偶然か必然か

昨日は、遠藤周作さんの『女の一生』を読み始めたと書きましたね。
『女の一生』というのは、明治維新前後に行われたキリシタン弾圧について書かれた本です。時代が明治に変わってから、ひどい拷問が行われたんですね。

そして、明治維新まで三百年ちかく隠れていた島原のキリシタンが、開国とともに出てくるのですが、そこで捕まってしまうです。

その当時、フランスから赴任してきた若い神父が、江戸末期の島原に来るのですが、キリシタンはもういないと先輩に言われながらも、不屈の精神で探し続ける。すると、その思いが通じたのか、隠れキリシタンが出てくる。三百年ぶりに本物のキリスト教に隠れキリシタンが出会う場面で、ぼくも涙を止めることができなかった、というのが昨日の話です。

ぼくの一族には霊能力者が大勢いて、その叔母から、
「あなたの背中にクロスの烙印(十字架の焼印)が見える」
「近くの丘の上に教会があるから、行きなさい」
などと言われていたので、キリスト教にちょっと興味が湧き始めたところでした。

さて、遠藤周作さんの作品を読みながら泣けてきたので、ちょっと休憩がてら、仕事を始めました。木更津の大工さんのホームページの仕上げです。というか、ほぼ完成していて、ちょっと手直しして、その会社の契約サーバーにアップロードするという作業です。

もらった契約情報からアップロード作業をしたのですが、ちょっと変わった設定のサーバーで、FTPソフトというちょっと専門的なツールで手作業をしなければならず、ちょっと気合が入りました。

さて、翌朝である本日、その大工さんから電話があって、
「すごいよ! いきなり問い合わせが来て、すぐに仕事になりそうだよ!」
と大喜び。

僕は、
「ああ、マリア様!」
と、手を合わせました。
なぜか? わかりません。

偶然でしょうか? 必然でしょうか?

桜風涼 について

はるかぜ すずし 1965年生、慶應義塾大学法学部卒。 作家・脚本家 日本児童文芸家協会会員 シナリオセンター修了 大学時代の専攻は、犯罪学・被害者学・刑事政策・法医学など。 特に法医学は、筆者が学んだ年のみ、慶應の医学部で授業が行われ、よりリアルな研究を行った。 特に法医学では、期末試験のために、教えた教授が筆者にノートを借りたほどの熱心さ。 その1年間の授業をまとめたノートは五冊にも及ぶ。 当時の写真資料は、すべて手書きの図版に書き起こされているほど、法医学への熱はすごい。 1996年、ソネット・クリエーターズ・ガレージ最優秀賞 2003年、劇場映画【ベースボールキッズ】で文部科学省選定作品 2005年、同上、小説「ベースボールキッズ】出版 その他、著書多数。 2000年より映像作品が多く、テレビ番組、CM、映画などで活躍。 1995-2000年:コンピューター雑誌のライターとして、多い時期で月に14連載をもつ人気。 技術書の執筆は15冊。 2000~は映像が主流に。 映画監督、テレビディレクター、CMプランナーとしても有名。 2009年前後は、年間200本ちかいCMを制作していた。 また、旅番組では電波少年で有名になった「なすび」と共に、数多くの名所を探訪。 温泉にも造詣が深い。 雑誌やテレビ制作を数多く手がける一方で、小説は地道に書き続けている。 著者インタビューを受けました。 「きんどるどうでしょう」 http://kindou.info/7229.html
カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す