思考と執筆の関係性

ポメラで集中すると人間ののうりょくは何処まで高まるでしょうか?
そう、ポメラで我々の能力は最高に高まる、はずなのです、と信じて疑わない桜風さんです。みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

かつて、僕が売れっ子ライターだった時代ですが、当時、一ヶ月の雑誌連載が14本持っていたことがあります。そのくらい連載があると頭の中で考えるよりも速く文字を打つ(書く)ようになります。つまり頭の中で音声化せずに、目と指で思考しています。

って、何度も書いている気がしますね。いやぁあの頃が懐かしいなぁ。

頭の中でしゃべらずに文字を書くと神が降りてくる

月に14本の連載では、計算上は2日に1回の締め切りが来ますが、実際には同じ日に数本の締め切りがあります。書くだけでなく取材や検証などがあり、書いてない時間の方が長くなります。 一本の記事の文字数は数千から1万字くらいです。大きな特集が臨時で入ると、それだけで数万時ということもあります。

なんてどうでもいいのですが、つまりは、短時間にミスなく大量に文字を書かなければならないということです。
逆の言い方をすれば、30分以内に3000字を書かなければならないという窮地に立たされるという体験を何年か過ごすと、キーボードに神が宿るんですよ、皆さん!

ポメラに神は宿るのか?

本日のテーマは、どれだけキーを叩けばポメラに神が宿るのかということです。
連載地獄だった当時、僕は確かThinkPad230を使っていたと思います。ThinkPadは素晴らしいキーボードを搭載したノートPCでしたよね。 さて、ポメラのキーで同じ事ができるのでしょうか?

うん、できます! はい、できます!! ええ、できますとも!!!

そのためには、たくさんの文字を書かねばならないのです。
何を書くかはどうでも良いのです。とにかく書くのです。
僕は、それを名付けて「書く瞑想」「打つ瞑想」とします。

書く瞑想を実践しよう

皆さんもぜひ、書く瞑想を試みてください。
そして、(ちょっと前にも書きましたが)確定キーをハードヒットします。
それで人生が開けるのです!
それがポメラ教です。

さて、どのくらい書けばいいのでしょうか?
このブログのこの記事、ここまでで約1000文字です。
1000文字書いて5分。
良い調子です。
このくらい書きましょう。
ちなみに、400字詰め原稿用紙を朗読すると1分です。文字数は300文字くらいです。
ですから、1000文字というのは、朗読すると3~4分くらいになります。
おお、まだまだですね。
もっと速く書かないと瞑想状態委はなりません。
修行が足りません。

つまり、1000文字3分を切れるまで修行が必要だということです。
みなさんも頑張ってポメラ教の修行をいたしましょう!
え? 興味ない、ああ、そうですよね。うふふ。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です