一太郎と花子の連携が非常にいい!

執筆環境の見直しの中で、書籍の中で使う図版を何で描くか迷っていたのですが、何の事は無い、一太郎の姉妹ソフトの花子が便利だと痛感しています。
CADにもなるほどの優れた描画アプリなのですが、いかんせん、ほどんど使ったことがなかったんですね。
上に貼ってあるのが花子で作った図版です。上品な図版が短時間に作れます。
通常の文書なら、一太郎から花子を起動して一太郎の編集画面の上に描画することもできます。これが一番楽です。
でも、電子書籍にする場合には、こうした高度な重ね合わせが反映できないので、一太郎と花子を別々に起動して、花子で作った図版を画像ファイルにして一太郎に貼り込むのが安全だと、今のところ判断しています。

花子のいいところは、ワープロ程度の使い方で高度な図版が描けるという点です。
楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です