キャンピングカー用FFヒーターを自分で取り付け

今日は、キャンピングカー用のFFヒーターの取り付け作業だったなぁ。
軽バンのキャンピングカーなので、取り付け位置に困ったのだ。
後ろのスライドドアの窓に木枠を作って、そこにFFヒーターをぶら下げ、さらに、木に穴を開けて、そこから吸排気管を外へ出すんだ。穴は目張りして埋めちゃう。

つまり、高熱の排気管が室内にむき出しになるので、グラスウールで包んで遮熱したんだ。

まるで機械がむき出しのひどい状態だけど、夏場は簡単に外せるんだ。
燃料は灯油で、室内にタンクを置く。ポンプがうるさいので助手席の下に置こうかなぁ。ポンプを遮音材で包んだ方が良さそうだし。

配線はシンプル。でも、蛇腹に包んでおいた方が安全かしらん。

いずれにせよ、火の元注意。使う時だけFFヒーターを設置して、燃料タンクは外に置いておくってことも可能だなぁ。

部品は非常にしっかりできていた。
さすがドイツメーカーのコピー品。おそらくケース以外は同じものだろうなぁ。

さて、設置する前に動作実験をしているんだけど、外に置いておいたバッテリーが上がっちゃっているなぁ。

ただいま、充電中。

本日の桜風さん・映画台本

昨日は忙しかった。
1:朝からラジオ台本のチェック
2:都内へ移動(市原・東中野)して、芳本美代子のラジオ番組の収録(60分が2本)
3:千葉駅前に移動し、組合の理事会でプレゼン
4:東中野へ戻って、芸能事務所と映像制作会社の統廃合の打ち合わせ(中堅傘下の制作会社の代取に就任依頼が来る)
5:映画台本の依頼
6:その後にゴールデン街へ。飲んでいたら、面白い人が入ってきて意気投合したら、なんと超有名なアニメーション監督の江口摩吏介さん(銀河鉄道の夜・タッチ・ルパン三世など)。先方は大手から独立して5年目で、出資座組に苦労中、かなりお手伝いできそうで、ビジネスチャンスが拡大中。 7:従兄弟から、やや大きな映像制作の仕事をふってもらい、見積もりコンペ。通りそうなので、かなり助かるのだ。

映画台本を書き始めよう

ということで、映像の制作会社の代表取締役を引き受けてしまったんだ。
そこが3年間で6本の映画を撮ることが決まっていて、その制作というかラインプロデュースをやるんだ。そんでもって、効率化を図るために桜風さんが代表取締役に就任するらしいぞ。

それよりも、その映画の台本を書かなくちゃいけないんだ。
いやぁ、困ったなぁ。今月中に1本目のプロットを出さないといけないぞ。
6本分に係わるので、ちょっと頭を回さないとね。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

DM200が遅いと思っちゃう理由

DM200を使っていると、どうもイライラする場面が出てくる。
そう、「遅い」のだ。
しかし、実際にDM200で作業をすると、結果的には早いんだよなぁ。
不思議だなぁ。

遅いのは起動・ネット・BTだけ

イライラするのは、起動の時とネットにつなぐ時だ。
とにかく、無反応な感じ。
最近のマシンは、処理中には処理中アニメなどが出て、なんとなく誤魔化されるんだけど、DM200はどうも無反応に見えてイライラ。

まぁ、無反応でも電気をなるべき使わないってコンセプトなんだろうなぁ。
それにしても、BTキーボードの接続継続時間をもうちょっと長めにして欲しいなぁ。
ちょっと考え事をするとすぐに接続が切れて「再接続中」になっちゃう。
このようなところが、DM200のイライラの原因ね。

例えば外部電源を使っている時には、BTはつなぎっぱなし、ネットも繋ぎっぱなしにしてくれるとありがたいんだけどなぁ。そのくらい、簡単にできるよねぇ。

でも、イライラしているだけで、実は、全体的にはテキパキ動くので作業効率は非常に速いんだね。
うん、ポメラ愛だ。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

DM200とIFTTTの連携に苦戦中

DM200でいろいろなことをやりたいんだ。
そこでIFTTT(If This then That=もしこれをやるにはアレだよね)サービスを使おうと思ったんだ。IFTTTは、メールフォルダやブログ書き込みなどを監視して、決められたルールで処理してくれるWEBサービスだ。例えば特別なGmailアドレスを作って、そこに送られてきた内容をEvernoteに保存するというようなことだ。

Gmailはサブアドレスが使える

Gmailはよく出来ていて、アカウント名+ラベル@gmail.comとすると、ラベル部分で別々のメールフォルダに自動振り分けができる。例えばabcd@gmail.comならabcd+evernote@gmail.comとするだけ。gmailアプリを開いて振り分け設定をしておけば、メールアドレスに上記のようなevernoteなんて文字列が付いているメールだけを好きなフォルダに自動振り分けできる。

そこでIFTTTでgmailの振り分けフォルダを監視して、そこに何かが入ったら、例えばEvernoteに書き込むなんてことが簡単にできる。

でもね、やってみると、まぁ、ちゃんと改行されなかったり、ダメな感じもするんだ。
もうちょっと研究するね。

ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

台本脳が起動した

ラジオの構成台本を書いているんだ。
でも、面白くないんだ。
そこで、映画台本形式で書いてみたんだ。
ポメラで書いたんだ。
○出始めると「柱」なんだ。
名前「」で台詞なんだ。
1ページ1分なので、計算しやすいんだ(構成台本のフォーマットも1枚1分だけどね)。

台本形式は創作意欲をかき立てる

さて、今回のラジオは、ちょっとしたドラマを入れたんだ。
ほんのワンシーンだけ、出演者に演技をさせる。
ラジオドラマとは言わないが、それでもお芝居である。

さて、お芝居を書くと急に創作能のスイッチが入った。
もちろん、ポメラで書くからスイッチが入るんだ。いや、入ったままになるんだ。
集中力を切らさないから、いいんだ。

広告も見に行ってね、それが原稿料。
ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

職人気質とDM200は最高ね

ポメラの中で、どれを使うべきだろうか。
ポメラ愛に満ちあふれているだけに、どれと決めたくないのだが、最近はちょっと貧乏なのでDM30を買えていない。お金に余裕が出来たら買おう。 そんでもって、どれが一番かということに関しては、そう、本日、決定しました。

DM200が一番だ!

DM200の唯一の欠点は、起動が遅い、BTキーボード接続が遅い、ネットワーク接続が遅い、つまり、「遅い」。まぁ、通信関係は目をつぶっていいのだが、起動が遅いのは嫌。 そう言う意味ではDM100が一番速くていい。でも、通信がヘボでアウトラインがない。

ということで小生は、DM200がいいのだ。
そして、本日、一番に決定した理由は、Linuxとポメラアプリ(ワープロ)のデュアルブートができるということが分かったからだ。 Linuxを入れると、普通のパソコン並みの使い心地らしい。
うん、つまり、小生はまだインストールしていないのだ。

でもね、そういう未来志向が好き、でもって、そういうことをやっちゃうユーザー諸先輩がいるということも、素晴らしいのだ。

改めて執筆環境を整えてみる

でかいiPad Pro 12.8″を持って歩いていたんだけど、もう、止め!
全部ポメラでいい。どうしてもって時にはiPhone Xで何とかするのと、通信はiPhone経由なのよね。
そんでもって、映像編集や音源編集はMacbook Proでやらざるを得ないので、これは仕方なし。

ふーむ、つまりは、文字に関しては90%はポメラで書くことにしよう。
そうなると、鞄が変わる。iPhoneとポメラDM200が入ればいいのだ。
かといって、小さな鞄である必要もない。
すっと出して、すっと仕舞える間口がある鞄がいいなぁ。

つまり、小生は自由だぁ!
(ナンノコッチャ)

広告クリックしてくれるとハッピーさん!
ランキング参加中です。クリックしていただけると、ハッピーさん!
にほんブログ村 本ブログ 電子書籍・電子雑誌へ

やはりポメラを使うと早かった

ラジオ台本を2本とCM編集が2本、ポメラで台本書きつつ、ポメラでCM構成を考えていたんだけど、あら、やはり、ポメラで書くと早いなぁ。

CM1本の編集も終わったので、あと1本、そして、テレビ用のインフォマーシャル映像の編集もしなくちゃ。こちらはそれほど、難しくない。

さて、明日は公共団体向けの企画会議。明後日はラジオ番組の収録とCMのプレビュー&企画説明会。終了は20時だと思う。

キャンピングカー用の中華製FFヒーターが届いた。

僕は、よくキャンピングカーで執筆します。
キャンピングカーと言っても、軽自動車のバンの後ろを架装改造したバンコンです。

アイドリングストップで暖房がいいんだ

冬のキャンピングカーは寒いです。
はい、かなり寒いです。
防寒着を着たまま寝るくらい。
エンジンをかけて寝ればいいんですけど、アイドリングストップは車中泊の基本マナー。
それだけでなく、エンジンの微妙な振動で熟睡できないのです。

そこで必要になるのがFFファンヒーター。

キャンピングカー用のFFヒーターが届きましたよ。
ドイツに老舗メーカーのOEMというか、コピー品。

本物は日本で16万円くらい。これは23000円くらい。
週末に取り付け作業しなくちゃ。

たぶん、スチールウールや耐熱材が別途必要になりそうだなぁ。
吸排気管を通す穴を開ける大きなドリルも必要だろうなぁ。

ポメラで台本書き

レギュラーのラジオ番組の台本をポメラDM200で書き終えた。
映画の台本形式で書いたんだ。本当は構成台本なので、そのフォーマットがベターなんだけど、この番組が映画制作と連動しているので、台本も映画形式にしてみたぞ。

こんな風に、アウトラインで書いたんだけど、結局、台本印刷の専用アプリで出力するので、アウトラインはやめることにした。

脚本を書いたことがあれば分かると思うけど、つまり、普通に原稿用紙に書くだけね。

ポメラDM200でLinuxが使えるぞ

さて、実はDM200でLinuxが動くという情報を見つけちゃったのだ、後日、レポートします。実はDM200はカラー液晶なので、ちゃんとしたLinux環境になるんだ。もちろんWi-Fiも使えるし、標準のポメラも動作する。つまり、ポメラとLinuxのデュアルブートができて、しかも、動作時間は10時間くらいだそうだぜ。

すげぇなぁ、DM200!

ポメラで5000万円稼いだって!

へー、ポメラで小説を書いているプロの作家さん、すごいなぁ。
でも、その通りなんだよね。

5000万円!(ASCIIの記事へ)

僕はいくらくらいかなぁ、ポメラで稼いだ金額。
ポメラDM10の発売が、ほー、今からちょうど10年前の11月だ。出てすぐに買ったなぁ。当時はテレビの仕事が多かったから、年間売上の10%で計算すると500万円くらいかなぁ。でも、広告の仕事も多いから、300万円くらいかな。
ということで、10年で3000万円くらいか。ちょっと多いかなぁ。
でも、そうか、ポメラ累計で数千万円は稼がせてもらっているということかな。

さて、電子書籍だけで計算するとどうかなぁ。元の原稿はポメラで書く割合が75%くらい。それでだいたい書き上げてから、推敲にScrivenerか一太郎へ入れるんだよね。文字数的には書籍の75%くらいがポメラ産だと思う。電子書籍はまだまだ余った時間で書いている感じになっちゃっているので、累計で1000万円くらいかな。その75%がポメラだとすると750万円くらい稼いでくれていることになるなぁ。

そうか、もっともっと書かなくちゃなぁ。借金が多いから追いつかなくて、大きな仕事(文章じゃない仕事)へ流れちゃうんだようね。