樹齢70年以上の杉の大木が、僕に向かって倒れてきた!

桜風さんです。
昨日は君津市の山奥にある樹齢70年オーバーの杉の大木を伐採する様子を撮影したんだ。

伝統建築で家を建てるんだ。
もうすぐ70歳になる、ちょー元気な棟梁が作るんだ。
施主さんと、山の持ち主と、職人さんたちと山へ行って、木を選んで、伐採するんだ。

ロープを高いところに引っ掛けて、それをみんな引いて、根元は棟梁がチェーンソーで切る。

倒れる方向は、事前に見極めて、ロープでその方向へ引っ張るんだよ。

僕はカメラを担いで、いろいろなシーンを撮るんだけど、最終的には木が倒れてくる側で、迫力ある映像を狙ったんだ。

でも、ちょいと間に合わなくて、木が先に倒れてきた。
施主さんや職人さんの悲鳴が聞こえてくる。
ぼくはカメラの準備をしている。
総重量は1トンを超えるだろう巨木が、叫ぶように音を立てながら倒れてくるんだ。

でも、僕は全然怖くなかったんだ。
巨木と目があったような木がする。
ぼくはもうちょっと待っててくれって言ったのに、巨木は申し訳なさそうに倒れてくる。
でも、それは優しい倒れ方なんだ。
みんなにはそれが分からなかったみたいだけど、ぼくは巨木が自分の命を人間に任せたような心持ちで、安らかに倒れてくるのを感じていたんだ。

ぼくのほぼ真上に枝いっぱいの杉が倒れて来るんだ。
近くのナラの木をなぎ倒して、枝や葉が爆破されたように周囲に飛び広がりながら、バリバリと音を立てて降ってくる。

ぼくは、それでもぜんぜん怖くないんだ。
目の前のナラの木は、大枝が半分折れている。

ぼくは、ゆっくり2歩だけ右に、そう、ゆっくり歩いた。
そして、ぼくの左側に、杉の巨木が寝そべるように、横たわった。
横たわった後から、枝葉がふわふわと、雪のように降った。

みんなが、桜風さん、だいじょ〜ぶ〜?
と叫んでいるけど、ぼくは巨木と、何か会話していたと思う。

この巨木は、大黒柱になるんだ。
出来上がる家には、鍼灸師のご夫婦が住む。
システムキッチは入れず、土間とかまど、居間には囲炉裏が拵えられる。
それをこの巨木は100年以上守ってくれるはずなんだ。

巨木は、ゆっくりと死んでいくだろうなぁ。
切り倒されてすぐに死ぬわけじゃない。
ゆっくり乾燥しながら、眠っていくんだ。
眠りながら死と同一化するんだ。

桜風涼 について

はるかぜ すずし 1965年生、慶應義塾大学法学部卒。 作家・脚本家 日本児童文芸家協会会員 シナリオセンター修了 大学時代の専攻は、犯罪学・被害者学・刑事政策・法医学など。 特に法医学は、筆者が学んだ年のみ、慶應の医学部で授業が行われ、よりリアルな研究を行った。 特に法医学では、期末試験のために、教えた教授が筆者にノートを借りたほどの熱心さ。 その1年間の授業をまとめたノートは五冊にも及ぶ。 当時の写真資料は、すべて手書きの図版に書き起こされているほど、法医学への熱はすごい。 1996年、ソネット・クリエーターズ・ガレージ最優秀賞 2003年、劇場映画【ベースボールキッズ】で文部科学省選定作品 2005年、同上、小説「ベースボールキッズ】出版 その他、著書多数。 2000年より映像作品が多く、テレビ番組、CM、映画などで活躍。 1995-2000年:コンピューター雑誌のライターとして、多い時期で月に14連載をもつ人気。 技術書の執筆は15冊。 2000~は映像が主流に。 映画監督、テレビディレクター、CMプランナーとしても有名。 2009年前後は、年間200本ちかいCMを制作していた。 また、旅番組では電波少年で有名になった「なすび」と共に、数多くの名所を探訪。 温泉にも造詣が深い。 雑誌やテレビ制作を数多く手がける一方で、小説は地道に書き続けている。 著者インタビューを受けました。 「きんどるどうでしょう」 http://kindou.info/7229.html
カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す