霊感に導かれて、会津若松から江戸へ

先週は、ぼくの父方のご先祖様の系譜を辿るために、福島県の会津若松へ行ってきました。
親戚(宝生家)が調べてくれた家系図によると、本名の渡邊家は、元は会津藩の武士。正しくは、本当の姓は「金澤」です。

戊辰戦争の時に、鶴ヶ城(会津若松・会津藩)で戦い、負傷して伊達藩を目指して宮城へ。そこで農家の渡邊家に助けられて、その家の娘を連れて北上。参戦して北海道函館(箱館)五稜郭で終戦。そのまま姓を渡邊として本日に至っています。

ということで、明治維新以降は家系図もありはっきりしています。
でも、幕末以前の系譜が分からないので、会津藩の資料を探しに行ったということです。

<鶴ヶ城でボランティアガイドさんに詳しく教えてもらう>

まず、1日目は午後に会津入りして、そのまま鶴ヶ城へ。台風の雨です。
鶴ヶ城に着くと、無料のボランティアガイドさんが居て、お城の説明をしてくれます。ぐるっと城内を巡って、建築方法や戦争の時の話などをしてくださいました。
僕が会津の武士の家系だと最初に伝えていたので、ガイドさんも気合い十分!
「お時間ありますか?」
というので、「暇です!」と答えると、会津における武家の地位や役割など、習俗に関する説明も加わり、なるほど、の連続。

通常30分の説明が、1時間半ほどに。
「家系のことでしたら、図書館に行けば分かるはずです。それからお墓は**にあるので行ってみてください」
とのこと。お墓って、ご先祖様は死んでいないですけどねぇ。
「死んでいない人のお墓もあるんです」
へー、混乱していたからなぁ。

(つづく)

桜風涼 について

はるかぜ すずし
1965年生、慶應義塾大学法学部卒。
作家・脚本家
日本児童文芸家協会会員
シナリオセンター修了

大学時代の専攻は、犯罪学・被害者学・刑事政策・法医学など。
特に法医学は、筆者が学んだ年のみ、慶應の医学部で授業が行われ、よりリアルな研究を行った。
特に法医学では、期末試験のために、教えた教授が筆者にノートを借りたほどの熱心さ。
その1年間の授業をまとめたノートは五冊にも及ぶ。
当時の写真資料は、すべて手書きの図版に書き起こされているほど、法医学への熱はすごい。

1996年、ソネット・クリエーターズ・ガレージ最優秀賞
2003年、劇場映画【ベースボールキッズ】で文部科学省選定作品
2005年、同上、小説「ベースボールキッズ】出版
その他、著書多数。
2000年より映像作品が多く、テレビ番組、CM、映画などで活躍。

1995-2000年:コンピューター雑誌のライターとして、多い時期で月に14連載をもつ人気。
技術書の執筆は15冊。

2000~は映像が主流に。
映画監督、テレビディレクター、CMプランナーとしても有名。
2009年前後は、年間200本ちかいCMを制作していた。
また、旅番組では電波少年で有名になった「なすび」と共に、数多くの名所を探訪。
温泉にも造詣が深い。

雑誌やテレビ制作を数多く手がける一方で、小説は地道に書き続けている。

著者インタビューを受けました。
「きんどるどうでしょう」
http://kindou.info/7229.html

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す