「三味線」カテゴリーアーカイブ

僕は「バランス」が好きだ!

考えてみると、生まれたときから、僕はバランスすることが好きだった。

たとえば絵の具。
パレットの上に同じ量だけ出したい。だって、使われなかった絵の具が可哀想だ。
そして、紙に塗る絵の具の量も同じじゃないと、可哀想だ。

変なバランスだ。

色々頑張って、人より頑張って儲けたい。
でも、儲ける人がいれば、その分だけ損をする人がいる。
これを信じられない人がほとんどだろうけど、利益は椅子取りゲームのように、有限のお金を取り合うのが経済。
それが嫌いだ! 全員が儲かることは決してない、それがバランスってものだ。

ものを書く原動力をリストにしてみた

四〇代ももうすぐ終わり。
さて、ものを書くのが楽しくて仕方がないのですが、その原動力が何なのか、リストにしてみましたよ!

1:嫌いな女性が何人もいる!(男で嫌いな人は数人)
2:(今の)日本が大嫌いだ!
3:今の日本は、明治以降、イギリスの(精神的な)植民地だと思う。
4:今の大企業優遇社会が大嫌いだ。
5:優しい人が損をしたり、苦労するのがやるせない。
6:空気で行動する奴は死ね!
7:勉強は出来なくてもいいけど、馬鹿は許せない。
8:とにかく、嫌な女がいる(二回目の登場!)。
9:金融が悪だ!
10:市場主義は、人間を蝕む!
11:今の経済は野蛮だ。経済で命を落とす人がいても、平気なのがイヤだ。

まあ、こんな感情が小生の中に蠢いている。

SF小説・こんな感じじゃ!じゃじゃ!

主人公のあだ名は「ハコ」。
大地震が来て、津波で都市が壊滅すると小学生の頃から訴えていて、友達にそう呼ばれるようになったんだ。
ノアの方舟の話から付けられたあだ名。

もう一人の主人公は「ハル」。
美人で人気者。ハコとは幼なじみ。ハコと一緒にいるのが嫌でしょうがない。

そこに、大津波が来る。

現在、書き進んでいる桜風本!

映像の仕事が一段落したので、執筆モードな毎日。
そこで、書き進めている本の紹介!

1:『全ては冷たい月の光の中に』SF小説です。世界が崩壊し、新しいワールドを構築してゆく時代のお話しです。お金の必要がない世界を思考実験中!

2:魅力的な文章の書き方・入門

3:『酒を飲む酒3』 幼なじみの味

などなど。
並行して書きますよ。
一日辺りの文字数は2万字(原稿用紙で60枚くらいかな)を目指そう。

SF書き進み!

SF、1万2千字ほど書き進んでいます。
12章構成のうちの第1章の真ん中あたり。

この調子だと、全体で25万字?
原稿用紙(400字詰め)で600枚?
いや、改行の都合があるので800枚くらいになる?

ということは、ぶ厚い本になっちゃうなぁ。

もう少し、気楽に書かないとなぁ。

 

「ストーリーの書き方・入門」売れてるなぁ!

皆さんに感謝いたします。
誰でも書ける「ストーリーの書き方・入門」(Kindle版)が、よく売れています。

ただ、本当に本を書きたい人からは、【テンプレートだから簡単・たった3日間で書いて出版・実用本の書き方】が高評価です。

どちらも本を書くためのテクニック集です。
どちらも「構成」が大切というのがポイントですね。

皆様も、ぜひぜひ、作家になって、印税生活をしましょう。
ちなみに、僕の去年(去年1月に本を書き始めて12月まで)の印税額は約80万円でした。
今年は、1ヶ月で10万円を超えてきているので、トータル120万円以上を目指したいです。

実は、Kindle人口が増えているので、何もしなくても売れる数が増えているのが主な要因。さらに、新作を書きますので、収入アップは見込めますね!

頑張ります!

新作SF 原稿用紙28枚

機能的な設計(構成)ができたので、本日より執筆開始。
電車移動の行き帰りと、喫茶店等での執筆で、本日は原稿用紙で28枚ほど。

全体で3幕12節構成なので、1節あたり8000字もあればけっこうな長編になるはずですが、すでに第1節の3分の1で8500文字をオーバー。こりゃ書き過ぎないようにしないとなぁ。

頑張ります。

未来社会を作る思考実験中

これまでの作風の延長線上に、僕の中には乗っているのですが、今、書きつつあるのはSFの未来小説です。

環境破壊(人間だけでなく、太陽も原因)で、地球上から陸地が無くなります。
映画の「ウォーターワールド」とは違います。

人間は、海中へと移住というか、避難します。
避難先では、衣食住が提供されています。というか、避難なので、共同生活になります。

これまでの貨幣経済などというものは意味を無くし、ビジネスすら存在しません。
というのは、海中には無限のエネルギー源と無限の食料があったのです。

そうした環境の中、人間社会の価値観が一変。
お金という鎖から解放され、ビジネスがなくなり、貧富の差もありません。

さて、人間はどうなるのか?
そんなテーマです。

只今、細かい設定を詰めています。

MindMapで小説を組み立てる。

フリーのMindMapアプリ:FreeMindで小説を書き始めました。

複雑な構造というか、状況や人物を作り上げるのには、頭の中をビジュアル化するのが大切です。

1つのやり方は、前に紹介した「箱書き」
もう1つの方法が、最近の流行のMindMapです。

MINDMAP

 

このFreeMindは、汎用のファイル形式MMで保存するので、iPad用のiThougtなどで閲覧編集が可能です。

●MindMapでの小説の書き方
1:思い付きをどんどんビジュアル化する。
2:シナリオの構造(3幕式や起承転結)に並べ替えていきます。

情緒的な散文には向かないと思いますが、エンターテインメントにはいいと思う。