とにかくメモれ!

アイデアを作品にまで仕上げるのは、さまざまな試行錯誤があります。

さて、試行錯誤で作品が良くなるのか?

実は、試行錯誤とは『迷い』であって、読者に有用かどうかは非常に微妙です。
売れる本がかけた時というのは、試行錯誤がないときです。
ある意味、優秀な編集者というのは著者を無駄に悩ませないということです。

さて、悩まないためにはどうするか?

一番いいのは、考えをビジュアル化することです。
文字にするのは一番最後でいいかもしれません。
しかし、僕は執筆中毒というか、なんでも文字にしたくなっちゃう。
でも、それは無駄だと思います

悩んだら、とにかく手書きでメモれ!

迷いからの脱出は、頭の中のものを自分の感覚器で最入力するといいです。
つまり、目で見えるメモであり、触れるメモ帳であり、聞こえる録音だったりします。

もちろん、文章にするのも1つの手段ですが、文字には文字の制約があり、風景などを描くのは損です。写真を見せた方が圧倒的な効果がありますよね。

ということで、図版を中心にしたメモ書き、これが重要です。

コメントを残す

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。