ポメラDM200 vs DM100


ポメラ愛に溢れている桜風さんです。
ポメラもいろいろな機種があるのですが、その中でもDM100とDM200は大きなキーボードの本格的な文字入力マシンです。巷で使っていると、それなんですか、と聞かれることもありますね。

DM200か、それともDM100か?

文字入力という事に特化したポメラで、旧タイプがDM100で乾電池動作。新タイプが充電式のDM200ですね。

大きさはほぼ一緒で、DM200は角に出っ張りがある分だけ幅が広い(この出っ張り、切り取りたい!)。厚みはDM200がフラットなのに対して、DM100は手前が薄くて、奥が分厚い。つまり、DM100の一番厚い部分がDM200より厚く、手前はDM100が薄い。

重さは、DM200がズッシリ。

さて、大きさは、まぁ一緒なのでどっちでもいいかな。DM100の方がちょっと軽いので助かりますけどね。

起動時間はDM100が圧倒的に速い!

さて、一番の違いは起動時間。DM100はパネルを開くとすぐに起動画面が出て、その直後に入力可能な状態になります。一方のDM200は、パネルを開いても心の中で5つ数えてやっと起動。とにかく、遅い。スマホなどに慣れきっているので、とにかくストレスです。

電池かバッテリーか

DM200とDM100の目立った違いは電池。動作時間はDM100が長い。DM200は(小生の癖か)いつも残量を気にしちゃうう。まぁ、空っぽになって使えないなんてことは一度もないですけどね。

機能はDM200

使いたい機能が満載なのはDM200ですね。DM100のダイレクトボタンは非常に優れているけどね。アウトラインプロセッサやショートカットキーの割り当てなど、DM200は非常に使える!でもなぁ、DM100の軽快さは非常に魅力ですね。DM200は、やっぱりモサモサしてますね。DM100の軽快さで、アウトラインプロセッサとショートカットキーの割り当て機能があれば完璧な気がする。ああ、そうそう、DM200には通信機能がありますね。たしかに便利。ただ、僕のような長文(数万文字)だと、DM200の通信機能じゃ送れないこともあって、短文はQRコードでいいし、などなど、もうちょいって感じだなぁ。
アップロード機能は、メール本文じゃなて、メール添付にしてくれるといいんだけどなぁ。などなどDM200にはちょっと不満があるのですね。いい意味の不満ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です