川端康成の【掌の小説】

出張の移動中、川端康成の【掌の小説】という120編からなる短編集を読んでいます。やっぱりすごいなぁ。日記っぽいものも多いんだけど、これだけ良質の作品がこの数あるのがすごい。
僕も短編を書くのが好きなんだけど、うん、頑張ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です