
3:Alt+F1「カレンダー」日記を書きます。
4:Alt+U「アップロード」ブログ更新(メール送信)
5:Alt+S「ポメラSync」パソコンと文書のやり取り
6:Alt+V「直前のリピート」直前のキー入力の繰り返し。例:「バタ+確定+ Alt+V」で「バタバタ」
7:Ctrl+F7「単語登録」
8:Ctrl+F8「直前の変換の履歴表示」
9:Ctrl+N「文書の新規作成}
10:Ctrl+O「ファイルを開く」
11:Ctrl+S「ファイル保存」

こんな感じです。
メニューを使わなくなると、執筆が格段に速くなります。逆に言えば、執筆が速くないのは、面白いことが書けていないということ。ショートカットキーを使いたくなるほど素早く書くくらいが丁度いいのです。 ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

ポメラでePUB作成

ポメラで執筆が快適です。
僕の執筆ポリシーは、短期間にブレずに書き上げる、なんですが当の本人がなかなかできません。
まぁ、今年に入って書籍を3冊書き上げているので遅くはないのですが、自分の理想から比べると、全然だめ。何がだめかというと、ブレちゃうんだな。

ポメラで9割の仕事をしたい

ブレる理由は、執筆間隔が空いてしまうこと、執筆中に気が散ること、視線が迷うことなどがありますね。

そういう意味ではポメラが非常に高いアドバンテージを持っているわけです。
そして、前回も紹介しましたが、ポメラにタグを打ち込むことで見出しやルビ、目次を入れたePUBが作れます。

ただ、このブログでもなんども書いていますが、書籍の構成、つまり目次立てという一番大切な部分は、残念ながらポメラでは作れないので、これは僕の食堂記述テンプレートをパソコンやiPadなどで作る必要があります。自動記述テンプレートは、最後の執筆部分は使わず、あらすじを入れたところまでを印刷して、ポメラで執筆となります。

ePUB作成のポイント

前のブログでも紹介しましたが、ePUB変換サイト「でんでんコンバーター」を使います。
どうやるとかというと、ポメラのSDカードに文書を保存して、パソコンでSDカード上のTXTファイルをサイトの「アップロードしてね」でファイル選択するだけ。書名や茶社名、縦書き横書きなどのチェックをして変換するだけです。しかも、ePUBのプレビューもできます。

.jpeg

.jpeg

いやぁ、至れり尽くせり!

最後はパソコンでアップロードしなければなりませんが、まぁ、これは仕方ないですね。
そうか、ラズベリーパイ(名刺サイズのパソコン)にこのサイトだけアクセスしてファイルアップロードするツールを入れておけば、SDカードを刺すだけでePUBに変換してSDカードに保存なんてこともできそうだなぁ。
まぁ、いずれやりましょう。

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へにほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

本日も、朝から執筆&瞑想

朝6時過ぎに起きまして、朝ごはんと血圧の薬と喘息の薬を体に入れまして、早速ポメラで執筆開始です。
おっと、もう1つ、瞑想のためのIT機器を買いまして、瞑想を20分ほど。

muse脳波計で瞑想練習中

アイデアにつまると、いつも短時間の瞑想をして、頭をリフレッシュ、さらに集中力アップを図りまして執筆します。瞑想後の集中にポメラが非常に相性がいいということなんです。

そんでも、物欲が無限大の僕としましては、瞑想を定量化したくて簡易の脳波計を購入。

これがけっこう面白い。ただ、僕がこれまでお坊さんなどから学んできた瞑想とはちょっと違う気もしますが、集中力アップという意味ではいい感じです。

今書いているのは、タントラと瞑想の話です。巷の情報と、本来のタントラの認識にズレがあるので、まとめるのが大変なんです。

ポメラで頑張りますね。

(トップの写真は、慶應義塾大学心理学研究室の脳波計・museじゃないです)

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へにほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ

今日もポメラ愛に溢れています。

皆さん、おはようございます。
もちろん、ポメラ愛に溢れています。

ポメラDM200からWordpress投稿

前から書いていますが、ポメラからWordpressへ投稿ができます。
方法は簡単で、まず、Wordpressの定番プラグイン「Jetpack」を入れて、そこの「設定」にある「メールで投稿」で投稿専用の新規メールアドレスを取得します。 そのアドレスに対して、ポメラの「アップロード」で文書を送信するだけ。送信したらすぐに投稿が反映されます。

ポメラからほとんどのことができる

WordPressの記事本文には、見出しだとかアンダーラインだとかいろいろな文書修飾ができますね。特に見出しはWEB検索にも関わる重要な修飾です。さらにタグやカテゴリーの指定もできます。

写真投稿だけが難しいなぁ

ポメラでできないのは、写真をポメラで送信することです。
ですが、Wordpressは「メディア」という写真や動画の置き場があって、そこにあるものは、URLを貼ることで記事に画像を付けることができます。 でも、やりたいのは、アイキャッチ画像を付けることです。これはWordpressの特殊タグが分からないとできないので、ちょっと調べます。

ダグ処理は、非常に高速で楽しいよ

タグで何でも書けるのですから、実は、これは非常に楽で高速です。この文章もタグで書いています。
また、この記事のWordpressのタグ(分類)も、タグを文字で書いていますよ。(詳しくは過去記事ね)。
マウスポインターからの解放が、僕らを楽しくしてくれるんだ。

嗚呼、ポメラ愛。

ポメラメインで書籍を書き上げたい

物書き30年なので、ポメラだけで本を書きたいのですが、プロとしては、執筆マシンだけでページ構成をするのは、実は難しいとわかっています。

そこで、自動記述テンプレートというのを考案したわけです。
書籍全体の構成を常に見下ろしながら細部を書き加えてゆくツールです。

自動記述テンプレートはExcel等が必須

自動記述テンプレートは、Excel(もしくはNumbers)の関数を使って、目次を作り、細部を書き足してゆくものです。
ご存知のようにポメラでExcelは動かないので、その高機能なツールを使うことができませんね。
でも、ポメラ愛が溢れているので、なんとかポメラで同じだけの機能を実現したいなぁ。

ポメラのアウトラインでは力不足中

ポメラのアウトライン用に、先日、書籍構成のテンプレートは公開してあります。
見出し一覧ですよね。ここに書き加えていけば、書籍が完成することは間違いありません。
でも、本当は、全体構成が見渡せて、そのあらすじや構成上の役割をメモしておきたいのです。
ポメラのアウトラインは、見出し一覧が狭くて、よく見えないっす。
じゃあ、どうしようかなぁ、ポメラにあるもう1つの便利な機能は「二画面表示」です。
これを使えば、なんとかなるか。

つまり、書籍構成用のファイルと、執筆用の本編は別ファイルにすればなんとかなるかな。

うん、いいことを思いついたもんだ!

早速、二画面表示で書籍執筆できるように、自動記述テンプレートを作り変えてみます。

にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

ポメラ愛が止まらない

このブログですが、日々、ポメラのファンが来て下さいまして、アクセス急上昇中です。

巷でポメラを使っている人は見かけないのが寂しいですが、ネットの世界では、皆さん、ご活躍のようで、ハッピー! ハッピー!

ポメラ・あるある!

打ち合わせなどのポメラを出すと、みんなびっくり。

ポメラの大きさにびっくり

「そんな小さなパソコンがあるんですか!」
ということで、説明がスタート。

ポメラの執筆専用の潔さが好評

でも、機能がシンプルなので、
「執筆専用なんですよ。でも、メール送信はできます。受信はできません(本当は苦労すればできなくもない)」

ほぼDOSマシンです

本当は違うのですが、できることがトDOSの全盛期の携帯マシンです。40代後半以上のおじさんにバカウケです。

これで小説など書いています!

これをさらりと言うのがかっこいいです。マシンがプロっぽいので、何だか真実みがあります。

ライターなんです。ライターだったんです

これもかっこいい(と思う)。やはりポメラはプロの専用機みたいでいいです。DM200に赤い彗星のシャーバージョン、欲しいです。DM20にザクバージョンありましたよね。

ブログ用ですよ

これもかっこいい。見出し行とか太字も、ポメラで仕込める、そこまで見せると、かっこいい!

スマホとかパソコンって、余計な情報が入っているじゃないですか

これもかっこいい。ポメラは執筆に特化しているので、執筆中に気が散ることが少ないですよね。それが執筆マシンとしての優位性でもあるのです、今の時代には!

Twitterも投稿できるし!

ポメラでさっと書いて、QRコードでスマホから投稿。これが快適ですよね。非常に素早いし。
書籍を書く時にも、実は140字完結の単文の連続で書くというのも、実はカタログ的な書籍が簡単に書けて、しかも、今の時代は単文しか読めない人が多いので、逆に言えば売れる本が書けちゃいます。 Twitterに投稿してみれば、どれだけ注目されるか、伝わるかも計測できるので、それもGOODですよね。

ぼく、これ2台持っているんですよ

お医者さんでベストセラー作家さんのお友達が、ポメラ愛に溢れています。DM100を2台お持ちで、予備を所有しているんですね。 かっこいいです!

折りたたみタイプポメラもかっこいい

折りたたみタイプのポメラは、女性受けがいいです。購入した歴代の折りたたみポメラは、みんな女性に貰われて行っちゃったなぁ。

ということで、ユーザーみんなでポメラ愛を深めましょう

本当に、このブログ、アクセスが上がっています。「いいね」ボタンも押して頂いて、非常に励みになります。広告もクリックして頂ければ、お小遣いも入ってきます。 ポメラファンの皆さん、よろしくね。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

メール投稿のコード