理系のための会話術にM氏が!

『理系のための会話術(仮題)』を書いていて、もうあと3000文字くらいで完成するんだ。
ここまで書いていて急に思いついちゃったんだけど、僕の友人の中でも理系のテンプレートみたいな男がいて、彼を登場させないのはもったいないというか、きっとみんなに愛されると思うんだ。そう、M氏だ。小説『酒を飲む酒』にも登場する面白い男だ。

ということで、すでに書き終わっている数万文字を頭から書き直すか、それとも、各章にコラムとして入れ込むか、ちょっと検討しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です