Scrivener、使い倒し(1)

新作はScrivenerだけで書き進めようと、いろいろやっています。
章立ての連番の仕組みは分かったので、一太郎と同じような目次立てができます。

(以下、scrivenerユーザーしかわかりませんね)
やり方としては、バインダー内で、連番にしたいものを「ファイル」から「フォルダー」に変えます。コンパイルのフォーマットで、フォルダを連番指定しますが、この時の添え字は「$hn」にします。つまり、「第<$hn>章」とするんですな。

この添え字「$hn」が、1−2−4みたいな形式の指定です。

あらあら、意味不明な解説ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です