頭の中にある物を見えるように

文章を書くということは、漠然とした考えをビジュアル化することです。
目に見えるようにしてはじめて、自分の考えとその大きさや深さを認識することができます。

ところが、たまに執筆の神様が降りてきます。
その下で執筆をすると、自分の大きさとは関係ないスケールの文章が書けるようになります。神様が降臨するのは、一生のうちに何回訪れるでしょうか?

その降臨に備えてやるべき事があります。
それは心の中の言葉を自由自在に文章にする技術です。
文章にするのに時間がかかっていては、神の言葉も逃げてしまいます。

まずは、素早く書けるようにすること、これが作家になるには必要な技術です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です