ポメラと集中力の関係

本日もポメラで執筆中です。
ブログを書くなら、どちらかというとiPadなどで書く方が便利ですよね。資料の閲覧ができるし、リンク先のURLも簡単に取得することができます。 でも、書ける内容はどちらかというと平板になってしまうというか、無難な内容になるなぁ。

ポメラで集中するということは?

ポメラで書くと雑念が入らないのが特徴ですよね。
文字との対話に集中することができます。
さて、これは良いことなのでしょうか? それともパソコンやタブレットで書く方が付帯情報が満載になるわけですから、使える記事になるんじゃないでしょうか?

むかしから、集中することが成功の道だと言われます。古くは紀元前の書物にさえ、このことが書かれています。つまり、情報を集めること、まとめること、書くことは別の行為であり、それぞれに集中することが大切なんだろうと思います。

成功している作家さんにインタビューすると、集中して一気に書き上げた作品がヒット作だと口をそろえます。

ということで、ポメラで一気に書くこということが重要なのだろう思うのです。
そのためにはポメラのキーボードに慣れ叩き続けることが必要です。
打ち損じは万死に値する、その気合いが必要です。

だから、ポメラキー入力選手権でもやりたいなぁ。
でも、浮気性な僕は、iPadのキーやMacbookのキーも叩いちゃう。
ああ、それじゃ駄目なんだ。困った困った。

うん、もっと気合いを入れてポメラを叩くぞ!

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です