戦争への道筋はいらない!

なんだか、日本が右傾化している。
日本人は、戦争が好きなんだろうね。

日清戦争、アジアへの侵略といえば言い過ぎなのかもしれないけど、少なくとも、日本本土の防衛じゃない。
日露戦争も同じ。
日本国内を見ても、大義名分があれば、どんどん戦争をしてきた。
戊辰戦争は、旧体制を新体制へ切り替えるクーデーターだったわけだけど、幕府軍への討伐は悲惨。
同じ日本人に大してでも、冷酷なんだな。
(実はイギリスが背景にいて、そうさせたのかもしれないけど。だって、江戸城を攻めようというときイギリスの反対で無血開城させたんだ)

第二次世界大戦でも、不平等な条約を突きつけられたら、勝てない相手に一気に宣戦布告。
つまり、状況分析能力も交渉能力も皆無なのが日本人だ。
「侍は黙って耐えて、ここぞという時に立つ」
つまり、ドラゴンボールと一緒、キレるが日本人。

同じ仕事をしていても、正社員と派遣では天と地ほどの待遇差があっても平気、つまり、日本人は大義名分があれば恐ろしく冷酷なんじゃないかと思うんだ。
(もちろん、時間の自由を選んでいる人もいるけどね)

そんな日本人だから、憲法で戦争放棄を規定しないとダメ、そういうことなんだと思うべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です